知っておきたい!就活における滑り止め企業の知識

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活で全落ちしたら
  6. >
  7. 知っておきたい!就活における滑り止め企業の知識

就職活動においては、本命企業は少ないけど滑り止め企業は多めに設定しているという人もいることでしょう。 こちらのページでは、滑り止め企業の解説から始まり、滑り止めとして応募したい企業の探し方、滑り止め企業から第一志望かどうか聞かれたときの対処法までを紹介します。就活でお困りの方は参考にしてみてください。

就活における滑り止め企業の考え方

滑り止め企業とは、その言葉の通り「本命企業に落ちた時のために受けておく企業」のことを指します。
滑り止め企業に応募する理由は人によってさまざまです。
就活浪人を避けるために入社してもいいと思える企業を受ける人や、本命を受ける前の実践練習として応募し、採用になれば滑り止めになると考えている人も。
しかし、滑り止めだからといって企業研究や選考対策をないがしろにしてしまうのは本末転倒です。
本命企業と同様に準備に取り組まなければ、内定を手にすることは難しいと言えるでしょう。
また、企業選びの条件を妥協しすぎるとミスマッチの原因となってしまい、早期離職に繋がる可能性があります。
就職活動では条件によって本命企業と滑り止め企業を分けてしまいがちですが、基本的には「自分が納得できる企業を選ぶ」という姿勢を大切にしましょう。
気になる業界から複数の企業を選択し、どの企業に対しても抜かりなく選考対策を行うことが必要となります。

広い視野で企業を探そう

「志望する企業の数が増やせない」という悩みを持つ方は少なくありません。
志望企業の数が少ないことは悪いことではありませんが、内定率を上げるにはエントリー数を増やすことも重要になってきます。
しかし、闇雲に数だけ増やしても内定には結びつくとは限りません。
効率的な仕事探しができる具体的な方法とは、「待遇面のみで探さない」「行きたい業界で探す」の2つです。
滑り止めを探していると、軽い気持ちで待遇面だけを条件に探してしまいがちになります。
説得力のある志望動機がまとまらなくなるため、待遇面だけを視野に入れるのは避けましょう。
1つの業界で複数の企業を探せば、志望度が同じくらいの企業が見つかりやすいかもしれません。
本命の業種と同じ企業であれば業績や理念などが照らし合わせられるため、志望動機も組み立てやすくなると考えられるでしょう。
前向きな姿勢で滑り止め企業を探すことができれば、仮に本命に入社できなかったとしてもモチベーションを維持して仕事をすることが可能になります。

「第一志望ですか?」の質問にどう答える?

採用面接では、応募した企業から第一志望か否かを聞かれることがあります。
どのように答えるべきなのか困った経験がある人もいるのではないでしょうか。
このような質問をされた場合は、「御社が第一志望です」と回答しておくのが無難です。
企業側も複数受けていることはある程度承知していますが、志望度の強い意欲的な学生を採用したいと考えていることでしょう。
後で断れないのでは?という不安から言いよどんでしまったり、「第一志望群です」と応えたりする人もいますが、これらの回答はあまり良い印象には繋がらないようです。
内定を辞退することになった場合は、「その時は第一志望と考えていましたが、自分の適性を鑑みて熟慮した結果、別の企業に決めました」といった回答をしましょう。
内定辞退を決定したら早めに担当者まで連絡し、マナーを守って対応することが大切になります。
後悔のない就職活動ができるよう、滑り止め企業であっても誠意のある行動を心掛けましょう。

おすすめ記事

19卒企業探し、最後のチャンス!?

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

19卒企業探し、最後のチャンス!?

ページトップへ