「分からない」だらけの就活…どう乗り切る?

自分が何をしたいのか、どうしたら内定が貰えるのか…など、就職活動にはさまざまな「分からない」が浮上します。 分からないことをそのままにしておかず、積極的に行動して解決の糸口を見出していくことが大切です。

就活の「分からない」アレコレ

就職活動で陥りがちな「分からない」は、主に3つあります。

自分が就職して何をしたいのかわからないという場合は、情報収集が上手くできていない可能性があります。
業界や職種、企業の研究・分析をしっかり行い、自分がどのように活躍していきたいのかを明確にしましょう。

書類作成、面接対策など、就職活動の過程において押さえるべきポイントが分からないときは、1人だけで抱え込まないようにしましょう。
自分の強みやアピールポイントを見出だせないという場合は、信頼できる第三者の意見も取り入れると、自分では分からなかった一面が発見できるかもしれません。

どうしたら内定を獲得できるかは、応募する企業によって異なるため、まずは自分の希望する企業を知っておくことです。
企業が掲げている理念や目標をしっかりと理解するために、企業研究を徹底しましょう。
企業への興味や誠意を示すことが、内定獲得への近道となるはずです。

分からないことが不安に繋がる

基本的に就職活動というのは、「何も知らないところから自分1人の力でやり遂げる」ことです。
今までは親や先生など頼れる存在のサポートを受けることができましたが、就職活動では人生で初めて「一から自分でやり遂げる」ということが求められます。
就職活動では、とにかく「分からない」状態を放置しないことが大切です。
主体的に動いて情報収集し、「分からない」を解消する習慣を身につけておかないと、不安な気持ちになりやすい状態を作ってしまいます。
疑問に思うことが合ったら、新聞や書籍、インターネットなど、さまざまな媒体から知りたい情報を収集しましょう。
どうしても自分1人だけでは解決が難しい場合は、就職に関する悩みや疑問に対応している学校の就職センターや、民間サービスなどを活用し、第三者の意見を取り入れるのも有効な手段の一つです。
自分に合った方法で情報収集し、就職活動をスムーズに進められる環境にしましょう。

トライ&エラーを繰り返すのが就活

「そもそも分からないことが分からない」という場合もありますが、何もしていない段階では当然であるといえます。
自分も周囲の就活生も、まずは何も分からないところからスタートするもの。
知識がないから…と気後れするよりも、まずは始めてみることが大切です。
一番有効とされるのは、会社説明会の場に足を運んでみることでしょう。
企業側から応募についての諸々の説明を受ける中で、自然と自分が疑問に感じている点が浮かび上がってくるはずです。
自分のやりたいことを発見できる可能性も高くなります。
また、書籍やインターネットの情報などで得る知識ももちろん大切ですが、OG・OB訪問などで実際に企業で働いている先輩の生の声を聞くことも有効であり、得るものも多いです。

就職活動は、試行錯誤をしながら行っていくもの。
失敗を恐れて立ち止まっていては、自分の中の疑問を解決できず、前に進めなくなってしまいます。
まずは積極的に自分から行動し、挑戦していきましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ