就活の負け組とは?うまくいかない就活をどう立て直す?

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活で失敗したら
  6. >
  7. 就活の負け組とは?うまくいかない就活をどう立て直す?

就活を進める上で、「勝ち組」「負け組」といったことに惑わされていませんか?有名企業に入社しても、激務や仕事が合わないといったことが原因で退職する人もいます。一方でベンチャー・中小企業で能力を発揮する人もいるため、一概に勝ち組・負け組と決めることはできません。大事なのは自分に合った企業を選ぶということです。就活がうまくいかないと悩んでいるのであれば、原因や対処法について考えてみましょう。

就活の「勝ち組」「負け組」って何?

就活において「勝ち組」「負け組」と分類されることがあります。明確な基準があるわけではありませんが、一般的に平均年収が1000万円を超えることが勝ち組の目安の1つになっているようです。また、テレビ局や五大商社といった有名企業から内定を得た人を勝ち組とするケースもあるでしょう。一方で知名度の低い企業に内定した人や、そもそも内定をもらえていない人が負け組といわれています。

しかしながら、そのような大手といわれる企業に入社したからといって幸せとは限りません。その理由としては、年収が高いといったメリットがある反面、激務であったり仕事が合わなかったりすることが考えられます。有名企業ではなくても中小企業やベンチャー企業で活躍する人は多いでしょう。年収や企業名だけで勝ち組や負け組と判断するのは、無意味だといえます。勝ち負けにとらわれず、自分に合った企業を選ぶことが大切です。

「勝ち組」「負け組」に惑わされて就活がうまくいかないと悩んでいる人は、年収や企業名で就職先を選んでいないか、自分に合うのはどのような職場なのかといったことについて見つめ直してみると良いでしょう。

就活でつまづく人の特徴

就活につまづく人に見られる特徴について考えてみましょう。
就活がうまくいかない原因の1つに、就活を始めるのが遅いということが考えられます。スタートが遅れると、周りの人たちが次々に内定を獲得していくという状況に焦りが出たり、自分だけ就職先が決まらないと落ち込んだりすることがあるかもしれません。そうなると、余計に就活がうまくいかなくなるのではないでしょうか。

また、意欲が足りない、失敗を反省しないといったことも特徴として挙げられます。エントリーシートや履歴書などの応募書類が雑であったり面接対策を怠ったりしていると、採用担当者から意欲がないと判断されてしまうでしょう。そのような失敗を反省せず同じことを繰り返していては、内定を獲得するのは難しいといえます。

誰にも相談せずに自分一人だけで就活を進めていくことも、就活がうまくいかない原因の1つであるケースがあります。間違った自己評価をしている、自分に合わない企業を選んでいるということも考えられるため、不安や疑問を抱えながら一人で行うのではなく、人に相談しながら就活を進めていくことが大切です。

うまくいかない就活を立て直すには?

就活がうまくいかないときは、どう立て直すかが重要といえるでしょう。
立て直す方法としてまず挙げられるのは、それまでの就活を振り返って失敗を反省するということです。改めて自己分析をしてみたり応募書類を見直してみたりすると良いかもしれません。

また、秋採用を目指すというのも1つの手段です。10月以降に採用活動を継続している企業も少なくありません。夏休みの間に就職先が決まらなかったからといってもうダメだと諦めずに、自分に合う企業を探す、面接対策を入念に行うなどして秋採用を成功させましょう。

キャリアセンターやハローワークのほか、就職支援サービスを活用するのも有効です。第三者目線でのアドバイスを受けられるため、自分では気づいていなかった弱点を知り改善できると考えられます。また、プロに相談することで疑問や不安を解消しながら就活を進められるでしょう。楽観的なのも度が過ぎると良くありませんが、自分は負け組だと思い詰めないように気をつけて前向きに就活を進めましょう。

おすすめ記事

19卒企業探し、最後のチャンス!?

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

19卒企業探し、最後のチャンス!?

ページトップへ