新卒で就活失敗!内定が出ない人の特徴と就職のコツ

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活で失敗したら
  6. >
  7. 新卒で就活失敗!内定が出ない人の特徴と就職のコツ

新卒の方が「就活に失敗した」と感じるのは、卒業までに内定が出なかった場合と、入社後に自分に合っていないと感じるケースの2つに分けることができます。 こちらのページでは、内定が出ない人に共通する特徴と就職先が見つからなかった時の対処方法、入社後に合わないと感じた場合にできることをまとめました。

新卒の就活に失敗する人の特徴とは

新卒の就活に失敗する人には共通する特徴があります。
どのような特徴か確認してみましょう。

・就活のスタートに出遅れた
・面接対策不足
・準備不足(自己分析、企業研究、インターン、OBOG訪問など)
・業界や企業を絞り込みすぎている
・企業選びの軸がない

卒業までに内定が出ない人は、このように就活の準備が甘く、自分で視野を狭めてしまっていたり、やりたいことがブレたりしているという傾向があるようです。
準備不足の要因は、就活を軽く考えているケースだけではなく、そもそも自己分析や企業研究のやり方、アピール方法が分からないということも考えられます。

新卒一括採用は、日本独特の文化です。新卒採用は採用人数が多めでポテンシャル採用が見込めるという利点はありますが、新卒でなくても既卒を歓迎している企業はあります。新卒で就職が決まらなかったから「人生が終わる」わけではないということを覚えておきましょう。

卒業までに内定が出なくても、諦めなければ就職先は見つかるはずです。
下記項目では、内定が出なかった時の対処方法をご紹介します。

就職先が見つからなかった場合の対処法

卒業までに内定が出なかった場合、一般的には既卒として就活することになります。
既卒の就活は、ポテンシャル採用が期待できる新卒者や経験豊富な中途採用者がライバルになるため、新卒採用に比べて難易度が上がるといえるでしょう。

さらに面接では「なぜ既卒になったか」という質問をされることも。この質問で動揺してしまい、上手く面接を乗り切れなかったという人は少なくありません。

既卒としての就活を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

・目指す職種や業界を決めて関連する資格を取る
・質問に対して嘘をつかない
・既卒になった原因を受け止めて考えを改めたことをアピールする
・就職するために空白期間に何をしていたか答えられるようにする

既卒であっても就職できるチャンスはありますが、先に触れたように新卒者や中途採用者に比べると厳しめ。諦めないことが大切といえるでしょう。

内定が出ないことは、その業界や職種にとって必要なものが欠けているからといえます。足りないものを把握して身につけておけば、就職後に理想的な働き方がしやすい可能性が高くなるケースも考えられるとポジティブに捉えましょう。

新卒入社で仕事が合わなった時にできること

新卒における就活の失敗は、内定に繋がらなかったことだけを指すのではありません。
就職は、自分の夢の実現や良好な生活の維持のためにする人が多いでしょう。入社後、すぐに会社に対して不満を抱えてしまう、業務や職場環境が合わないと感じるなど、自分の肉体や精神に対して悪影響がある場合はこれらを叶えるのが難しくなることも。このように、就職後のミスマッチも就活における失敗といえるのではないでしょうか。

ただし、仕事や環境に不慣れなだけという場合もありますから、本当に「就活に失敗した」といえるのか、よく考えてみましょう。

もし慣れとは関係なく「新卒入社で失敗した」と感じた時には第二新卒として就活すると良いかもしれません。
第二新卒としての就活のポイントを下記にまとめました。

・「辞めたい」という気持ちだけで退職しない
・転職先に求める条件を決める
・「企業研究をしなかった」など就活時の失敗を生かして希望を考える
・スケジュールを立てて転職活動する

特に、退職後の転職活動は経済的な不安があります。貯蓄が少ない人は、より計画的に転職活動を行うようにしましょう。

おすすめ記事

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

ページトップへ