「怖い」と感じてしまうようになった就活。その原因とは

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活に不安があるなら
  6. >
  7. 「怖い」と感じてしまうようになった就活。その原因とは

そもそも、どうして就活に対する恐怖心が湧いてくるのでしょうか。人により理由はさまざまであるようですが、共通している理由は自信を失ってしまう何かが生じたためだと考えられます。ではその理由を深く掘り下げてみましょう。

なぜ就活に対して「怖い」と感じるのか

就活に過度な恐怖心を抱いてしまうことを「就活恐怖症」と呼びます。就活恐怖症は主に、人と接することに対して苦手意識を持っている人や失敗を恐れる人に起こりやすい傾向にあるようです。
また、以下のようなこともあります。

・理由もわからず不採用が続いた
・圧迫面接を受けて対応できなかった
・自分の長所がわからず、アピール要素がない
・将来のビジョンが見えない
・何がしたいのかわからない
・面接でスムーズに答えられず、空気を乱したことがある
・就職活動の具体的な進め方がわからない
・落ちてしまった時のショックを考えると行動できない

怖いと感じている人には、過去にネガティブな出来事や自分に自信を持てない人が多く見られるほか、将来の希望がなく意欲が湧かない人もいるようです。
そんな就活の中で最も怖いと感じるのが面接。「相手からどう思われるか」そればかりが気になり、どんどん萎縮してしまう人がいます。
これが採否に影響し、不採用だったことで「やっぱり自分はダメなんだ」と就活への恐怖心が生まれてくるのです。

発想の転換で恐怖心を克服しよう

面接が怖い、採否の連絡が怖いなど、就活にまつわる恐怖を克服するためにはまず、考え方を変えてみることから始めましょう。
就活に関する発想の転換は、ネガティブ思考からポジティブ思考に変えることです。

・面接が苦手、間違えたらどうしよう
→間違えるのは人間だから仕方がない。次はもっと練習をして挑もう

・不採用だったらもう就職先はないかもしれない
→企業と自分がマッチしなかっただけ。自分の性格や持っている知識に合った職種を探してみよう

・自分だけ内定がもらえないということはダメな人間であるから
→不採用=ダメな人ではない。自分の就活を振り返って改善点を考えてみる

・周りはすでに採用をもらっているから焦ってしまう
→周りと比較はしない。遅くても就活がうまくいくこともあるから、常に前を見て就活を続けよう

まず、就活に対するネガティブ思考を克服することが大切です。就活で必要なことは「前向き」であること。
落ち込むこともあるようですが、長々と引きづってしまうと考えを変えることも難しくなってしまいます。

自信を持つため、入念に就活の準備を始める

怖いと感じてしまうということは、根本的に自信を失くしてしまっている可能性があります。
就活では自信を持つことが大切です。そのための自信を身に着けるために、まずはしっかりと準備をしましょう。では、どのような準備をしておくのが良いのでしょうか。

・志望企業を入念にリサーチする
・どんなことに取り組んでいるか、企業のビジョンを把握しておく
・希望職種と自分の能力にマッチするアピールポイントを見つけておく
・自己分析で自分の長所を知る
・客観的な視点で自分を評価してもらう(友人や家族など)
・履歴書や職務経歴書の正しい書き方を勉強する
・面接での質疑応答の練習などは、第三者に手伝ってもらう
・自分の目標を定めておく

志望企業のことはもちろん、自分自身をよく知ることが自信をつけるポイントです。
「そもそも自分に自信がない」という人は、家族や友人から自分の長所を聞くのも良いでしょう。
また、自分の描いている働き方を実現したいという強い目標があれば、継続的にモチベーションを保つことが可能です。

おすすめ記事

19卒企業探し、最後のチャンス!?

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

19卒企業探し、最後のチャンス!?

ページトップへ