ホワイト企業の特徴とは?働きやすい職場の見分け方

ホワイト企業の特徴とは?働きやすい職場の見分け方の画像

 

ホワイト企業と呼ばれる会社には、いくつかの共通点が存在しています。それらを知ることで、正社員として働きやすい会社かどうかを見分けやすくなるはず。ホワイト企業に就職・転職したい方は必見です。

 

ホワイト企業の見分け方とは?

ホワイト企業とは、働きやすい会社のことをいいます。劣悪な環境下で労働させる、いわゆる「ブラック企業」とは正反対という意味合いから「ホワイト企業」と表現されています。

ホワイト企業が働きやすいということは、労働条件が良いということでもあります。では、具体的にどんな労働条件の良さがあるのでしょうか?ホワイト企業を見分けるコツをいくつかご紹介します。

①給料が良い

ホワイト企業は、仕事量が多すぎることなく、労働負荷が低いといわれています。また、仕事量に対して給料が高いという特徴もあります。

②3年後定着率が高い

「3年後定着率」とは、新卒の就職者が入社3年後に在籍している割合のことです。退職者が少ないほど定着率は高く、それだけ働きやすい職場であるといえます。

③福利厚生が手厚い

手当てや休暇制度などの福利厚生が充実している企業では、豊かなワークライフを送ることができます。福利厚生が手厚いということは、それだけ社員を大切にしているともいえます。

④女性が長く働ける

女性は、結婚・出産・育児などでライフステージがめまぐるしく変化します。それらに合わせて無理なく働きつづけられるということは、女性に対する理解が会社側にあるということ。女性社員が大切にされ長く働ける会社は、ホワイト企業といえます。

 

「自分の会社とは大違いだ…」と思った方はいませんか?上記と正反対の事例が当てはまるようなら、あなたの会社はブラック企業かもしれません。

働きやすさが魅力のホワイト企業。3年後定着率が高い企業の正社員は、勤続年数も長くなる傾向があります。

正社員として長く安定して働ける会社には、次のような特徴が見られます。

 

・残業時間の削減・・・定時退社奨励、ノー残業デー・残業時間削減の実施など
・柔軟な勤務体制・・・フレックスタイム制度、在宅勤務制度など
・子育て世代への配慮・・・育児休業、時短勤務、ベビーシッター補助制度など
・社員の自己啓発を応援・・・資格取得奨励制度、語学留学制度、通信教育制度など
・女性の活用・・・積極的な女性の管理職登用

残業が少ない、家庭と仕事との両立が図れるなど、ホワイト企業はワークライフバランスがとれていることがわかります。
また、社員のやる気や能力を引き出すための制度も充実しています。仕事に対してやりがいを持てる会社、自分らしく働ける会社こそがホワイト企業なのです。
正社員で就職するなら、そんな企業を選びたいですね。


ホワイト企業は大手に限られているわけではありません。規模が小さくても有名ではなくても、働きやすい会社はたくさんあります。そんな数あるホワイト企業の中から、自分にぴったりの会社を探したいという方は、ハタラクティブをぜひご利用ください。
ハタラクティブでは、第二新卒向けのホワイト企業の求人がとても豊富です。各業界に精通したキャリアコンサルタントが、あなたにぴったりのホワイト企業をご紹介いたします。
ホワイト企業への就職・転職を目指すフリーターや第二新卒の方は、ハタラクティブにぜひご応募ください。

 

 

 

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION