生産管理の仕事に役立つ資格とは

生産管理の仕事に役立つ資格とはの画像

◆生産管理プランニングと生産管理オペレーションの違いは?

生産管理プランニングと生産管理オペレーションは、担当する段階に違いがあります。

生産管理オペレーションが生産システムの運用に関わる資格であるのに対し、生産管理プランニングは生産管理システムの計画や設計の段階に関わる資格です。

どちらも生産管理業務のスキルアップに繋がる資格なので、取得しておくといいでしょう。

【共通点】

生産管理プランニングと生産管理オペレーションは、どちらも3級と2級があります。

また、どちらも2級と3級の対象や目的に違いはありません。

・3級

初心者方からリーダークラスの方までを対象としており、生産管理の基礎知識を身につけることを目的としています。

・2級

ベテランの方や管理職クラスの方が対象です。

生産管理の業務において、チームをまとめるスキルを伸ばすことを主な目的としています。

◆生産マイスター検定

生産マイスター検定は、精算業務の中核となる人材を育成することを目的としています。

ベーシック級、3級、2級、1級があり、3~1級を受けるには申し込みの段階で該当級のコースを受講・修了していることが必須です。

いずれの級も役割・品質・コスト・納期・安全・環境の観点をベースにしています。

・ベーシック級

新人や若手が対象。

自分の仕事の役割や企業との関係性などを理解し、業務時に発生する無駄を省ける視点を身につけることを目的としています。

・3級

リーダークラスが対象。

リーダーの役割の理解や生産管理の基礎知識などの修得と、技術の向上が目的です。

・2級

第一線監督者が対象。

生産や製造に関わる専門的な知識を身につけることを目的としています。

・1級

工場長・管理者が対象。

マネジメントの知識や専門的なスキルを身につけることを目的としています。

◆中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルティングにおける日本で唯一の国家資格です。

中小企業診断士は、主に中小企業を対象とし、適切な経営・運用ができるようにアドバイスや診断を行うため、経営における幅広い知識が必要となります。

生産管理の項目もその一環として入っており、オペレーションやプランニングなどのさまざまな知識の修得が可能です。

生産管理でキャリアアップを目指す方は、取得を検討してみるのもいいでしょう。

生産管理は、必ずしも特別な資格が必要というわけではありません。

しかし、取得すればスキルアップや業務への理解、意識の向上に役立つかもしれません。

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

食品

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽

物流・運送

衣料・装飾

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧