諦めないことが全て!就活の失敗は巻き返せます

就活に失敗したと感じている方は、今までの就職活動のやり方を見直し有効な対策を立てる必要があります。 「応募先を絞り過ぎていないか?」「自己分析が甘かったのではないか?」 失敗を反省する姿勢と諦めない気持ちがあればきっと内定は決まるはず。在学中に就活を成功させる方法、既卒で就活するメリットを解説していきます。

就活に失敗する原因とは

就活に失敗する原因の一つは、応募する企業を絞り込み過ぎていることにあるかもしれません。
大手や有名企業ばかりを受けていると、内定までの難易度は格段に上がってしまいます。人気の企業は応募者が殺到し、たとえ優秀な人であっても選考を切り抜けるのは容易ではないからです。
難易度の高い企業ばかりにエントリーしてしまうと「持ち駒が全滅した!」という事態になる可能性が高く、精神的にも余裕がなくなってしまいます。
大企業に応募するのが悪いというわけではありませんが、世の中には優良な中小企業も存在します。大企業と平行して比較的応募者数が少ない企業を受けておくと、卒業間際に内定がない事態を避けられるでしょう。

同時に、極端にエントリー数が少ないというのも問題です。数社受けただけで内定が出るのは稀な例なので、自分に合いそうな企業には積極的にエントリーしましょう。書類作成や面接準備は大変ですが、それだけ内定を得られる可能性は高まります。

面接に落ち続ける人は、事前準備ができていたか振り返る必要があります。企業研究や自己分析の甘さは履歴書や面接のクオリティーに直結するので、今一度見直しをしましょう。

失敗しても諦めない!

たとえ1社が不採用だったとしても、「その企業とは縁がなかっただけ」と捉えて次の企業を探しましょう。
第一志望に落ちるとモチベーションが下がりがちですが、第一志望が必ずしも自分に合った企業とは限りません。実際に希望の会社に入社しても早期退職する人はいますし、入社できたけど思った部署に配属されなかったというケースもあります。
1社に落ちたからといって絶望するのでなく、「もっと良い企業に就職するチャンス」と考え就職活動を続けましょう。

条件を狭めすぎていた方は、広い視野で求人を探すことが大切です。業界や職種を絞り込みすぎず、自分の適性を活かせそうな分野に目を向けてみましょう。
どうしても特定の業界にいきたいという人は、業界に特化した求人サービスやエージェント利用するのがおすすめ。エージェントではプロからのアドバイスや業界の詳しい情報を得られます。

書類選考や面接についてもエージェントや大学のキャリアセンターを利用し、第三者の面線で自分のやり方が間違っていないかチェックしてみてはいかがでしょう?
自分では気づかない問題点を指摘してもらうことで、今より就活がスムーズにいくかもしれません。

既卒になった時の就活

内定がないまま卒業した人を「既卒」といい、既卒の就活は新卒がライバルになるため難易度が高いといわれます。
既卒の面接では「どうして新卒で就職できなかったのか」を聞かれることが多いので、必ず対策をしておきましょう。

新卒に比べて既卒が不利なのは否めませんが、既卒での就活にもメリットはあります。
まず、新卒は「総合職」などで募集されることが多い一方、既卒では職種ごとの採用をしている企業が多くなります。そのため入社前に業務内容がわかり、自分の適性を十分に考慮した上で就職できる点が魅力です。
また、既卒は在学中に就職できなかった経験があるため、失敗を反省してより自分に合った仕事選びができるでしょう。入社後も「失敗しても立て直せる」という自信から、多少のミスにはめげずに業務に取り組めるのではないでしょうか。

みんなが一斉にスタートする新卒の就活では、焦る気持ちが大きいあまり「納得がいくまで就活ができなかった」「不本意な企業に入社を決めてしまった」という人がいます。
一方で既卒には決まったスケジュールはないので、自分のペースで企業の見極めることが可能です。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ