1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒が転職するときに気をつけなきゃいけない事

第二新卒が転職するときに気をつけなきゃいけない事

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

◆同じ轍は踏まないようにすること

第二新卒とは、新卒で就職してから3年以内に会社を辞めたり転職したりする人たちのことです。

第二新卒の転職活動のキーワードでまず始めに挙げられるのが、『前回の失敗を繰り返さない』ことです。

学生時代の就職活動は社会をまだ知らない故に、求人情報を鵜呑みにしすぎてしまったり、企業に対して夢を描いてしまったりと、今から思えば純粋過ぎたところが思い当たるかもしれません。
すでに社会にデビューした第二新卒は、学生よりも社会の厳しさやビジネスに対しての考え方がより深まっていることでしょう。前回で失敗した点を反省し、企業を見る目を鋭く磨いておくことが大切です。
また、学生時代は業種や職種にこだわらず、どこでもいいからと、手当たり次第正社員になることだけを目標として履歴書を送っていたかもしれませんが、第二新卒になった今は、前職の経験を生かせる業種や職種、働いているうちに見えてきた自分が本当にやりたい仕事ができる会社を見極める力もつけましょう。

◆第二新卒には求められる第二新卒像がある

中途採用者の中でも若い第二新卒者は、新卒よりも知識や経験があるにも関わらず、まだ若く伸びしろがあるので多くの企業から好まれる傾向があります。

しかし、それと同時に企業が求める第二新卒には特徴があり、その特徴を活かした転職活動をしなければ、なかなか採用までに至ることは難しいでしょう。

企業は中途採用者に対して教育コストをかけたくはなく、むしろ即戦力を求めています。ですから、最低限の敬語の使い方やビジネスマナーはもちろん、業種や職種へのある程度の知識も求めていることが一般的です。

第二新卒が転職をする際には、前に勤めていた会社と同業か、あるいは前回の職種が営業職だったなら次の職も営業職など、経験がある職場に応募したほうが良いでしょう。
何の予備知識もないのに興味だけで全く新しい世界に飛び込むのは第二新卒の転職としてはリスクを伴います。人脈がまだない第二新卒は、新しい畑に行くのはなかなか難しいことだと覚えておきましょう。
どうしてもやりたいことがあって職業の分野を変えたいのなら、資格を取得するなど、相手を納得させられる武器を持つことが大切だと考えられます。

◆一人で転職を思いつめないことも大切

今の会社の職場や上司などになじめず、転職をしたいと日々考えている人は、一人で悩んでいないでまずは誰かに相談してみましょう。
家族や親友、恋人など親しい人たちから意見や情報がもらえるかもしれません。転職の意志はなるべく勤めている会社に知られないようにしたいところですね。
もしも周りに相談できる人がいなければ、信頼できる転職エージェントから、転職で手に入れられるメリットと失うデメリットをよく聞いてみるといいかもしれません。

ハタラクティブは第二新卒の転職支援をするエージェントの一つです。無料で相談できるので、頭の中に転職の文字が浮かぶようになったら相談してみてはいかがでしょうか。就活アドバイザーが一対一でお話を伺います。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる