就活のやり方本当に合ってる?全落ちの原因と対処法

  1. 新卒就職支援「キャリアチケット」TOP
  2. >
  3. 就活に失敗したときの挽回方法
  4. >
  5. 就活で全落ちしたら
  6. >
  7. 就活のやり方本当に合ってる?全落ちの原因と対処法

「応募した企業全てから不採用の結果を受けてしまった」という、いわゆる”全落ち”の状態に陥る就活生は少なくありません。全落ちした状態では、就活に対するモチベーションが下がり、応募する意欲が失せてしまったという方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、そんな方に向けて全落ちしてしまう原因とその対処法について詳しくお伝えします。最後まで諦めずに就活を進め、内定を獲得しましょう!

全落ちする就活生の特徴

いつも不採用の結果になってしまう方には、どのような特徴があるのでしょうか?代表的なものを3つまとめましたので、ご自身に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

・大手企業や有名企業のみ受けている
・絞り込みすぎて応募数が極端に少ない
・自己分析や選考対策の方向性が間違っている

まず、上記で挙げた3つの特徴に共通するものとして挙げられるのが、「客観性に欠ける」という点。企業選びの時点で、特に根拠もなく「知名度がある」「有名企業なら自慢できる」という理由で大手企業や有名企業のみにエントリーする人もいるようです。
大手や知名度の高い企業は、それだけ競争率が高く、選考もシビア。面接官はベテラン揃いということも珍しくないですから、建前の志望動機を作ったとしても、プロの目はごまかせないのが普通ではないでしょうか。

そして、自分が挙げる条件にも注意したいところ。条件が多ければ多いほど、応募できる企業は限られてきますし、結果も厳しいものになるでしょう。
自己分析や選考対策も自分の独りよがりな気持ちで進めていないか注意が必要です。

全落ちでヘコんだ時の対処法

まず、不採用という結果が出た時どう思いますか?
「自分には価値がないってこと?」「能力がないと思われたんだ」「このまま内定が出なかったらどうしよう」…といったところでしょうか。
ネガティブな考えは人から冷静さを奪いますから、際限なくこのような考えが出てきて落ち込んでしまう人も少なくありません。しかし、今挙げたものは、直接面接官から言われたわけではなく、自分で勝手に想像したことです。そこに気付けるか気付けないかで、モチベーション低下を防げるかどうかが変わってきます。

まず、不採用は「その企業が求めるタイプに当てはまらなかっただけ」であることを理解しましょう。ESや面接対策など、自分が時間を割いて力を注いできた分、全否定されたような気持ちになりがちですが、あなたのような人を求めている企業は必ずあります。
また、周囲の人と自分の状況を比較する人も多いですが、焦りを生み出すだけで良いことはないので止めましょう。就活期間中はSNSや友人との連絡を少し控えるなど、意識的に自分のことだけに集中できる環境を作り出すことも大切です。

内定獲得に向けて就活の見直しを

気持ちを切り替えたら、具体的に就活をどのように進めていくべきか見直しましょう。当初進めていた方法で結果が出ていないのであれば、軌道修正が必要です。以下にいくつかポイントを挙げましたので、参考にしてみてください。

・面接官(企業側)の評価基準を意識する
応募書類や模擬面接で周囲から高い評価が得られても、肝心の志望企業に評価されなくては意味がありません。自分の履歴書やESが企業側の視点で見た時に価値あるものとして映るかどうか見直しをしましょう。企業研究もここで役立ちます。

・自然な会話を心がける
アピールしようとすると、無意識にプレゼン要素が強まりがち。基本的なことですが、受け答えの仕方が一方的になっていないか、質問の意図に沿った回答ができているかなどをチェックしましょう。

・企業探しは視野を広く持つ
応募数が少なければそれだけ内定に結びつく可能性も低いもの。必要以上に絞り込みすぎていないか注意しましょう。自分の条件に優先順位をつけて探すのがおすすめです。

全落ちしたという状況は、軌道修正のチャンスです。選考対策や企業選びの精度を上げて、内定獲得を目指しましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ