新卒のうちに就活してないと後悔するワケは?

就職活動は早いうちに行ったほうが、内定を獲得できる確立が高くなります。 わかっていても、学業や家庭の事情などで困難な場合もあるかもしれません。 しかし、フリーターや既卒になってから正社員として就職しようとしても、新卒より不利になってしまう可能性が高いです。 一時的な大変さよりも、達成することによるメリットの方に目を向けてみましょう。

今就活してない人に訪れるデメリット

本来は周囲が就職活動をしている時期にしていないと、なんらかのデメリットを伴います。
今、就職活動をしていない人は、そういったデメリットを受け入れられるか考えておきましょう。
フリーターになると、いざ正社員として就職したいと思って活動した時に不利になります。
積極的に採用を行っている企業も一部あるものの、現状としてはやはりフリーターや既卒よりも新卒の方が有利です。
また、安定した収入が得にくいため、社会的な信用度も低くなってしまう可能性も。
クレジットカードやローンの申請が必要になっても、ある程度の収入が保証できないと審査が通りにくくなる場合もあります。
定職に就いていないと相手が不安を抱いてしまうため、結婚も難しくなるでしょう。
場合によっては、親や友人からの印象が下がってしまい、関係が悪化してしまうこともあるかもしれません。
「今はいいや」と思って就職活動をしていない方は、上記のようなこともある程度覚悟しておく必要があります。

今就活を頑張ることで得られるメリット

就職活動は、大学の課題や講義と両立しなければならないため、大変だと感じることもあるでしょう。
しかし、それを乗り越えて無事に就職に成功すれば、その分得られるものが多いです。
まず、就職したら毎月安定した収入を確保できるようになります。
収入が安定していれば、クレジットカードやローンの申請も可能です。
学生時代よりも自由に使えるお金を多く得られるため、買い物や旅行などの趣味を存分に満喫できます。
また、社会に出ればさまざまな価値観や年代の人と一緒に仕事をすることになるので、見識や視野を広げることができるかもしれません。
就職活動も仕事も大変な部分はありますが、就職することで学生時代にはできなかった体験をする機会を得られます。
一時の苦労よりも、その先に待っているメリットに目を向けることが大切です。
どうしても1人だけでは難しいと感じたら、大学のキャリアセンターやエージェントに頼るという手段もあるので、新卒のうちに就職活動を成功させておきましょう。

就活でやる気がでないときの考え方

就職活動は卒業前、あるいは卒業後できるだけ早く行った方が内定が出やすいです。
いわゆる「新卒カード」というのは、就職活動において強い効果を発揮します。
採用人数的にも、志望する企業に就職できる可能性は高いです。
また、若いほど経験やスキルよりも人柄や熱意を重視するポテンシャル採用が望めます。
就職活動は、必ずしも短期間で内定が獲得できるとは限らず、エントリーカードや応募書類を何枚も書いたり、何社も面接を受けたりしなければいけない場合もあるでしょう。
そのような中で何社も落ちるということが続くと、モチベーションが下がってしまうこともあるかもしれません。
しかし、それも内定を得るためのほんの一時的なものです。
もしも就職活動を後回しにしてフリーターになると、長期的なライフスタイルになってしまう可能性があります。
大変でも少しの我慢で多くのものを得られるのが就職活動なので、諦めずに粘り強く続けていくことが大切です。

おすすめ記事

19卒企業探し、最後のチャンス!?

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

19卒企業探し、最後のチャンス!?

ページトップへ