「就活に疲れた…」どうしたらいい?

始めは前向きな気持ちで取り組んでいた就活でも、内定がなかなか出ない状況が続いてしまったら、誰でも疲れてしまうもの。 大切なのは、疲れた状態からどう気持ちを切り替えていくかです。今回のコラムでは、上手に就活を乗り切るヒントをご紹介します。

就活に疲れた時は一度自分を見直そう

就活疲れは、内定が出ないことによるプレッシャーはもちろん、エントリーシートの記入や同じような面接の繰り返しなど、終わりが見えない状況が続いていくことが原因で起こります。
就活の疲れが取れないまま、これまでと同じような就職活動をしても、望む結果を得るのは難しいかもしれません。
内定がもらえないということは、自分に足りないものがあるということです。
一度立ち止まって、自分を見直してみましょう。
まず、就活で大切な企業研究と自己PRについて見直すことをおすすめします。企業研究が十分にできていないと、効果的な自己PRもできません。
企業研究を詳しくすると、どんな人物を企業が求めているか知ることができます。
自分の強みの中から企業の求める人物像に合致した部分や入社後に活かせそうな長所をアピールするとよいでしょう。
また、志望している業界や職種が自分に合っていないこともあります。
一度先入観を捨て、他の業界や職種についても調べてみましょう。希望を広げてみることで、可能性を広げることができるかもしれません。

他者と比べると就活疲れは増す

友達が内定を貰ったという話を聞く度にプレッシャーを感じるのは普通のこと。
自分の就活が思うように進んでいないときは、誰でも余裕がなくなってしまうものです。
「友達の幸せを素直に喜べないなんて…」と、自分を責める必要はありません。
自分と友人をあまり比べないようにしましょう。
とは言っても、就活の悩みを友人に相談すると、つい自分の現状と比べてしまうことがあるかもしれません。
就活の相談をするなら、社会人の先輩にするのがおすすめです。
就活の体験談や実体験をもとにした具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。
相談できる先輩がいないという場合、一人で抱え込まずに信頼できる人に相談してみましょう。
親や恩師など、年を重ねさまざまな経験をしている大人なら、同年代とは違った視点でのアドバイスが期待できます。
また、働くことの楽しさやメリットを聞くのも効果的。今は大変でも、頑張って就活を続けようという前向きな気持ちが芽生えるはずです。

疲れた時は休んでも良い?

心身が疲弊しているときは、正常な判断ができないもの。疲れた状態のままでは、就活で良い結果を出すのは難しいかもしれません。
煮詰まってしまうと良いアピールができないばかりか、思考が良くない方向に偏ってしまうことが考えられます。
頑張らなければという気持ちは素晴らしいですが、限界になってからでは遅いのです。
そんな時は思い切って、一度就活から離れるのも一つの手。就活を全くしないのが不安だという場合は、ペースを少し落としてみましょう。
ただ、注意したいのがダラダラと休むとそのまま就職活動をせず、気が付けばフリーターになっていたという恐れがあるということ。「明日から頑張ろう…」と、就活を毎日先送りすることにならないように事前に期限を決めてから休みましょう。
旅行に行ったり、日帰りでのんびり過ごすのもおすすめです。疲れが取れ、前向きな気持ちになると表情や行動も変わってきます。
一度リフレッシュすることで、すっきりとした気持ちで就活をすることができるかもしれません。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ