品質管理の仕事内容とは

品質管理の仕事内容とはの画像

◆生産計画、進捗管理の仕事内容

生産計画とは、主に製造業などで必要となるもので、生産する製品の数や種類、品質、納期、在庫などを予測し、スケジューリングすることです。この時に、自社の人員や設備、長期的には経済や需要などと照らし合わせ計画を立てます。

進捗管理とは、生産が始まってから納期までの間の業務で、今どのくらいの進捗率なのか、終わっていない仕事は何か、あとどのくらいで完了できるのか、ということを随時管理することです。

品質管理(QualityControl)においては、品質の管理や改善のために「QC七つ道具」と呼ばれるツールを使用します。

また、生産途中でなにかアクシデントが起きた場合は、問題点の洗い出しや改善法などを提案することで、その対処も行います。

◆検査業務では何をする?

検査業務は、扱う商品によって業務内容が変わってきます。

例として、工場でなにか製品を製造している場合は、ライン作業のなかで目視や機械などにより不具合や数量などをチェックします。食品の場合はそのほかに、食品添加物検査やアレルギー検査、微生物検査なども実施。

規格外のものや不良品、異物の混入などを防ぐために必要な工程です。

◆製造工程や不良品などのトラブル対処

先述したとおり、生産途中や商品などのアクシデントに対する対処も業務のうち。品質管理の業務にトラブル対処はつきものです。

製造工程で起こったトラブルには、迅速な対応と改善が必要とされます。

また、計画段階で生産が始まってから起こりうるトラブルや進捗における問題点(リスク)を予想し、それに対する対処法をしっかり用意しておく「リスクマネジメント」も生産計画とともに必須の工程です。

顧客からのクレームに対する対処も業務であり、その場合は再発防止のための対策もあわせて顧客や製造部門などに提案していくことが必要とされます。また、常に品質の改善に努めていくことも大切です。

昨今では、製品や企業に対する消費者の目も厳しく、これらの業務の重要性は高まっていくでしょう。

◆品質教育も大切な仕事のひとつ

品質の管理・向上のためには、「品質の向上に貢献する人材」が必要になってきます。

高品質のものを生産するためには、人材の質の向上が必要不可欠であり、そのための教育も大切な品質管理の仕事です。品質教育を行う企業も年々増加傾向にあり、後々は講師として自ら社員教育を行うか、外部の講師などを招くなどの社員教育も、業務として重要なものになってくると考えられます。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧