新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で、自分の長所短所を上手に伝える方法とは?

面接で、自分の長所短所を上手に伝える方法とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接では長所や短所を聞かれることが多い 
    ・採用担当者は求職者に長所短所を聞くことで、自己分析できているか、問題解決能力があるか、社風に合うかといったところを見ている 
    ・長所は、根拠に基づいて具体的に伝えることで説得力が増す 
    ・短所を伝える時は、克服のため努力していることを必ず添えよう 
    ・自己分析を進めるには、家族や友人、就活アドバイザーの意見を参考にすると良い

就職・転職活動をしている方であれば、面接で長所や短所を聞かれた経験は、数多くあると考えられます。求職者の長所や短所は、企業にとって人柄や熱意を見極める重要なポイントです。では、長所や短所をどのように伝えれば、採用担当者の印象に残るアピールができるのでしょうか。こちらのコラムでは、長所や短所の答え方をはじめ、自己分析の進め方などを詳しく解説します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆面接で長所短所を聞かれるのはなぜ?

面接において、自分の長所と短所を聞かれることは多々あるでしょう。では、長所と短所を質問することには、どのような意図があるのでしょうか。企業が、どのようなことを重要視しているのかご紹介します。

【自己分析ができているか】

企業は、求職者の「人柄」や「意欲」を採用の重要なポイントとしています。入社後に、どのように活躍してくれるのかということを知りたいのです。また、自分を客観的に見ることができているかということもチェックしています。自分のことを採用担当者に知ってもらうには、まず自己分析が必要です。自己分析する際、自分がどういう人間であるか、得意なことや苦手なことは何か、どのようなことをその企業で挑戦したいのか、といったことを答えられるようにしておくと良いでしょう。

【問題解決能力があるか】

仕事をする上で、時に何らかのトラブルが起きてしまうこともあるかもしれません。そのような事態にも、対応する能力が備わっているかどうかは選考において大きな評価ポイントとなるでしょう。また、自分の短所や弱みを克服する力があるか、どう向き合うかということも重視していると考えられます。学校やアルバイト先でのトラブルや失敗をどう対処したか、経験を話すことでアピールにつながるでしょう。

【企業の理念や風土に合うか】

面接を通して、自社の社風に合う人材かどうかの見極めも行っています。「◯◯のような社風に、自分の性格は合うと思うか」とストレートに質問する企業もあるようです。中には、「自分の仕事が一段落して帰ろうとした時、同僚は多くの仕事を抱えていてまだまだ帰れそうにない。そんな時どうするか。」というような、具体的な例を挙げて、求職者の人柄を知ろうとするケースもあります。応募企業のことをよく調べ、企業が求めているであろう人物像に即して回答することが必要です。

【履歴書やエントリーシートの内容と矛盾がないか】

採用担当者は、求職者が面接で話していることと、履歴書やエントリーシートなどの応募書類に書いてあることに矛盾している点がないかという点についても見ています。応募書類で書いたことにプラスして具体例を挙げながら詳しく説明したり、自分の長所や短所を織り交ぜながら伝えたりすることで、印象に残るアピールができるでしょう。

◆「自分の長所」の答え方

面接官の印象に残るように自分の長所を伝えるには、以下のことに気をつけましょう。

・具体的に、根拠に基づいた内容
・自慢話にならない
・応募する職種に関連付ける

ただ単に、「責任感が強い」や「真面目」といった、自分の性格の良いところを伝えるだけでなく、「どのような人間で、一緒に仕事をするとこういうメリットがある」ということを印象づけられるように意識すると良いでしょう。特に、多くの求職者が答えるであろうと推測される内容については、他者との差をつける必要があります。長所をアピールするために客観性のある実際のエピソードを話すと、説得力を持たせることが可能です。

<長所の例文>

・リーダーシップをアピールする場合
 ⇒「私の長所は、リーダーシップを発揮できるところです。高校時代バレー部のキャプテンを任されており、試合でなかなか勝てない時期にも進んで声掛けをしたりチームメートの話を聞いたりすることで、チームメートから信頼を得ることができました。このリーダーシップを活かし、いずれは人材を育てる立場として貴社に貢献したいと考えています。」

◆「自分の短所」の答え方

短所を伝えることは、マイナスイメージを与えてしまうのではないかと考えがちです。しかし、内容やアピールの仕方によっては、高い評価を得ることもできると言えます。では、どのようにアピールすれば良いのでしょうか。

【長所を裏返して考える】

長所と短所は、表裏一体であると言えます。長所が「協調性があること」なら短所は「自己主張が弱く優柔不断」、長所が「計画性がある」なら短所は「慎重になり過ぎる」というように、長所に関連性を持たせることで、伝わりやすくなるでしょう。ただ、マイナスイメージを与えたくないからといって、長所としても捉えられるような、「親切過ぎる」や「負けず嫌い」といったことを短所とするのはあまり好まれない傾向があります。採用担当者は、しっかり自分と向き合っているか、ということを知りたいと考えています。そのため、自己分析ができていないと感じられてしまうリスクがあるのです。

<言い換えの例>

・「真面目」⇒「心配性」
・「粘り強い」⇒「マイペース」
・「几帳面」⇒「神経質」
・「自己主張できる」⇒「控えめ」
・「行動力がある」⇒「せっかち」
・「用心深い」⇒「人見知り」

【克服するためにしていることも伝える】

短所は、多かれ少なかれ誰にでもあります。重要なのは短所と向き合っているか、克服しようとしているかです。短所を伝える時は、克服するためにどう努力しているかを必ず添えるようにしましょう。

【短所を答える際に気をつけるべき点】

・意識や努力をすることで克服できるような内容にする
・応募する企業や職種に当てはまる内容にする
・業務を遂行する上で致命的となるようなこと言わない

企業はチームワークを重視する社風であるのに、短所として協調性がないことを挙げてしまうと、採用するメリットが無いと思われます。また、時間にルーズ、金遣いが荒いなど、社会人としての常識を疑われる可能性がある内容は避けましょう。

<短所の例文>

・マイペースなところを短所とする場合
⇒「私の短所は、マイペースなところです。周囲を気にせず、何かに熱中してしまうことがあります。以前、課題の提出期限直前に慌てて取り組むというようなことがあったので、それからはなるべく早目に事前の準備に取り掛かることや時間や期日は厳守すること、周り人のペースに合わせることを意識して行動するように努力しています。」

◆履歴書やエントリーシートに書くときのコツとは

履歴書やエントリーシートでは、書くスペースが限られています。長所と短所をまとめて、上手にアピールしましょう。

【長所だけ書くのではなく、短所も書く】

マイナスポイントになるのではといった考えから、短所を書くことを躊躇う人もいるかもしれません。しかし、応募書類には長所だけではなく、併せて短所も書くことをおすすめします。また、短所を克服するためにしている努力を書くことで、きちんと自己分析ができているということをアピールすることができるのです。その際、ただ長所や短所をいくつも羅列するのではなく、数を絞る、具体例を挙げるといった工夫をすると、より伝わりやすくなるでしょう。

【書ききれない時はどうする?】

履歴書やエントリーシートでもできる限りアピールしたいからと言って、細かい時でスペースをぎっしり埋めてしまうのは避けましょう。長所・短所の項目だけでなく、志望動機や職歴、趣味など、すべての項目において、自分をアピールすることが可能です。読みやすいようバランスをとり、様々な視点で自分を売り込むようにすると良いでしょう。

◆「長所」と「強み」の違い

同じ意味で使われることもある「長所」と「強み」。実際には少し異なった意味合いがあります。それは、強みの方が仕事に活かせることを、より具体的に示すことができるという点です。
例えば転職しようとする時、前職で身につけたスキルを、今後の仕事で活かせるということは長所ではなく、強みと言えるでしょう。資格を取得していることも、同様です。
また、長所や短所は周りの評価が含まれるのに対して、強みや弱みは自分で認識していることという考え方もできるでしょう。
それぞれの意味をよく理解しておくことで、面接時の質問に、的確に回答できると考えられます。

◆自己分析の進め方

自分の長所や短所を伝えるには、まず十分な自己分析が必要になります。では、どのように自己分析をしていけば良いのでしょうか。その方法について、ご紹介します。

【企業が知りたいのは、人柄・熱意・将来性】

企業は、人材を採用するにあたって、人柄や自社への熱意、将来的な可能性を知りたいと考えているため、自己分析ではそれらのことを伝えられるようになることを目標に進めると良いでしょう。

【これまでの経験を洗い出し、掘り下げる】

学生時代や前職での経験、頑張ったことなどを洗い出すことが大事です。"これは自己PRにはならないだろう"と決めつけず、まずはひたすら書き出してみると良いでしょう。そして、なぜ頑張れたのか、なぜ続けられたのか、どうやって乗り越えたかなど詳しく掘り下げます。そうすることで、自分が得意とすることや意欲的に取り組めることなどが明確になり、自己PRになることを見つけやすくなるのです。

【第三者に尋ねる】

自己分析を、一人で行うのには限界があります。自分自身を客観的に見ることは、意外と難しいことです。家族や友人といった第三者の目に、自分がどう映っているか聞いてみることで、自分では気づかなかった長所や短所を知ることができるかもしれません。

◆就職・転職活動に悩んだら

就職・転職活動をする上で、「自分の長所や短所がわからない」や「履歴書やエントリーシートにどう書いたらいいかわからない」といった悩みがあるのであれば、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。就活のプロが、応募書類の書き方や面接対策、自己分析・企業分析の仕方など幅広く相談に応じているため、不安をその都度解消しながら活動を進められます。

「ハタラクティブ」では、就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施。就職・転職に関わるあらゆる相談に応じています。企業選びのアドバイスをはじめ、業界説明会・企業説明会の実施、面接の日程調整などを行っており、効率的に活動することが可能です。サービスはすべて無料で、ご利用いただけます。まずは、「ハタラクティブ」にお問い合わせください。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?