面接に疲れた時、どうやって乗り切ればいい?

応募書類や面接対策など、何かと準備することが多い就職活動。 そのような中で不採用が続いてしまうと、疲れを感じてしまうこともあるかもしれません。 就職活動をするにあたり、疲れたままでいると悪循環に陥ってしまう可能性もあります。 対策をし、万全の状態で就職活動を続けましょう。

面接で疲れを感じやすい理由

面接に疲れてしまう理由は、いくつか挙げられます。
まず、面接では必然的に知らない人と気を使いながら話すという状況になり、その緊張感は簡単に慣れるものではありません。
就職は人生の大きなイベントという認識があるため、自分の今後を左右するというプレッシャーを抱いてしまう傾向に。
また、志望企業から不採用通知を受け続けることで「自分は社会に必要のない人間だ」という思い込みに繋がってしまい、人格を否定されているように感じる方も少なからずいるようです。
面接までの書類準備、面接対策などが大変だということも、原因の一つとして挙げられます。
働きながら転職活動をしている場合は、スケジュール調整が難しく、現職と両立のために身体的に無理なスケジュールを組んでしまうことも。
他にも、面接のための交通費や必要な服装の用意などで出費がかさむなど、金銭的な要因もあります。
このようないくつかの要因が重なり、面接を受けることに疲れを感じてしまうようです。

面接に疲れた時にやるべきこと

1日でも早く就職したいという気持ちから、疲れていても就職活動を続ける方もいるかもしれません。
しかし、疲れたままの状態で就職活動をしても、良い結果が得られる可能性は低いといっていいでしょう。
疲れをそのままにしていると、今後の活動にも支障が出るかもしれません。
面接で自分の魅力を最大限にアピールできなくなっている、度重なる不採用で自分が何をしたいのか・何ができるのかわからなくなっているなど、就職活動においてさまざまな影響が考えられます。
疲れが表に出てきていると感じたら、無理にでも「就職活動について考えない日」を作って休んでしまうのも1つの手です。
ただし、一度休んでしまうとなかなかやる気が出ず、楽な方へ流されてしまうこともあるため、期間を決めて休むと良いでしょう。
休息が終わった後は、もう一度自己分析を行い、就職活動の軸をじっくり見直してみましょう。
第三者に会い、情報交換や愚痴などを話すのも良いかもしれません。

就活で疲れないためにできること

就職活動に疲れは大敵です。
支障が出ないように対策をしましょう。
まずは、「不採用=人格否定」ではないことを理解することが大切です。
就職活動はあくまでマッチングを行う場であり、企業側だけが一方的に主導権を握っているわけではありません。
そのため、不採用になっても「人格を否定された」のではなく、「能力や価値感が企業と合わなかっただけ」だといえます。
また、周囲の採用状況はなるべく気にしないようにしましょう。
過度に他人と比較してしまうと焦りのもととなり、準備不足にも繋がってしまいます。
自分のペースを保つことを心掛けましょう。
志望する業界や企業、職種を一つに絞らず、視野を広げるのも有効です。
就職活動において、軸をしっかりと持つことは大切ですが、選択肢を狭めすぎると失敗に繋がってしまう可能性もあります。
軸次第では別の業界でも実現可能な場合があるので、ある程度柔軟さも必要です。
逆にいうと、これまで幅広いジャンルに応募していた人は、ある程度絞った方が良いでしょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ