失敗したくない!最終面接を乗り切るための対策

最終面接まで辿り着いたもののプレッシャーや緊張で失敗してしまうのではないかと不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。 なかにはすでに面接で失敗した経験があり、最終面接が怖いと感じている人もいるかもしれません。 こちらのコラムでは、最終面接でよくある失敗の例や、チェックされるポイント、その対策についてまとめてみました。 これから最終面接に挑むという人は、ぜひ目を通してみてください。

最終面接での失敗例

こちらの項目では最終面接でよくある失敗例についてまとめてみました。

・面接に遅刻してしまった!
大事な面接に遅刻してしまうと時間を守れない人だと思われ、社会人失格と判断されてしまうことも。
電車の遅延が理由の場合は許される場合もありますが、どんな理由であっても無断遅刻や欠席をすることがないように注意しましょう。

・基本的な質問に答えられなかった
企業の理念や仕事内容についてどう思うかなどを質問をされたとき、答えられないと働きたいという意欲がないと思われてしまうことも。
企業のパンフレットやwebサイトなどには必ず目を通し、基本的な質問に応えられるよう準備しておきましょう。

・緊張してうまく話せなかった
緊張してしまう人が多い最終面接ですが、大事なのはスムーズに話せるかどうかではなく、話の内容。
よくある質問を想定し回答を用意し、模擬面接を行うなど繰り返し練習しておくと良いでしょう。

・一方的に話してしまった
質問内容と違うことを話したり、あまりにも長過ぎる話をしたりすると、面接官は退屈に感じるため、回答は90秒ほどにまとめておくのが良いでしょう。

最終面接でチェックされるポイントは?

上の項目でも紹介した通り、面接での失敗を防ぐためには、面接の内容をあらかじめ想定して回答を用意しておくのが良いでしょう。
では、実際に最終面接では一体どのような質問が多いのでしょうか。

最終面接で企業がチェックするポイントとしては、以下が挙げられます。

・入社意欲があるか
・ビジョンが一致しているか
・企業について理解しているか
・一緒に働きたいと思える人か 

上記のポイントを確認するために、「自社でどのような仕事をしたいですか」「自社について知っていることを教えてください」といった企業に関する質問をされる場合があります。
また志望動機や自己PRに関して今までよりも深く聞かれることが多いようです。
再度企業研究を見直し、質問に備えておくのが良いでしょう。

最終面接では、「直接どんな人物か見極めたい」という思いから、社長や役員クラスの社員が面接官となることがあります。
より効果的にアピールできるよう、上記のようなチェックポイントを把握した上で回答をあらかじめ考えておきましょう。

最終面接で失敗しないためには?

最終面接で失敗しないために、改めて企業研究を行いましょう。
社長のビジョンや企業理念など、基本情報を再確認し、より踏み込んだ質問を受けた場合でもしっかり応えられるように準備しておくと良いでしょう。

企業側に逆質問をすることで「入社意欲が高い」と判断されることもあります。
しかし企業のパンフレットやwebサイトに目を通していればわかるような質問や福利厚生や待遇に関する質問などは、逆効果になるので注意が必要です。

最終面接では、一次面接や二次面接と同じ質問をあえてもう一度聞かれたり、エントリーシートの内容に触れた質問を受けたりすることもあります。
今までの面接を振り返るほか、エントリーシートを再度確認し、一次、二次面接で答えた内容と矛盾しないよう気を付け、一貫した回答を心がけましょう。

面接前日には、面接会場の場所や道順、開始時間などを再度確認しておきます。
電車やバスを利用する場合は遅延が発生することも。
時間に余裕を持って行動することで、多少の遅延は防ぐことができるでしょう。

おすすめ記事

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

就活生のためのお役立ち情報を無料でお届け!

LINE登録はこちら

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

就活に失敗したときの挽回方法

就活がうまくいかないときは

選考に落ちたときは

就活に失敗したときは

就活に不安を覚えるときは

面接に失敗したときは

就活を辞めたいと思ったときは

フリーターの就職支援
サービス紹介

LINE登録はこちら

20卒向け 実践!グループワークイベント実施中!

ページトップへ