後悔ゼロの就職を!就活で気をつけたい重要ポイントとは

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活で失敗したら
  6. >
  7. 後悔ゼロの就職を!就活で気をつけたい重要ポイントとは

今回のコラムでは、就活にありがあちな後悔と、就職後に後悔してしまう原因を解説していきます。 たとえ第一志望に入社できても、企業選びに間違いがあると働き始めてから後悔してしまいます。 就活では、一体どのような点に気をつけて志望先を選べば良いのでしょうか?

就活中の人にありがちな後悔

就活が始まってからの後悔のほとんどは、「もっと準備をしておけば良かった」というものです。
志望する業界や職種がなかなか定まらないと、「就活が始まる前に将来について考えておけば良かった」と後悔することが多く、志望先が定まっていたとしても、「関連する資格をとっておけば良かった」と後悔する人がいます。

新卒採用では各社が同時期に選考をスタートさせるため、一度就活が始まってしまうと資格の勉強などに割く時間は限られてきます。
面接では学生時代の経験について問われる機会が多く、「サークルや学業に真剣に力を注いでおけば良かった」と悔やむ人もいるよう。
就活が始まってからアピール材料を集めるのは、時間的にも難しくなってしまいます。

企業理解を深めたり、質の高い志望動機を考えたりするために、就活が始まってから「インターンに参加すれば良かった」「OB・OG訪問をするべきだった」と後悔する人もいます。
志望度の高い企業の面接に落ちた時には、「書類作成や面接準備にもっと力を入れていれば…」と思う就活生が多いようです。

就職してからの後悔、その原因は?

就職活動は無事終えられたものの、内定先に入社してから後悔するという人もいます。
意外なのが、大企業や有名企業に就職したのに就職を後悔するケース。世間的なイメージが良く給与も高い会社に入れたのに、早期離職する人がいるのはどうしてでしょうか。

その主な原因は、就活の時にイメージやネームバリューで企業選びをしてしまったから。いくら世間からのイメージが良かったとしても、仕事が自分に合わず会社のビジョンに共感できなければ、働き続けるのは難しいでしょう。
就活の時に「内定がゴールになっていた」「給与や知名度だけで志望企業を決めた」という人は、就職してから後悔する可能性が高くなります。
企業研究が不十分だと入社前のイメージと入社後にギャップが生まれやすく、後悔の原因になってしまいます。
自分に合わない業界や企業に就職すると、入社してから「就活中にもっとたくさんの企業を見ておけば良かった」と後悔することになるのです。

後悔しないためにすべきこと

入社後の後悔を防ぐには、就職先に自分が求める要素を明確にした上で企業を選ぶ必要があります。企業に求める条件を定めないと、たとえ多くの内定をとっても「入社したいと思える企業がなかった!」という事態になりかねません。

就職先に求める条件は人それぞれで、多少仕事が大変でも高い給与が一番という人もいれば、残業が少なくワークライフバランスがとれる職場が魅力的という人もいます。
前者の人が「残業はないが給与が低い会社」に入っても理想の働き方はできませんし、反対に後者の人が「給与が高くて多忙な会社」に入ると後悔してしまうでしょう。

「大企業・中小企業のどちらが向いているか」というのも就活時に見定めたいポイントのひとつ。一般に、大企業は安定して働きたい人や成熟した組織の中で働きたい人に、中小企業は若いうちから自分の裁量で仕事をし、経営者の近くで成長していきたい人に向いているといわれます。
後悔しない就職をするには、自分の適性と企業の特徴を見極めた上で就職先を決定することが大切です。イメージや周りの意見に流されて就職するのではなく、自分が心から入社したいと思える企業を選びましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ