就活で失敗が続く人。その後の人生とは?

就活で受けた会社を全て落ちた人は、その後どうなるのでしょうか?就活生の多くは、未来の自分をイメージし、希望を抱いて就活をしているようです。 しかし、現実は想像以上に厳しく、思うようにはいかないことも。 そんな悩める就活生のその後と、どんなことに影響するのか、にスポットを当ててご紹介します。

就活に失敗。その後はどうなるのか

新卒時期に就職することができなかった人の多くは「その後のことは何も考えられない」と、ひどく落ち込んでしまう人もいるようです。
卒業後、就活への気力を失くしてしまい、何もしなかった人は以下のようなことが起こってしまう可能性があります。

・空白期間が長いとマイナスイメージになり、次の就活がもっと困難になってしまう

・卒業後正社員として働いていない人は既卒扱いになる

・一旦、フリーターとして働くとマンネリしたまま就活をしなくなる

就活で失敗し、落ち込むあまり就活を辞めてしまった人は、次に就活をしようと思ってもうまくいかない傾向があります。
このようなマイナスな事態を招く前に、できる限り早くこれから先のことをしっかりと考える必要があるでしょう。
就職で失敗しても正社員として働きたいという方は、「既卒」のまま就活を続ける、もしくは「就職留年」という選択肢があります。
「就職留年」は新卒で就活できるメリットが大きいですが、就職した際、同期より年が上になる可能性が高いです。

そもそもなぜ就活で失敗が続く?

では、就活で失敗した原因を解明してみましょう。就活で失敗している人の多くは「自分を認めてもらえなかった」と受け止め、自信を失くしてしまいがちです。
就活について振り返った時、問題点に気づき改善することで就活がうまくいくこともあります。まずは自分自身の就活のことを振り返り、原因を知りましょう。

・職種を絞りすぎていた
・就活を始めるのが遅かった
・納得できる自己PRができなかった
・大企業や有名企業しか受けていない
・履歴書や職務経歴書に対する知識が浅かった
・面接で自分の熱い想いだけぶつけ、空回りしていた
・そもそも就活に対して甘くみていた
・企業リサーチしていなかった
・面接の質疑応答がうまくいかなかった
・面接の練習をあまりしていない
・自己分析していないから、自分のことを聞かれても自信がなかった

上記に当てはまることはないでしょうか?
就活で失敗したと嘆いてばかりでは、前に進むことも困難になってしまいます。
就活に対する知識が浅いことや、自分自身、志望企業のことをよく知らないまま面接に挑んでいたのであれば、すぐに改善することが可能です。

失敗した原因から対策を考えてみよう

就活で失敗する原因が解明したら、次は対策を練りましょう。
原因と対策を知ることで、就活への意欲もさらに湧いてくるケースがあります。
どんな境遇でも希望を捨てず、前向きな姿勢であることが就活で成功を掴む秘訣です。

・志望企業がどんな人物を求めているか、しっかり理解した上で就活する
・志望企業のビジョンに対し、自分がどう貢献できるか考えておく
・職務経歴書や履歴書の書き方を再度確認する
・大企業ばかりに目を向けず、中小企業にも目を向ける
・職種を絞り込みすぎず、視野を広げてみる
・自己分析を行い、自分のことを聞かれた時答えられるようにしておく
・第三者に面接練習を付き合ってもらう
・就活スケジュールを立てる
・情熱ばかりを語らず、具体的になぜ志望企業を選択したのか明確にしておく

いかがでしょうか。ひとつでも「これは改善できる」という点があれば改善してみましょう。
「しっかり準備して就活していたつもりだけど」という人も、事前準備の再確認を怠らずに就活に挑むことが大切です。

おすすめ記事

19卒企業探し、最後のチャンス!?

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

19卒企業探し、最後のチャンス!?

ページトップへ