転職エージェントとの面談のポイントを知ろう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 転職エージェントとの面談のポイントを知ろう

公開日:

最終更新日:

転職エージェントとの面談の流れは?

転職エージェントと面談やメール、電話を繰り返しながら、転職を希望する際は適した業界や企業を見つけ応募していくことになります。

転職活動の鍵を握っているともいえる転職エージェントとの面談では、何に気をつければ良いのでしょうか。

まず面談の流れをご紹介すると、WEBサイトなどから登録した後、初回面談では自己紹介から始まります。
その後、転職エージェントから転職に関する流れや手続き、業界の動向などが伝えられた上で、転職に関する具体的な行動が始まります。
登録者のこれまでの職歴を踏まえ、適性や自己PRポイントなどを整理していきます。
続いて転職をする理由を確認し、さらに転職後希望する条件を確認します。
これらの情報をもとに、転職エージェントが様々な求人を紹介していくという流れです。

一度の面談時間の目安は1時間前後であるため、比較的短時間で必要な情報を伝え合うことが重要だといえます。
そして転職が実現するまで、応募書類の添削や面接対策などのサポートが、メールや電話、面談などで行われます。

面談の事前に気をつけておきたいこと

面談の準備の中でよく迷うポイントとして、服装や持ち物があります。
転職エージェントとの面談では、基本的に服装は自由なところが多いです。スーツで面談する人もいますが、転職エージェントは服装で登録者を判断することはないため、リラックスできる服装で望むと良いでしょう。
ただしTシャツやハーフパンツなど、ラフ過ぎるものはビジネスマナーに反してしまいます。ビジネスマナーの範囲内であること、という条件を念頭に置いておきましょう。
また最低限必要な持ち物は、筆記用具です。転職エージェントから指示された持ち物があれば、忘れないようにしましょう。

おすすめなのは、職歴や得意分野、転職理由や希望する条件などをまとめたメモを持参することです。

短時間の面談で必要な情報を伝える必要があるため、伝えそびれのないように入念な準備が大切です。

面談当日におさえたいポイント

面談にあたって気をつけたいのは、面談での振る舞いの1つ1つが、転職エージェントにチェックされているということです。
たとえばビジネスマナーに即した服装や言葉遣いをしているか、転職に対して前向きな姿勢であるかといった基本的な事項や、登録者1人1人の個性や適性などが、面談を通して検討されていきます。

しかし心配はいりません。何か問題があるようなら、転職エージェントは必ずそれを伝えてくれます。
転職エージェントというのは、就活する上での問題点を改善していくことも行い、求職者の転職成功に導いてくれる存在なのです。
面談では転職エージェントと打ち解けながら、不安や疑問があればなんでも質問するようにしましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ