レジリエンスの鍛え方とは?5つの方法をご紹介!

レジリエンスの鍛え方とは?5つの方法をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • レジリエンスとは心理学の言葉で、「回復力」「抵抗力」「復元力」などを意味する
  • レジリエンスを高めることで、精神的なダメージから立ち直りやすくなるといわれている
  • レジリエンスを鍛えるために、スポーツやヨガなどで五感を刺激することが大切
  • レジリエンスを鍛えるためには、感情をコントロールすることが重要
  • 感情をコントロールするために、紙などに書いて気持ちを視覚化してみよう
  • 小さな目標を定めて達成感を得ることも、レジリエンスを高めるために役立つ
  • レジリエンスを高めるために、思い切って環境を変えてみるのも方法の1つ

「レジリエンス」とは何かを知らない方に向けて、このコラムでは意味や鍛え方について紹介します。レジリエンスとは、「回復力」「抵抗力」「復元力」などを意味する心理学の用語です。レジリエンスを高めることで精神的なダメージから立ち直りやすくなるといわれ、近年ではビジネスシーンでも注目されているようです。「レジリエンス」の概要や鍛え方について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

レジリエンスとは?

「レジリエンス」とは、心理学から来た言葉で、「回復力」「抵抗力」「復元力」などを意味します。意味を見ただけでもポジティブな言葉ということが分かるように、レジリエンスを鍛えれば、何かに失敗して心にダメージを負ったとしても、すぐに立ち直れる人間になりやすいといわれています。レジリエンスの向上は、生活全般だけではなく仕事にも応用できるので、企業やビジネスマンの間で年々注目度が高まっているようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

レジリエンスの鍛え方とは?

精神的にダメージを受けたとしても、人間には回復する力が備わっています。しかし、現実には立ち直りが早い人と遅い人がいて、個人によって大きな差が生まれているようです。なかなか立ち直れないという人がレジリエンスを高めるためには、どのようにしたら良いのでしょうか。以下で、レジリエンスの鍛え方をまとめました。

頭で考え過ぎず、五感を刺激する

落ち込んだときは、その負の感情を大きくせず、小さいままに留めることと、マイナスになった心をプラスにすることが必要になってきます。これらを行うためにはまず頭で考えすぎず、スポーツやヨガ、音楽など五感を刺激してみるのがおすすめです。五感を刺激する行動に没頭することで、嫌な気持ちが薄らいでいくことでしょう。

負の感情を視覚化する

自分の負の感情を視覚化させることも、レジリエンスを鍛える上で重要なポイントです。自分の感情をコントロールしやすくするには、気持ちを紙などに書き、一度感情を視覚化してみることをおすすめします。また、ネガティブな考えを最小限に留めるためにも、紙に書きだした自分の今の状態がどのようなものなのか客観化し、点数をつけてみると良いでしょう。これを習慣にするとデータがたまり、ある程度自分の感情の状態が把握できるようになります。数字とともに、どんなことがきっかけでこの状態になったのかを記載しておくと、同じような状態になったときの参考にもなるでしょう。

ネガティブな感情をコントロールしたら、ポジティブな行動を取ろう

レジリエンスを鍛えるためにはマイナスの感情を制御するだけでは不十分です。同時にプラスの行動をとることによって、レジリエンスは大きく向上するでしょう。もし、「自分には無理だ」などのネガティブな考え方が日常化している場合、レジリエンスは低い傾向にあります。自分に自信をつけるためにも、まずは普段からポジティブな行動を取るよう心がけましょう。ポジティブシンキングを身につけよう!メリットとデメリットについて解説」では、ポジティブシンキングを身につける方法やメリット・デメリットなどを紹介しているので、参考にしてみてください。

目標を定めて達成する

自信をつけるためにも、まずは、どんな小さなものでも良いので何か目標を定め、確実に達成できる努力をしましょう。繰り返しになりますが、目標は、小さいもので構いません。達成感を得られることで、人は自信が出てくるもの。達成の積み重ねの体験は、レジリエンス向上に重要なポイントです。

自分に自信をつけるためには

自分に自信をつけるためには、「自分で自分を褒める」「心の声を大切にする」「SNSから離れてみる」などの方法も有効です。また、仕事の自信をつけるためには、失敗を恐れずに挑戦してみることが大切。仕事で役に立つ資格やスキルを取得するのもおすすめです。「自分に自信が持てない原因とは?自己肯定感を高める方法を紹介」では、自分に自信が持てない原因や自信をつける方法などを具体的に解説しているので、参考にしてみてください。

環境を変える

自分に自信が出てきたら、自分の良いところも自ずと見えてくるでしょう。長所が分かれば、それを伸ばせる環境に身を投じることができます。環境を思い切って変えてみるのもレジリエンスを高める方法の1つです。その結果として何か良いことが起きたときには、その巡り合わせに感謝することができるようになるでしょう。もし、新しい環境に飛び込むことに不安を感じる場合は、「新しい環境で不安を解消する14の方法を解説!ストレスを発散しよう」のコラムでも、不安を感じる理由や解消する方法などを紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

レジリエンスは一人で鍛えるだけではなく、第三者から教わることも多くあります。ハタラクティブでは就職活動を専門とする就活アドバイザーとマンツーマンで話し合いができるので、正社員への道が開けるだけでなく、レジリエンス向上に役立つこともあるでしょう。就職活動でお困りの際は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ