就職の失敗から見えてくる、次に活かせる役立ちポイント

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活で失敗したら
  6. >
  7. 就職の失敗から見えてくる、次に活かせる役立ちポイント

第一志望への就活がうまくいかなった方、そんなに気落ちされる必要はありません。なぜなら、そこが、あなたにとって最適とは限らないからです。 新卒で入社したものの、実際に働き始めると理想とは違った、ということが実はよくあります。今回は残念でしたが、より自分に合う会社へ就職するための布石と切り替えてはいかがでしょう。 就活がうまくいかなかった理由を一緒に探りながら、今後の役に立つよう考察していきましょう。

就職に失敗しても全てが終わりではない!

就職試験に不合格になると、全てが終わりなのでしょうか?
確かに頑張った分、気落ちすることと思われます。しかし、就活が終わったわけでも人生が終わったわけでもありません。第一志望の会社へ入社できなかった、ということに囚われすぎないでください。
不採用になった理由を考察しながら、発展的に考えて進んでいきましょう。

まず、第一志望に入ったら全て安泰という考えを捨てましょう。採用は喜ばしいことですが、実際は仕事や雰囲気が合わずに転職する人もいるのです。受ける会社は選べても、既に中で働いている人のことは選べません。
また、有名企業や大企業だから安心というわけでもありません。絶対に潰れない、リストラも無いという保証がある企業や会社は、ほぼ無いからです。

「新卒での就活が全て」という意見があるようですが、そうとは限りません。周囲の情報に流されすぎず、まずは自分の足元をしっかりと見つめ直しましょう。

就活がうまくいかない理由

就活がうまくいかない理由として挙げられる例を一緒に見ていきましょう。

まず、スタートが出遅れたという反省をよく耳にします。そんな方は出遅れた分、企業研究が十分にでなかったり、自己分析が熟考できなかったりしたことでしょう。しかし、過ぎてしまったことは仕方ありません。次に受ける企業の面接には、じっくりと対策を練って臨めばよいのです。

また、面接時の失敗例として、身だしなみや態度が適切でなかったということもあるようです。リクルートスーツ・小物・髪型・メイクなどを思い返してみてください。これはまずかったかも、と心当たりがある場合は次回から改めて望みましょう。分からない場合は、第三者にチェックしてもらうことをオススメします。
態度は、どんなに気をつけていても普段の様子が出てしまうものです。普段の自分の歩き方や、座る姿勢が横柄でないか、視線は泳いでいないかなどを、家族や友人、先生等に見てもらうといいでしょう。

大手企業ばかり狙いすぎた、という振り返りも多く聞かれます。中小企業にも業績や雰囲気が良い所が多数あるので視野を広く持ち、自分の身の丈や客観的な評価を冷静に判断することも大切です。

就職に失敗した後は?

就職に失敗した後はどうするか、ということに目を向けてみましょう。

卒業に必要な単位を取らずに留年もしくは大学院へ進学し、1〜2年後に再び就活を行う「就職浪人」を選ぶ人もいるでしょう。これは、再び新卒扱いで就活できるというメリットがあります。しかし、さらに学費を要するというデメリットがあるのも事実です。

大学は卒業し、既卒として就活を続ける人もいるでしょう。この場合は秋採用を狙える可能性があります。ただし、情報収集やモチベーションの保持が少々困難かもしれません。しかし、昨年度の失敗経験を活かすことで、より良い準備ができます。積極的に求人情報を収集し、企業研究や自己分析をしっかりとすることで自信を持って面接に臨めることでしょう。

就職先が決まらないまま、当面アルバイトで生計を立てることがあるかもしれません。致し方ないとはいえ、そのままでは保険や年金など不安な点が多数あります。ダラダラとフリーターを続けることがないよう、いつまでに正社員になるという目標を自分で定めましょう。

おすすめ記事

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

ページトップへ