就活成功のコツって?就職できない人の特徴

「周りは内定を貰えているのに自分はなかなか内定がでない」 就活が上手くいかないのは、自身に問題がある可能性が。このページでは、就職できない人の特徴や、就活を成功させるためのコツをご紹介します。今一度自身を振り返り、参考にしてみてはいかがでしょうか。

就職できない人の特徴

就職できない人の特徴として、以下のような事柄が挙げられます。

企業によっては筆記試験を実施するケースがありますが、就活の流れ自体を理解できていない人は、受ける企業が筆記試験を実施することを知らなかったために試験対策ができず、就活に失敗してしまうということも。また、面接練習をせずに就活に挑み、適切な受け答えができず内定を貰えなかったという人も少なくありません。

また、企業研究を十分にせず、「大手企業だから」「名前を知っている企業だから」という理由で受けた結果、内定が取れなかったという人も少なくないようです。就職活動において企業研究は大切な下準備。企業が求めるニーズを理解し、自分のやりたいことが企業の方針に合う企業を探すことが大切です。

このほかにも、「自己PRで何を言えば良いのか分からない」「自分の良いところが分からない」という声は意外と多いもの。自分に自信がない人は、面接で自分を上手くアピールできず、就職を掴み取れないことがあるようです。

落ち着いてできることからやってみよう

就活が進まない、就職できないという焦りから、ネガティブに考えていると上手くいかないことも。焦らず自分のペースでできることからやるのがポイントなので、まずは最低限のマナーや礼儀を守ることからはじめましょう。スーツがシワになっている、靴が汚れている、寝癖が直っていないなど、身だしなみを疎かにしてしまうと、いい加減な印象を抱かれる傾向にあるため、身だしなみはきちんと整えてから面接に挑みましょう。また、挨拶や敬語、時間厳守など、最低限のマナーを守ることで好印象を持たれやすくなります。

また、受ける企業の研究をしたり、試験や面接の対策をしたりと、就活の流れを確認・事前の準備をすることもお忘れなく。事前に面接の準備をすることで自分に自信をつけることができます。また、大手企業や有名企業だけでなく優良な中小企業にも目を向けて自分に合う企業を選択しましょう。

このほかにも、「この企業に入社をして何がしたいか」「どうなりたいか」ということをイメージし、何に重点を置いて仕事をしたいかを決めると行きたい企業や職種が見えてくるでしょう。

自分の適性を知ることが大切

「マナーを守っているのに内定が貰えない」「就職に対する意欲は高いのに就活に失敗する」という人は、企業が求める人物像に合っていない可能性があります。自分の性格や能力に合わない仕事に応募しているとなかなか内定に繋がらないので、まずは自己分析で自分の強みや弱み、価値観などを考えてみましょう。もしかすると「やりたいと思っていた仕事とは違う仕事の方が自分に合っている」ということがあるかもしれません。

求人探しの際は自分の強みを活かせる仕事や、価値観を大切にできる職場など、視野を広げて探すことをおすすめします。前述のように、「名前を聞いたことがあるから」「就職するなら大手が良い」などの理由で有名企業ばかり受けていても、企業のニーズに合っていないと内定を貰うのは困難です。日本経済の土台を担う中小企業には、世界トップクラスの優良企業が沢山あります。大手企業や有名企業ばかり受けている人は、中小企業にも目を向けてみましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ