最終面接に向けて対策しておきたい3つのポイント

最終面接に向けて対策しておきたい3つのポイントの画像

◆どのようにして会社に貢献できるか伝える

最終面接の対策としては、事前にしっかりと準備することが必要不可欠です。また、面接官に会社への熱意をアピールするためのポイントは大きく分けて3つあります。

一つ目は、どのようにして会社に貢献できるかを伝えることです。
最終面接では取締役や人事の責任者など、会社の経営を担う人たちが面接官になります。
その人たちの心に響く受け答えができれば、内定がグッと近づきます。
そのために重要になるのが、学生時代に何を学び、それを会社の中でどのように活かすことができるのか具体的に伝えることです。

例えば学生時代に力を注いできたことが体育会系の部活動だったとします。
そこで忍耐力を身に付けて、コミュニケーションの大切さを学ぶことができたのであれば、それを活かすことができる会社の業務内容を具体的に挙げます。
その業務につくことが目的ではなく、自分の強みを活かせる職種を調べて、会社に貢献できるということをアピールすることが重要になるのです。

どの会社でも当てはまるような画一的なアピールではなく、その会社ならではの受け答えができるようになることが、最終面接の対策としては非常に有効です。

◆等身大の自分で面接に臨む

最終面接対策の二つ目のポイントは、等身大の自分で面接に挑む点です。
最終面接になると、どうしても合格したいという気持ちが強くなり、自分を大きく見せてしまいがちです。
けれども過度なアピールは誠実な印象を与えません。

せっかく最終面接までたどり着いたのに、マイナスイメージを持たれてしまうのは非常にもったいないです。
最終面接の準備をして質疑応答の対策をすることは大切ですが、それ以上に等身大の自分で勝負することも重要です。

また等身大の自分で面接に挑むことで、入社後もギャップのない部署への配属が期待できます。
最終面接は入社の可否を決めるだけでなく、配属先を選ぶ際の参考にもなります。
自分の向き不向きを会社にしっかりと理解してもらうことも、最終面接のポイントになるのです。

◆会社で働きたい熱意をアピールする

最終面接対策の三つ目のポイントは、その会社で働きたい熱意をアピールすることです。最終面接で、なぜこの会社を志望したか、会社のどのようなところを魅力に感じたのか、会社に入って具体的に何をしたいかなどを、素直な気持ちで話してみましょう。

熱意をもって質疑応答を行うことで、面接官の感情に訴えることが可能です。
ただし暑苦しくなるのは逆効果です。あくまで論理的な会話をベースとして、ときには感情的な話し方をすることで、効果的に熱意があることをアピールすることができるでしょう。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION