もう就活は無理と感じたら?気持ちを楽にする方法

「もう就活無理」と諦めモードに入っていませんか?当ページでは、就活が辛く感じる理由と、就活が疲れた時の考え方、就活を諦める前にやれることをまとめました。ご紹介する内容をもとに、一度考え方をリセットして再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

どうして「就活無理!」と思うのか?

就活が長引くと、「もう就活をしたくない!」と諦めてしまう人が多くいるようです。
「もう就活するの無理」と思ってしまうほどの原因にはどのような例があるのでしょうか。下記でご紹介します。

・頑張っているのに結果が出ないのが辛い
・もう夏なのに内定が出なくて焦る
・持ち駒が全滅した
・周りの人は内定が出ていてプレッシャーを感じる
・不採用続きで自信がなくなってきた
・面接が苦手
・大量の書類を書くのに疲れた

例をもとに考えると、プレッシャーや自己否定感、挫折感による精神的な疲れと、同じことを繰り返すための体力的な疲労の2つが主な原因であることがわかります。

しかし、就活は疲れた状態で行っても上手く行かないことがほとんど。少しでも「就活に疲れた…」と感じた場合は、考え方や就活のやり方を一度リセットしてみましょう。

どのように就活を進めればよいのか、疲れた時の対処方法を下記項目で解説します。

気持ちを楽にするのが疲れた時のポイント

就活が上手く行かないと、成功するためのポイントばかりに力を入れてしまいがち。固定観念に縛られて、本来の自分をアピールできなくなってしまいます。しかし、就活で人生のすべてが決まるわけではありません。もっと気楽に就活に臨んだ方が良い結果が生まれることもあります。

例えば、ちゃんとした日本語で話そうとして上手くに話せなかった、逆にマナー違反となる発言をしてしまった、というケースも。
ちょっとした言葉遣いの間違いが不合格に直結するわけではないので、自分の言葉で回答すれば良い、と気楽に構えましょう。

また、学生時代のエピソードでは特別な内容を盛り込まなくては…と悩んだ経験はないでしょうか?大切なのは、取り組んだ内容よりも過程と成長。地味でも、自分なりに課題に取り組んだ過程や得られたことを説明できる方が魅力的に映るのではないでしょうか。

複数の企業に内定を貰うより、理想の1社に出会えるのが「就活の成功」です。周りのペースに乱されず、マイペースで進みましょう。
面接で緊張する、という人は「失敗しない人はいない」「面接官は同じ人間」など、少しでも気楽になれるイメージを取り入れてみてください。

就活を諦める前にできること

就活を諦める前に、将来をしっかり考えましょう。
卒業後、就職先が決まっていない人はニートやフリーターになる人が多いようです。これらは自由な時間を持て、比較的好きな分野で活動できるといったメリットがありますが、一方で雇用や収入が不安定で将来的に生活を続けるのは厳しいという現状があります。フリーランスや起業を選択する人も増えていますが、明確なビジョンや覚悟がないと難しいでしょう。

新卒採用は大人数が採用される、経験を重視されないなどのメリットがあります。一度既卒になると、新卒者や経験のある中途採用者がライバルになってしまうため、正社員への就職が厳しくなることも。簡単に諦めて新卒カードを捨ててしまうのは、デメリットの方が大きいといえるでしょう。

就活を諦める前に、今までの就活のやり方を見直して再チャレンジしてはいかがでしょうか。
職種や業界を絞りすぎていないか?自己分析や企業研究、面接対策は十分だったか?などのポイントを押さえましょう。
大学のキャリアセンターや民間のエージェントを活用するのも良いかもしれません。
秋採用をしている企業もあるので、諦めずに就活してみましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ