新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 業界図鑑TOP
  4. >
  5. テレビ業界TOP
  6. >
  7. テレビ業界の仕事

テレビ業界の仕事

【テレビ業界にはどんな仕事があるか】

テレビ業界の仕事は制作担当、技術担当の2つです。その中でも以下のように複数の職業が存在しています。視聴者へ快適に情報を伝わるよう、さまざまなポジションでテレビ業界を支えているようです。

《制作の仕事》

・テレビプロデューサー

テレビ番組のクレジットに流れる「制作統括」という名称で書かれているのが、テレビプロデューサー。番組制作の責任者として、全ての決定権を持っています。

制作を行う上では、「伝えたいこと」「高視聴率をとれるか」に重点を置くようです。タレント出演交渉のための事務所訪問、絵放送作家や演出家などの専門家との打ち合わせはプロデューサーが行います。また、番組にスポンサーがつくことで収入を得られるため、スポンサーに認められる番組づくりを行い、支出と収入といったお金の管理も行います。

・テレビディレクター

テレビ制作の企画立案や取材、ロケ、編集など制作全般に関わる仕事を行います。

実際の番組作りの現場で、指揮をとるのもディレクター。照明や音声、美術、演出スタッフがスムーズに仕事ができるよう促します。また、俳優やタレントなどにも演出を指示。主にプロデューサーとタッグを組んで仕事を行うことが多いです。

・報道記者

主に予測不能なニュース番組を担当しています。事件や事故、災害が発生した時は、すぐに現場へ向かい、視聴者に「今現場では何が起きているのか?」を伝える役割です。

現場の状況をより詳しく伝えるために、付近の住民や事件発生時に現場にいた人にインタビューもします。

報道記者はこのほかにも、編集やナレーション、原稿作成を担当することもあると言われています。

・アナウンサー

用意された原稿を正確に読み、視聴者に伝える仕事。言葉で伝えることを専門とした職業というだけあり、発音やトーン、抑揚の付け方にはこだわっているようです。

視聴者に情報を伝えるだけでなく、番組を進行するキャスターとしての役割を持つ人も存在しています。

アナウンサーの活躍の場は多岐に渡り、イベントの司会やスポーツ番組の実況、レポーター、バラエティ番組、ニュース番組など。担当番組により、求められるスキルも変わってきます。

・ナレーター

画面上に姿は出さず、音声だけで情報を伝えます。表情が分からない分、流れる映像に合わせて声色を変えたり、インパクトをつけたりしながら表現することが大切。

ナレーターの人には、タレント事務所や専門学校で「声の演技」を学んだ人が多いと言われています。

・タイムキーパー

名前の通り、時間を管理する人です。テレビ番組や収録番組でストップウォッチを使用して、時間調整を行います。

タイムキーパーの活躍の場は、主にCMのある民間放送が多いと言われています。

《技術のお仕事》

・映像カメラマン

映像で情報を伝えるテレビ業界では、映像カメラマンは番組の良し悪しを左右する重要な役割。番組スタジオやロケなどの収録現場でカメラを操作します。

番組を担当するディレクターに撮影のアドバイスを与えるなど、専門的な知識と技術で快適な映像環境を支えています。

・音響効果

音声スタッフとも言われている職業。映像編集の際に、実際に流れる番組の音声に効果音をつけたり、音のレベルを調節します。

音声に関するスペシャリストとして、テレビ局や番組制作会社には音声スタッフが活躍しているようです。

・照明技師

照明によって映像を演出しています。

収録現場の状況に応じて、伝わりやすい映像をサポート。夜に行われる収録現場には、照明スタッフの助けで、画面上に分かりやすく映るよう専門的な技術を駆使します。また、夕日などのシチュエーションには、オレンジのライトを使用するなど、シーンに合わせて照明を作っている人のことを言います。

・美術装飾

美術装飾の仕事は、大道具・小道具・衣裳・メイクに別れます。

大道具は番組のセットを組み立てる人です。ドラマで撮影される本物のような部屋やユニークなバラエティ番組のセットなど、演出したい趣旨に合わせてセットを行います。

小道具は、ドラマやバラエティ番組で使われる雑貨や家具の準備などを行います。スポンサーに配慮し、実際に存在しない飲み物や雑誌などを使用するなど、細かい配慮が必要とされています。

続いて衣裳。「スタイリストさん」とも呼ばれています。出演者の衣裳を手がける役割で、番組の視聴率や出演者の好感度に影響する仕事。TPOをしっかりと理解した上で、番組やドラマの内容に合わせてスタイルを決めるスキルが求められるようです。

最後にメイク。メイクは、出演者の髪型やメイクを担当します。出演者一人ひとりの魅力を最大限に引き出せるような専門的な技術が必要とされているようです。

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ