事務職はどう書く!?職務経歴書の自己PRのコツ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 職務経歴書コラムTOP
  4. >
  5. 事務職はどう書く!?職務経歴書の自己PRのコツ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・事務職の採用でも活かせる能力があるかや自社で活躍できるか、マッチしているかなどがポイント
    ・事務経験やPCスキル、資格や自発的な姿勢、コミュニケーション能力などを意識してアピールしよう
    ・自己PRは自分目線でなく採用担当者目線で、具体的なエピソードを交えて説明する

職務経歴書の自己PRは、「どう書いていいか分からない」「書けるようなことがない」と悩む人が多い項目かもしれません。
しかし、自己PR欄は採用担当者が重視する項目であり、自分のことをアピールできる項目でもあります。せっかくのチャンスを逃さないよう、ポイントを押さえた自己PRにしましょう。
こちらのコラムでは、事務職の場合の自己PRの書き方や例文をご紹介します。

◆事務職の採用ポイントは?

事務職の場合も、ほかの職種と同様「その職で活かせる能力があるか」「自社で活躍できる/マッチしている人材か」という点が採用基準となります。
以下のようなポイントを意識してアピールしましょう。

・事務職で活かせる能力があるか
事務職の経験やPCスキル、事務処理能力など、事務職に活かせる経験や能力がある場合、評価に繋がりやすいため、積極的に盛り込みましょう。
事務やパソコン関連の資格などについてもアピールしてください。

・自発的に取り組む姿勢があるかどうか
言われたことだけに取り組むのではなく、自発的な姿勢があるかどうかも求められます。
自分から課題を見つけ、解決しようとする力や経験は重視されやすいでしょう。

・コミュニケーション能力はどうか
自社で活躍できる、マッチしているという点では、コミュニケーション能力が求められます。
職場内で円滑に仕事を進められるように配慮できる人材か、ということも大切です。


◆職務経歴書に自己PRを書くときのコツ

職務経歴書に書く自己PRは、応募先企業や希望する職種に合った内容にしましょう。

自己PRは、人事や担当者に「会ってみたい」「一緒に働きたい」と思ってもらうこと、つまり自社にマッチしていると思ってもらえることが大切です。そのため、アピールポイントは自分目線ではなく、応募先企業や採用担当者の目線で考えてみましょう。
仕事に直接活かせる経験や能力、職場で役立つ能力などは、具体的なエピーソードを交えて説明すると良いでしょう。

文章の構成は結論→根拠(エピソード)→実績、成果→まとめの順で書きましょう。また、アピールできる強みが多い場合は無理に文章にせず、箇条書きでも構いません。


◆事務職の自己PR例

以下に、自己PRの例文を挙げます。
事務職の自己PRに悩んでいる方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

(例)事務職未経験、販売職の経験をアピールする場合
前職では販売職をしておりました。そこで身につけた笑顔での対応やコミュニケーション能力は、どのような環境でも通用するスキルだと考えております。
また、Excelを使用した業務の経験もあります。常に店内に気を配り、お客様が見やすいようなレイアウトや商品の整理、品出しなどを心がけ、店内の在庫も把握していました。その結果、販売や接客、売上の計上、電話対応などの業務に留まらず、発注の補助、在庫管理なども任されるようになり、その際にExcelを使用しました。
事務は未経験ですが、これらのスキルを活かし、一刻も早く貴社で活躍できるように努めたいと考えております。

上記の例のように、具体的なエピソードや成果などを盛り込むとアピールポイントが伝わりやすくなるでしょう。

職務経歴書の書き方が分からない、自己PRをどう書けば良いのか迷う、などでお困りの方は、第三者に相談することもひとつの手段です。
ハタラクティブでは、書類の添削をはじめ、あなたの就職・転職活動を全面的にサポート。カウンセリングや面接対策、ちょっとした相談なども受け付けており、サービスは全て無料でご利用いただけます。
フリーター、第二新卒など若年層の就職・転職でお悩みの場合は、ぜひハタラクティブにご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ