内定がない…就職を成功させるにはどうしたらいい?

内定がない人・内定が貰える人には、いくつかの特徴・共通点があります。 内定が貰えないとお悩みの方は、本コラムを参照し、一度自分の就職活動を見直してみると良いかもしれません。 内定が出ない人・貰える人の特徴や、内定を獲得するための対策などを紹介しています。

内定が出ない人の共通点

企業からの内定が出ない人には、いくつかの共通した特徴があります。

まず1つ目は、話し方が暗い、姿勢が悪い、笑顔がないなど、面接中の態度に関することです。
自分では気をつけているつもりでも、無意識に態度に出てしまっている可能性も。
第三者を交えて模擬面接をし、面接中の態度を見直してみると良いかもしれません。

2つ目は、学歴などの肩書きに頼り過ぎて努力を怠りがちなこと。
学生時代は研究やサークル活動、アルバイトなどに力を入れていないと、面接でアピールできる題材がなくなってしまいます。
また、内定がなかなか出ないならば、一度自分の反省点を振り返り、改善すべきポイントがないか整理してみましょう。

3つ目は、プライドが高すぎることです。
就職活動は、第三者の意見を取り入れることも大切になってきます。
人からのアドバイスや助言は、素直に聞き入れる姿勢で臨みましょう。

もし上記に心当たりがある場合は、自分としっかり向き合い、じっくり自己分析する時間を取ったほうがいいかもしれません。

内定が出る人の特徴

内定を勝ち取っている人には、下記のような特徴があります。

・普段から気配りができる
・明るくコミュニケーション力がある
・学生時代に力を入れていたことがある
・軸が明確である
・自己分析ができている
・企業研究に余念がない

面接では、コミュニケーション能力は必要不可欠と言いっても過言ではありません。
また、気配りができるかどうかも面接では見抜かれてしまうもの。
そのようなことが普段からできているのが、内定が出るポイントといえるでしょう。
学生時代に打ち込んでいたことがあれば、アピールポイントも自然と思い浮かびます。
軸が明確、十分な自己分析・企業研究は、就職活動において大切です。
それらが備わっているのも、内定を貰える人の強みといえます。
内定がなくて悩んでいる方は、上記を参考にして就職活動に取り入れてみましょう。
特に自己分析をしっかりと行えば、今まで自覚していなかった自分の強みや目指している目標の発見に繋がる場合もあります。

内定が出ないまま卒業するとどうなる?

内定が出ないまま卒業すると、新卒ではなく既卒という扱いになります。
そのため、在学中に内定が取れないからといって、就職できる可能性がゼロになるわけではありません。
しかし、既卒は扱いとしては中途採用枠となり、採用人数も少ないなどの要因から、新卒と比べると不利になってしまいます。
また、卒業してからだと、個人で就職活動をする必要があり、学生時代のように学校からの支援を受けられません。
新卒切符を手に入れるために就職留年をするという選択肢もあります。
学費がかかる上に必ず就職できる保証はなく、やはり通常の新卒より不利になるので、避けた方が無難でしょう。
卒業後の就職活動に限界を感じてフリーターになるケースもありますが、一度フリーターの道を歩むと、正社員への就職は遠ざかりやすくなってしまいます。
トライアル雇用や就職エージェントなどを活用するという手もあるので、正社員を目指す方は既卒になっても諦めずに就職活動を続けましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ