既卒になったら人生終了?ウワサの真相は!?

「既卒は人生終了」という説が一部にはありますが、近年は既卒者に向けた支援が充実しています。 そういった情報に惑わされ、就職活動を諦めてしまうのが一番危険です。 本当に人生を終了させないために、便利な制度や機関を活用しながら、着実に就職活動を続けていきましょう。

「既卒は人生終了」なんて嘘!

既卒とは、就職をしないまま大学や短大を卒業した方を指します。
一部には「既卒になったら人生終了」という説もあるようですが、昨今は既卒の方が就職しやすい環境が整ってきているといえるでしょう。
若手人材を求める企業や業界は増えており、既卒者の採用を積極的に行っている企業もあります。
また、既卒者を対象とした就職支援サービスやエージェントもあるため、既卒になったからといって完全に道が絶たれるということは決してありません。
そういった制度やサービスを活用し、ブランクがあっても正社員の就職に成功している方もいるようです。
そのため、既卒の方の就職活動がうまくいかない一番の要因は、既卒だからではなくそれを理由に諦めてしまうところにあります。
インターネット上の既卒に関するネガティブに偏った情報を真に受けすぎないようにしましょう。
上記でも延べたように、既卒向けの支援を行っている機関も多数あります。
インターネットを利用するなら、そのような実益のある情報のみを探しましょう。

こんな既卒は危ない

以下に該当する既卒の方は、自分の就職活動を一度見直しましょう。

・何がなんでも有名企業に就職したいという人
・「就職活動している」ことに満足してしまっている人
・気持ちのどこかでフリーターでもいいと思っている人
・就活がうまくいかないからと悲観的になっている人

有名企業は倍率が高く、新卒でも就職は容易ではありません。
有名企業だけに絞っていると、かえって道を狭めてしまう可能性があります。
就職活動をしているだけで満足してしまっている場合は、書類や自己PRなどの内容や、面接時の受け答えに問題がなかったか振り返ってみましょう。
また、就職活動が長引くと、フリーターのままでもいいかという気持ちが芽生えてしまうこともあります。
正社員とフリーターには雇用の安定や給与の面で大きな違いがあるため、将来について考えた上で活動した方がいいでしょう。
前の項目でも延べましたが、最も危険なのは諦めてしまうことです。
就職活動がうまくても悲観せず、粘り強く活動を続けていきましょう。

既卒の就活のポイント

既卒に対する社会的な理解は進んでいるものの、やはり新卒と比べるとどうしても不利になりがちなのが現状です。
新卒でも就職が厳しい有名企業ばかりを受けるのは、避けたほうが無難といえます。
悲観的になる必要はありませんが、既卒の就職活動は新卒よりも難しさがあることは念頭に置いておきましょう。
就職活動をする際は、悩みを1人だけで抱え込まないことが大切です。
家族や友人など、信頼できる身近な人に相談をする習慣をつけましょう。
また、ハローワークやエージェントなどを活用し、就職活動のプロの目線を取り入れるのも有効です。
悩みを聞いてもらえる他、わからないことがあった際も的確なアドバイスや指導を受けられます。
面接では既卒になった理由を聞かれる場合があるため、その企業で何をしていきたいか・何ができるかを明確に回答できるように準備を整えましょう。
どの企業にも当てはまることではなく、「その企業ならでは」であることが大切です。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ