落ちまくりの就活…解決する方法はある?

就活で落ちまくり…そのような状態に陥り、悩んでいませんか? 本コラムでは、落ちまくりの就活を成功に導くための対策や、すぐに立ち直るための考え方を紹介します。 何社受けても内定を獲得できずに悩んでいる方は、気持ちを切り替え、自分としっかり向き合って次に臨みましょう。

就活に落ちまくる人の特徴

就職活動で落ちてばかりの人には、以下のような特徴があります。

・準備不足
・不採用の後に反省をしない、どこに問題があったのか考えない
・熱意が足りない
・面接で言っていることに一貫性がない

面接に望むには、やはり事前の準備は欠かせません。
企業研究や自己分析を徹底的に行い、企業の理念や将来の展望に沿った自己アピールができるように回答を準備しておきましょう。
不採用の通知を受けた場合は、自分に問題点がなかったか振り返り、反省点を見つけることも大切です。
また、企業は技術や知識よりも熱意の有無をチェックしています。
「どの企業でも良い」「ひとまず受かれば…」という考えは、さまざまな就活生を見ている採用担当者には通用しません。
一次面接、二次面接、最終面接での回答に一貫性がないのも、内定を逃す原因の一つとなります。
何社面接を受けても落ちてしまう…という方は、就職への意思や熱意がきちんと伝えられているか、不足している点がなかったかを考えてみましょう。

落ちまくった時の考え方

先述したように、就職活動は事前準備が大切です。
しかし、採用に至るか否かは、多少なりとも運が働く部分があります。
企業によって求める人材の基準が違うため、就活生だけに問題があるとは言い切れません。
受けた企業との相性がたまたま合わなかっただけだったり、いわゆる「学歴フィルター」に引っかかっただけだったりする可能性もあります。
そういった場合は、自分と相性が合う企業を見つける、学歴よりも人柄や熱意を重視する企業を探すなどすれば、解決できるでしょう。
就職活動に成功して今は活躍している先輩方も、就職活動中は何社も受けて落ちたり、分からないことがあったりと、同じように苦労をしているかもしれません。
就職活動は、何度も試行錯誤を繰り返しながら成功に繋げていくものです。
新卒の就職活動は時間が限られており、落ち込むことに時間をかけてばかりでは前に勧めません。
できるだけ早めに気持ちを切り替え、次に臨むための準備をしていきましょう。

ここを見直して挽回しよう!

面接に落ちてばかりで悩んでいる方は、以下の点を見直し、改善を図りましょう。

・企業のニーズに沿ったアピールができているか?
・面接中の態度、みだしなみに問題はないか?
・面接中のコミュニケーションは自然か?

面接は、面接官と適切なコミュニケーションができているかが重要です。
質問の意図を理解した受け答えができているか、自分ばかりが一方的に話しすぎていないかを一度振り返ってみましょう。
自己PRが企業のニーズから外れていないかも確認する必要があるかもしれません。
企業研究をしっかり行っているか、それらを的確に織り込んだアピールができているかは、合否を左右する要素の一つです。
また、面接中の態度は悪くなかったか、髪型や服装などの身だしなみに乱れがなかったかなども、一度鏡の前で確認してみると良いかもしれません。
可能ならば、模擬面接を行い、第三者に客観的な評価をしてもらうのが有効でしょう。

就職活動に落ちてばかりいる方は、落ち込むよりも自分としっかり向き合いましょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ