1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 企業の採用担当者インタビューTOP
  4. >
  5. 「グッド・クルー」採用担当者にインタビュー

「グッド・クルー」採用担当者にインタビュー本気で夢を叶えるステージが、ここにある

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

株式会社グッド・クルー

2019年で設立13年を迎える株式会社グッド・クルーは、人財ビジネスを展開している会社です。お客さまを家族のように想い、接客を行う「感情移入接客」を何より大切にしています。株式会社グッド・クルーの魅力について、人財開発事業部 事業部長 野村様と、FLS(Front Line Sales)第1事業部 中村様にお話を伺いました。

野村(Nomura)

総合建設会社での構造設計職を経て、2016年3月にD-POPSグループへ参画。顧客営業・採用担当・採用責任者を経験し、現在はグッド・クルーで「働く人の人生を豊かにする為」に、採用や人財紹介に関わる事業部の責任者を務める。 

中村(Nakamura)

2018年4月にグッドクルーに入社。MLC(モバイルライフコンシェルジュ)職でのショップ経験を経て、アパレル事業へ異動。モバイルでの経験を活かし、アパレル事業でも多種多様なニーズを会話の中で引き出しながら、お客様への商品提案を行っている。

グッド・クルーの「感情移入能力®」

ー株式会社グッド・クルーについて教えてください。

野村:グッド・クルーは2006年に設立され、「創造的事業展開を通して人に喜びと輝きを提供」「若者にチャンスを、そして夢を与えることができる企業を目指す」「常に挑戦するベンチャースピリッツを持ち続ける」の3つの理念を掲げています。

主に企業や労働者を支援している人財ビジネスを展開しており、感情移入能力を用いた接客をとても大切にしている会社です。

ー「感情移入接客」とは何ですか? 

野村「感情移入接客」とは、「商品以上にお客さまについて詳しくなる」接客のことです。親会社である株式会社ディ・ホップスが、モバイル代理店ビジネスを始めたばかりのころに生まれ、現在はディ・ホップスの登録商標になっています。

当時、ディ・ホップス1号店は、まだ名前も知られておらず、携帯販売店だと気付かれないような雑居ビルで携帯を販売していました。そのため、「来ていただいたお客さまにどうしたら購入してもらえるか」が重要なポイントでした。


そのような状況の中で、目の前のお客さまに「この人から買いたい」と思ってもらうことの大切さに気が付きました。「感情移入接客」は、お客さまに家族と話をしていると思っていただけるような接客のことで、安心感を抱いてほしいという想いから生まれたものです。


現在グッド・クルーでは「感情移入接客」を接客のスキルだけに留めず、全てのビジネスに通用するコミュニケーション能力として「感情移入能力®」と再定義しました。社員に感情移入能力が備わるように、「感情移入能力®」の研修を作成しています。

また、「いかに目の前のお客さまを満足させるか」「感動を与えるか」の感情移入能力を課題として考えている会社が多く、携帯代理店や店舗運営を行っている方からグッド・クルーに声がかかり、「感情移入能力を用いた接客」のコンサルティングも行っています。

 

ー仕事内容についてお聞かせください。 

中村:どのキャリアのショップに配属になるかは人それぞれですが、基本的に携帯販売の仕事のため、携帯販売をしている他の会社と大きく変わりはありません。お客さまがお越しになると、どのような内容でご来店されたかを確認し、機種変更や故障など、要望に応じて接客を行うことがメインの仕事です。

野村:配属に関しては、社員一人ひとりが納得のいく感情移入ができる環境であるかを考えています。基本的には携帯販売ですが、店舗の特性や業界の特性により、どのようにお客さまと触れ合うかは異なるため、本人が自分らしい「感情移入」ができる仕事を任せるようにしています。

中村:私は、はじめは携帯販売からのスタートでしたが、現在はアパレルの販売を行っています。携帯販売は働く環境がとても良く、やりがいも感じていましたが、配属されていた店舗はマニュアルが整備されており、自分が納得する感情移入をした接客ができずに悩んでいました。


人事に悩みを打ち明けると、「アパレル販売はどうか」と提案をしてもらえました。現在配属されたアパレル店舗では、決まり切ったやり方ではなく、一人ひとりのお客さまに合った洋服を提案、接客することができます。自分の中でとても面白く、納得がいく感情移入能力を用いた接客ができていると思います。

野村:同じ業界だとしても、店舗によっては、数字を追うことよりも、丁寧に接客することが求められることもあれば、逆に、接客以上に数字意識が強いところもあります。働いてみないと分からないこともありますが、グッド・クルーでは、「一人ひとりが自分らしく感情移入能力を用いた接客ができること」を何より大切にしています。



お互いのことを思いやる社風

ーどのような社風ですか?

中村グッド・クルーは、とても丁寧なサポートをしてくれる会社です。相談をするとすぐに時間を抑えてくれ、自分の良さを気付かせてくれたり、自分に合う環境を一緒に考えてくれたりします。

また、自分の意見も発言しやすい環境です。私は、周りの目を気にしてしまうところがありますが、引っ込み思案な性格でも、自分の意見を発言することができています。普段からこまめに連絡を取り合い、お互いのことを理解し合うことで、常に話しやすい雰囲気が流れているからだと思います。

同期に関しても、配属先は異なりますが、数ヶ月に一度は集まって飲み会をしたり、旅行したりしています。

ーグッド・クルーの好きなところをお聞かせください。

野村:自由に仕事ができるところが好きです。自由に仕事をするためには、社員同士の信頼関係が必要ですが、グッド・クルーは、思いやりがある社員が多く、コミュニケーションが取りやすい環境のため、周囲との信頼が築きやすいです。

周囲と信頼関係が築けていれば、グッド・クルーは個人の可能性を見出してくれ、その人に対して適切なポジションを用意してくれます。

中村:社員一人ひとりが、お互いをとても大切にしているところが好きです。グッド・クルーは、こまめに連絡をしてくれたり、ご飯に誘ってくれたり、困っていたらすぐ相談に乗ってくれる社員ばかりです。ここまで相手のことを思いやれる社員が集まっている会社は、他にはないと思います。



豊富な制度で、安心して働く

ーキャリアアップの制度について教えてください。 

野村「昇格制度」「ジョブチャレンジ」の2つがあります。グッド・クルーでは、半期に一度昇格の機会があり、自己申告制の「昇格制度」で、昇格申請をすることが可能です。

また、「ジョブチャレンジ」は、社内で転職ができるような制度です。年によって行わない場合もありますが、行う場合は、社員が、社内で興味がある部署にチャレンジの申請を行います。

その後、実際に申請をした部署で1日仕事を経験し、最後に「自分がこの部署に行く価値がある」というプレゼンを行います。合格した社員は希望した部署に異動できます。

ー育児休暇制度についてお聞かせください。

野村2019年は女性の取得率が100%、男性の取得率が66%でした。グッド・クルーは平均年齢が24.5歳と若いため、取得者の母数が多い訳ではありませんが、積極的に取得するように社内でも推進しています。

育児休暇の取得者が在籍するチームでは、1人に業務の負担が寄らないように分担し、引き受けてくれる環境があるため安心です。私も育児休暇は取得させていただきました。

育児休暇制度とは別ですが、クリスマス前には、子供がいる社員に事前にギフト券が回付され、子供用のプレゼントがもらえます。

ー親孝行制度とはどのような制度ですか?

野村本人とその家族に感謝を伝えるための制度です。会社が提携しているホテルが格安で利用可能になり、宿泊費も会社が負担してくれます。

「親孝行をしてほしい」というD-POPS後藤代表の想いからはじまり、今では親だけでなく、社員の家族も対象になりました。



活躍する人は、自己発信できる人

ーどのような方に入社してほしいですか?

中村積極性がある方に入社してほしいです。笑顔で明るく話せる人であれば、周りにも良い影響となり、グッド・クルーがより良い雰囲気になると思います。

野村素直な方です。素直さがあれば、「一緒にこの仕事をしよう」と声を掛けた際に、協力をしてくれると思います。

また、グッド・クルーは、社員に対して、会社のためではなく、自分の人生のために働いてほしいと考えています。仕事に対して協力する姿勢や、他人を思いやれる優しい気持ちを持った方に入社していただき、人生をより良いものにしてほしいです。

ーどのような社員が活躍していますか?

野村自分で自分のことを発信出来る社員が、活躍していると感じます。自分の行動を、周りに認知されてはじめて「活躍している」と言えると思っています。

自分で「このような仕事をしている」と積極的に発信している社員は、応援者も出てきますし、周りに認知されると新しい仕事も増えてきます。自分から積極的に発信してくれる社員が増えるように、活躍している社員を表彰する制度を今後作る予定です。

ー求職者の方へメッセージをお願いします。

中村グッド・クルーは、自分の夢を見つけられる場所です。「将来何をしたいか決まっていない」「これからどうすればいいか分からない」と悩んでいる方はたくさんいると思います。私もはじめは夢がありませんでしたが、グッド・クルーに入社して、採用に関わる夢ができました。

また、私の同期の中にも、「将来的に自分で会社を立ち上げたい」社員が多く在籍しています。夢を持った社員が外へ出る際も、グッド・クルーは最後までサポートしてくれる会社です。自分の夢を見つけたい人、叶えたい人にとって、グッド・クルーは最初のステージに最適な会社だと思います。

野村グッド・クルーを、自分の夢のための踏み台にしてほしいと思います。ずっと在職してもらえたら一番ですが、社員には、同じ場所に留まるよりも、先を見ていただきたいです。

グッド・クルーが目指す理念に共感してもらえれば、あとは会社を踏み台にし、自分の人生を全力で追いかけてください。グッド・クルーには、自分の人生を本気で追うためのステージがあります。


これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    リクルートスタッフィング採用担当者インタビュー「若さと吸収力が若手の魅力」

  • image

    ライズ採用担当者インタビュー、若手の採用で大事にしている3つのポイント

  • image

    マンパワーグループ採用担当者インタビュー「候補者が思い描く働き方を叶える」

  • image

    安定した給与を得ながらキャリアアップを実現

  • image

    「日本ピザハット」採用担当者にインタビュー

  • image

    「マイナビキャリレーション」採用担当者にインタビュー

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる