営業を辞めたいと思ったら考えること

営業を辞めたいと思ったら考えることの画像

営業職を辞めたいけど、どのように転職先の会社を決めたらよいかわからないと悩んでいませんか?営業職を辞めたいと思うよくある理由・営業の経験を活かして転職活動するヒント・エージェントの利用についてまとめました。ぜひ参考にして下さい。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

営業の仕事を辞めたいと感じる代表的な理由

・ノルマ

ノルマは、やりがいと達成感が感じられる反面、プレッシャーになってしまう人も少なくありません。
ノルマを達成できなかった時の口惜しさや罪悪感から自分を追いつめてしまうこともあるようです。

・不規則

残業時間が多いことで、仕事を辞めたいと感じる人が多いのもこの職種の特徴です。
営業の仕事は、取引先があってこその仕事なので、どうしても自分の采配だけで仕事を進めるわけにはいきません。
営業時間外や休日に、取引先に出向かなくてはいけないこともあります。

・向いていない

思うように結果を出せず、営業職は向いていないと感じて別の職種への転職を考える人もいます。
営業のコツをつかめずに向いていないと感じているのであれば、改善策もあるでしょう。
ただ、性格的なもので向き不向きがあることも事実。人見知りで人と接することが苦手な人が辞めたくなってしまうというケースもあるようです。

営業職で学んだことを活かして転職する

転職を考え始めたら、営業で得た知識や経験をどのように活かせるか考えましょう。
特にどのような職種に転職したいのか決まっていない場合は、この作業がポイントになってきます。
営業の仕事の中で、得意だったこと・身に付いたことを洗い出します。それらをベースに、できるだけ多くの職種をピックアップし、その中から自分の興味のある職種を絞り込みましょう。

もし、やってみたい仕事が決まっている場合も、同様に営業での経験をどのように活かせるか自分なりにまとめます。
具体的には、やってみたい仕事で求められる資質と営業で身に付けたスキルの共通点を探すことがポイントです。転職活動を成功させる強みになります。
例えば、接客業なら営業の基礎になるコミュニケーション能力を活かして働くことが可能ですし、営業で身に付いたプレゼンテーション能力は企画職や販売職で活かすことができるでしょう。
キャリアチェンジで採用の可能性が高いのは同業界の企業です。マーケットや商品・サービスに関する知識がある点を魅力的に感じる企業もあります。

転職・就職エージェントを利用する

転職を1人で進めるのが不安な場合は、正社員への就職・転職を専門に行っているエージェントを活用するのもおすすめです。
転職エージェントでは、転職にまつわるさまざまな悩みについて、転職や就職をサポートしてきたプロからアドバイスを受けることができます。
例えば、営業を辞めたいと感じていても、それは営業の仕事が合わないというより、その会社での働き方が合わないだけということも考えられます。
まず、自分だけで結論を出してしまう前に、プロに相談してみませんか?

転職・就活支援のハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーがマンツーマン体制で転職をサポートしています。将来の理想、自分が興味のある分野の整理、今までの経験などを棚卸したうえで、どのような職種や業界があなたに向いているかをアドバイスさせていただきます。
また、気になる企業について求人サイトには掲載されていない豊富な情報を知ることができるというメリットも。企業が求める人物像、経営者の考え方、組織風土など、転職活動中に役立つ情報を詳しく知ることができます。

転職・就職をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。
高卒・既卒・第二新卒・フリーターの方を中心とした若年層向けの多彩な正社員求人をご案内しています。

この記事に関連するタグ