マイナス思考の治し方とは?ネガティブな性格を改善する方法を解説

マイナス思考の治し方とは?ネガティブな性格を改善する方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • マイナス思考な人は自分に自信を持てず、物事を悪い方に考えてしまう傾向にある
  • マイナス思考の治し方として、物事を前向きに捉えることが挙げられる
  • 「でも」「だって」「~ない」など、否定的な言葉を使わないよう心掛けるることが重要
  • 他人と自分を比較しない「他所は他所、うちはうち」精神がマイナス思考克服のカギ

マイナス思考の治し方には、どのようなものがあるのでしょうか。マイナス思考は、ときに自分の可能性を潰してしまったり人間関係を悪化させてしまったりすることも。このコラムでは、マイナス思考が与える影響を踏まえながら、改善方法について解説します。「もっと物事をプラスに捉えてポジティブになりたい」という方は、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

マイナス思考が及ぼす影響

「自分は何をやってもダメだ」「うまくいくはずがない」と常にネガティブな考え方をしている人は、自分に自信が持てなくなり、性格も外見も良くない方向へ変わってしまうことがあります。「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」という言葉どおり、思考や性格はその人の容姿にも影響を与えてしまう可能性があります。マイナス思考がマイナス要素をどんどん生み出す負のスパイラルから抜け出せなくなる前に、考え方を変えてプラス思考に持っていくよう努力しましょう。「そもそも、プラス思考とはどういう考え方のこと?」という人は、こちらのコラム「プラス思考になる方法とは?すぐできる効果的な手段をご紹介」を参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

マイナス思考の治し方

前述のとおり、マイナス思考からプラス思考へ変換することで、物事を前向きに捉えることができます。では、プラス思考とはどのような状態を指すのでしょうか。プラス思考は、単に「大丈夫」と根拠のないポジティブな思い込みをするものではなく、具体的に何をすれば良い結果を生み出せるのかを導き出すきっかけを与えるものです。たとえば「うまくいくはずがない」と考えるのではなく、「今は自信がないけれど、努力して成功させる確率を上げよう」と考えてみてください。あるいは「失敗しても何かを学べる」と考えるのも良いでしょう。マイナス思考的な考えをすればそれ以上何も生み出せませんが、プラス思考をすればその次に何をするべきかの道筋が見えてくるでしょう。では、マイナス思考を改善するために、どのようなことに取り組むと良いのでしょうか。改善方法を以下に挙げているので、コラム「ポジティブシンキングを身につけよう!メリットとデメリットについて解説」と併せてチェックしてみてください。

否定的な言葉を使わないよう心掛ける

「でも」「だって」などのD言葉や「〜ない」をはじめとするN言葉の多用は、マイナス思考の種を作る原因の一つといえます。ネガティブな言葉を使わないように心掛けるのは、とても大切なことです。もしも、これらの言葉が口癖になってしまっていたら、今から変えるように努力しましょう。「でも」「だって」の場合、相手の意見をまず否定することから言い始めています。これが習慣になってしまった場合、いずれは他人だけではなく、自分で自分の意見を否定するという悪循環に陥ってしまうかもしれません。さらに、否定的な言葉は相手に「この人に嫌われているかも…」と誤解されてしまう恐れもあります。人間関係で新たな悩みを生み出さないためにも、否定的な言葉は避けたいものです。

他人と自分を比較しない

マイナス思考は、他者との比較から始まることも多くあります。「あの人はこうなのに自分は…」という考えをしていても、何も始まらないでしょう。子どもの頃、親に「他所は他所、うちはうち」と言われたことはありませんか?この言葉は、実はとてもポジティブな考え方なのです。SNSを見ていると、多くの人が充実した人生を楽しんでいるかのように見えます。しかし見方を変えれば、自分に自信があり本当に人生を楽しんでいるのであれば、わざわざSNSで発信して楽しんでいることをアピールする必要はないかもしれません。他人の投稿を見て羨ましがったり、対抗して無理に毎日を楽しんでいるふりをしたりしなくて良いのです。人生は、何が幸福で何が不幸なのか分からないもの。他人に嫉妬している自分に気づいたら、「他所は他所、うちはうち」を思い出してみましょう。ただし、他者との比較は競争原理が働きモチベーションの向上に繋がることもあるので、すべてを否定できません。「あの人を超えるために自分はどのような努力ができるのか」と考えることは、プラス思考といえます。「同期の出世なんて気にしない、理想の比較対象は自分自身」では、他人に嫉妬をせずに自分なりの目標を設定するコツをご紹介しています。

もしも、正社員になりたいのにマイナス思考が働いてしまい応募を躊躇させているのなら、ハタラクティブに相談してみませんか?ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職エージェント。ヒアリングから内定獲得までトータルでサポートしながら、正社員への第一歩を後押しします。

この記事に関連するタグ