めんどくさい就活は嫌だ!最短で内定を手に入れるには?

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活に不安があるなら
  6. >
  7. めんどくさい就活は嫌だ!最短で内定を手に入れるには?

就活を面倒だと感じるのは…説明会や面接に行くのが嫌だから?努力が報われている実感がないから? 今回のコラムでは就活を面倒臭いと感じる心理を分析するとともに、面倒な就活を最短で終わらせる方法をご提案します。 内定への近道を知りたい方は、コラムの内容を今すぐチェック!

就活が面倒臭いのはどうして?

学生たちはどうして、人生の一大事ともいえる就活を面倒に感じてしまうのでしょうか?

その理由の一つには、自分の就職活動に終わりが見えず、同じ行動を繰り返している気持ちになることがあるかもしれません。
説明会に行って書類を書いて面接を受けて…という行程を繰り返すのが一般的な就活のやり方です。1社から不採用の通知を受けとると、また新しい企業にエントリーし、説明会に行ってという繰り返し。
不採用が続くと「努力しても報われない」と感じ、「もう何枚もESを書くのは嫌だ!」と就活を続ける気力がなくなってしまう人が出てきます。確かに人気が高い企業には採用枠に対して大量の学生が集まるため、努力したからとっいって必ず第一志望に合格できるわけではありません。
そういった「空しさ」や「報われなさ」から就活に嫌気が差す人が多いのでしょう。

また、志望先が定まらず就職の目的がはっきりしない人、自分の時間を大切にしたいという人も就活を面倒に感じる傾向があるようです。
就活のスタートに乗り遅れると、「今からでは手遅れ」と諦めの気持ちが大きくなり、面接の準備に力が入らない人もいます。

めんどくさがりの人が今すぐやるべきこと

就活が面倒くさい、普段から自分はめんどくさがりな性格だと感じている人は、就活の事前準備に力を入れるのがおすすめです。
「事前に準備をするなんて、ますます面倒臭いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、何もせずに内定がとれるわけはありません。それならば、最小限の活動で済むように事前に準備をしておくのが賢い方法。

就活は長引くほど辛く面倒になっていきます。無計画にたくさんの企業を受けるとその分の書類や面接が必要になり、就活に割く労力はどんどん大きくなるでしょう。
最初の段階で自己分析や企業研究、面接対策をしていれば、選考に通る確立が上がり、全体として少ない手間で内定が得られるのではないでしょうか。

手当たり次第に色々な業界を受けるという人は要注意。そうすると情報収集しなければならない分野が広がり、手間がかかってしまいます。
事前に自己分析をして自分の価値観や強み・弱みを洗い出せば、向いている業界・向いていない業界が探しやすくなるでしょう。適性がある業種に絞って就活をした方が、効率良く内定に辿りつけるのではないでしょうか。

準備不足が就活を長引かせる理由

一見面倒に感じる事前準備ですが、準備が不十分な人ほど就活は長引く傾向にあります。
例えば企業研究が不十分だと質の高い志望動機がつくれず、意欲不足と判断されて面接の通過が難しくなってしまいます。
また、運よく内定が出たとしても、実際の仕事内容や会社の方針をよく理解しないままだと、入社後にミスマッチが判明し早期離職してしまうかもしれません。

とはいっても、準備不足のまま内定を得るのはなかなか難しいもの。自己分析が不十分だと面接で強みをアピールできませんし、企業研究をしないと企業が求める人物像がつかめずアピールの方向性がわかりません。

自己分析と企業研究は同じくらい大切です。面接では、単に「自分の魅力」を伝えるのではなく、企業が求める人物像に合わせて強みをアピールする必要があります。
就活では一方的に自分のスキルを売り込むのではなく、自分を採用した時に企業側が受けるメリットを伝えるのが、内定への近道だと覚えておきましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ