最低限知っておきたい!面接のコツ

採用面接は、しっかりと対策を行うことが大切です。 志望動機や自己PRなどの内容はもちろん、どう話すかやどんな格好をしているかもチェックされます。 それでは、どのようなコツを押さえれば面接を成功させられるのでしょうか。

面接のコツ~話し方編~

企業の採用面接では、「緊張して上手く話せていない」という理由だけでは不採用に繋がりません。
ただし、自分の考えをきちんと伝えることができなかった場合には、マイナス評価となってしまう可能性があります。
徹底した面接対策を行い、どんな状況下においても自分の考えを伝えられるようになりましょう。

採用面接では、求職者の話し方が見られていることもあるので注意が必要です。
面接の場ではハキハキと話すことを心掛け、棒読みにならないように気をつけます。
面接官の目を見ながら、笑顔で元気よく話すことが大切です。
声のトーンは大きすぎず小さすぎずを心掛け、早口にならないように注意しましょう。
最初に結論を話し、次に具体例を挙げるとスムーズな受け答えができます。
1つの受け答えは1~2分程度で収められるようにしましょう。
面接官が話しているときは聞くことに専念することも大事です。
面接そのものに苦手意識のある人は、以上の話し方のポイントを意識してみましょう。

面接のコツ~身だしなみ編~

採用面接では、姿勢や身だしなみについてもビジネスマナーが問われます。
椅子は背もたれに寄りかからないよう浅く座ることを心掛けましょう。
背筋を伸ばして姿勢を正すと、声がよく通って自信があるように見せることができます。

就職活動におけるスーツの色は、黒・紺・グレーが一般的です。
面接の前にはシワやほつれ、汚れがないか、丈は合っているかなどを必ず確認しましょう。
アクセサリー類はつけない方が無難です。
ネクタイは、派手な色合いや季節感に合わないものを避けましょう。
鞄は、提出書類や企業から受け取る資料を折らずにしまえるよう、A4サイズがすっぽり入るものがおすすめです。

前髪は目にかからないようにすると表情をよく見せることが可能。
男性の場合は長髪や茶髪は避け、女性の場合は地毛に近い色にし、髪が長い場合は束ねるようにします。
採用面接では第一印象は重視されるため、健康的で清潔感のある格好で挑みましょう。

面接対策は模擬練習がおすすめ

話し方や身だしなみへの注意を怠ってしまうと、採用担当者に良い印象を与えることができません。
志望動機や自己PRはもちろん、質疑応答で伝えたいことは自分の言葉で言えるようまとめておきましょう。
また、本番でしっかりと受け答えができるよう、面接対策として模擬練習を行うのがおすすめ。
面接の練習することは、一貫性のある話ができるようになる他、自信やマナーを身につくなどのメリットが挙げられます。
しかし、1人で練習すると質問と答えに偏りが出てしまい、実際の面接のような緊張感が得られません。
友人や家族などの第三者と一緒に模擬練習を行えば、客観的に自分を見てもらうことができますし、行動や返答のダメ出しをもらって、苦手な質問への対策も立てやすくなるでしょう。
対応の精度をより磨き上げられるため、できれば繰り返し練習をしておくのがおすすめです。
徹底した面接対策をしておくことで、本番の緊張を和らげることができるでしょう。

おすすめ記事

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

ページトップへ