就活がつらいなら映画を見よう!つらさの原因と対処法

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活に不安があるなら
  6. >
  7. 就活がつらいなら映画を見よう!つらさの原因と対処法

就活がつらくて限界… そんな状況にある方は、一度立ち止まって深呼吸してみませんか? 今回のコラムでは就活がつらくなる原因と気軽にできるリフレッシュの方法を紹介します。 就活のつらさを軽減するには、今の考え方を変えるべきかもしれません!

就活はなぜ辛くなるのか

就活が辛い一番の原因は、「頑張っているのに内定が出ない」ことではないでしょうか。特に周りの友達が内定をとりはじめると、自分だけ内定がない状態に焦って悲観的になってしまう人がいます。
不採用が続くと自信を失くして自分を卑下してしまう学生が多く、さらには「自分は社会に必要されていない、社会に認められない」という思考に陥ってしまう人も。

確かに全力を出した結果が不採用だと辛くなりますが、だからといって「自分に価値がない」という考えは間違いです。
面接で判断されるのは、あなたが「企業が求める人物像」にあてはまっているかどうかということ。求められる人物像は企業ごとに異なり、ある企業では評価されるスキルが別の企業では評価の対象にならない例は間々あります。
就活がつらい人は、面接に落ちるのは「企業との相性が悪かったから」と考えた方が良く、実際そのようなケースが多いのです。

ほかには、アピールの方向性が間違っていた、緊張してコミュンケーションがとれずに不採用になったという場合もあるので、くれぐれも「面接に落ちる自分には何の能力もない」という風には考えないでください。

一度立ち止まって深呼吸しよう

就活がつらくて疲れてしまった人には、一度思い切ってリフレッシュすることをおすすめします。
深夜までESや履歴書を書いている人は、少しペースを落として夜は早めに就寝しましょう。忙しいからと食事を適当にせず、1日1食でも良いので栄養バランスがとれた献立を考えてみてください。

1日自由に使える日があるなら、日帰りの小旅行に出るのも良いでしょう。お休みする時にはネガティブな情報が多いインターネット、就活をしている友人のSNSなどは見ないようにし、ゆっくりと自分自身の時間を過ごしましょう。
出かけるほどの元気がない人は、読書や映画鑑賞で色々な人の生き方に触れてみてはいかがですか?就活ばかりで狭くなっていた視野が広がるかもしれません。

就活がつらい時にあえて意識したいのは、「人と比べない」ということ。周囲の人が内定をとると焦る気持ちはわかりますが、就活では内定を早くとることが絶対ではありません。
人より時間はかかっても、自分に合った企業に出会うことが一番ではないでしょうか?

就活のやり方を見直そう

就活がうまくいかない場合、一度立ち止まって今までのやり方を見直す必要があります。
まずは以下の点に心あたりがないかチェックしてみてください。

・業界や職種を絞りすぎていないか
・エントリー数が少な過ぎるのではないか
・面接対策が不十分だったのではないか
・企業のニーズに沿ったアピールができていなかったのではないか

就活では初めて受けた1社で内定が決まるという例は稀です。第一志望はひとつでも、平行していくつかの企業を受けて内定の確立を上げるのが上手なやり方といえるでしょう。
また、業種を絞り込み過ぎると、自分に向いている分野を見逃してしまうかもしれません。興味があると思った企業には積極的に応募し、エントリー数を増やしていきましょう。

面接では、単に自分の強みを並べるのではなく、企業のニーズに沿ったアピールが必要です。
企業が求める人物像を知るには念入りな企業研究が必須。説明会への参加や自分なりの情報収集を通して、企業の特徴やどんな人材が活躍できるのかを探っていきましょう。

おすすめ記事

19卒企業探し、最後のチャンス!?

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

19卒企業探し、最後のチャンス!?

ページトップへ