悩みは相談で解消!就活中に前向きな気持ちを保つには

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活をやめたいと思ったら
  6. >
  7. 悩みは相談で解消!就活中に前向きな気持ちを保つには

就活中には、あらゆる壁にぶつかることも多いはず。 就活にまつわる悩みでも、内容は人によって多種多様です。 悩みやストレスはモチベーションの低下だけでなく、心身の不調につながる可能性もあるため軽視できません。 就活の悩みを解消することのメリットや相談するときのポイントを、詳しくお伝えします。

就活の悩みを相談することのメリットとは

就活中に生じる悩みは、できることなら早急に解決したいものです。
1人で抱え込むよりも誰かに相談することで、どのようなメリットが得られるのか一部ご紹介します。

・気持ちが楽になる
悩みがあるときは、モチベーションが低下したりネガティブな気分になったりしている場合が多いでしょう。
悩みや不安な気持ちを誰かに話すだけでも、心が軽くなることもあります。
そうすればネガティブな気分も払拭でき、モチベーションを取り戻すこともできるかもしれません。

・就活に関する情報を得られる
相談することで、今まで知らなかった情報が得られる可能性も。
たとえば、すでに面接を終えた友人に相談した場合は、どのような企業でどのような面接を受けたのかを知ることができます。
リアリティのある情報は、就活をよりスマートに進めるための鍵になるでしょう。

・自分の強みや改善点を知ることができる
行き詰まったときほど、自分を客観視するのは難しいかもしれません。
しかし、そのようなときこそ第三者目線でのアドバイスが大切。
自分では気がつかなかった強みや改善点を知ることができるはずです。

悩みの内容に合わせて相談相手を決めよう

就活の悩みは、誰に相談すれば良いのか迷うこともあるでしょう。
相談相手は、悩みの内容に合わせて選択するのがベター。
身近なところでは、親・同年代の友人・OBやOGが挙げられます。

まず、あなたの一番身近な存在だといえるのが親です。
企業に勤務している親なら就職活動も経験しており、社会人経験と就活経験を通じて培った知識は豊富といえます。
就活シーンは時代とともに変化しているため、親の認識には多少の差を感じることもあるかもしれません。
しかし、年の功ともいえる具体的なアドバイスは期待できるはずです。

気負わずに相談できる相手を考えると、同年代の友人が該当します。
特に就活中という同じ境遇にある友人には、悩みはもちろん愚痴も吐き出しやすいといえます。
同じような悩みを分かち合い、励まし合うこともできるでしょう。

OBやOGは、社会人経験を持つ親と同様に、学生生活では得られないリアルな情報を提供してくれる存在です。
就活に関するさまざまな悩みも理解してもらえるでしょう。

答えは自分で選択・決定することが大切

悩みを相談するときには、自分がどうしたいのかという目的を明確化しておくと良いでしょう。
話を聞いてほしいだけなのか、アドバイスがほしいのか…それを事前に伝えることで、相手は話を聞きやすくなるはずです。

相談する内容を明らかにするのも大切なポイント。
「自分ではこのように考えたが解決できなかった」というふうに悩みの内容をまとめておけば、相手は何に対してアドバイスをすれば良いのか分りやすいでしょう。

アドバイスをもらう際に注意すべきなのが、すべてを鵜呑みにしすぎないようにすることです。
意見を聞いたうえで、自分の状況に合わせて取捨選択する必要があります。

悩みは適宜解消していき、可能な限り迷いやネガティブな気持ちを残さずに就活に臨むことが望ましいといえます。
思い描くキャリアプランに向けて突き進むためにも、就活の悩みは相談で解決するという選択肢を持っておくと良いでしょう。

就活は、自分の人生を左右するターニングポイントの1つです。
悩みを溜め込まずに相談することは重要ですが、あくまでその答えを選択し決定するのは自分。
少しでも心を軽くして、納得したうえで就活に臨みましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ