就職を有利にするための資格について検討してみよう!

就職を有利にするための資格について検討してみよう!の画像

この記事のまとめ

  • 就職が有利になるのは、企業に求められているスキル以上の資格
  • 介護福祉業界の場合、介護職員初任者研修、介護福祉士など
  • IT業界の場合、まずはITパスポート
  • 建設業界は、施工管理技士
  • MOSなど、汎用性の高い資格もおすすめ

就活を優位に進めるために資格を取得することで、それが自信へとつながることもあります。

しかし、資格は業界ごとに必要なものが異なるので、どのような勉強をしたら良いのか悩む人もいるでしょう。 

当コラムでは、就職で有利になりそうな資格を業界別で紹介、また汎用性の高い資格について解説を行います。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆就職が有利になる資格、ならない資格とは?

就職が有利になる資格は応募する仕事によって異なってきます。

外資系であれば語学関係、不動産なら宅建士など、その業界に合わせた資格を取得しておく必要があります。 
しかし、仕事に関係がある資格を持ってさえいれば、それで良いというわけではありません。

その資格が求められているスキルレベルより低い場合は、逆効果になってしまう場合もあります。 
例えば、外資系は英語力が問われますが、そこで英検3級をアピールしたとしても逆効果となる可能性が高いでしょう。 
企業が求めるレベルは、実務に通用する内容であることがほとんどです。取得する難易度が比較的低い資格は評価され難い傾向にあります。 
志望意欲を示す上では若干役に立つこともありますが、取得に要する時間を考えると割に合わないケースも多いでしょう。

とりあえず資格を取るのではなく、その資格を取ることで企業にアピールできるかどうかをよく検討してから資格に向けた勉強を行いましょう。


◆就活する前に取っておきたい!業界別、役立つ資格!

取得すると内定がぐっと近づきそうな資格を、業界別にいくつか紹介します。

介護福祉業界であれば、介護職員初任者研修、介護福祉士を持っておくと良いでしょう。
介護職員初任者研修は介護業界を目指す上での登竜門的な資格で、最近では家庭内での介護にもいかせる知識として有用です。 
介護福祉士は介護のリーダー的存在であり、介護サービスの中心を担っているといっても過言ではありません。

IT業界の場合、分野によって必要な取得は細分化されていますが、基礎知識の習得であればITパスポート試験がおすすめです。
ITパスポートは大手企業でも取得を推奨している会社が多く、メジャーな国家資格です。 
これを持っていれば大丈夫、というものではありませんが、これから会社で働く上で必要なITを的確に学ぶことができます。

建設業界では施工管理技士の取得が有効です。
施工管理技士の資格を持っていれば責任のある資格を任されやすくなり、昇進・昇給が期待できます。


◆広く浅く!オールマイティな資格を取得するのも就活成功への第一歩?

自分の志望する業界を絞り切れず、迷っている方もいるでしょう。

そのような方は専門的な資格ではなく、どんな業界であってもスタンダードに役立つ資格を取得するのもひとつの手段です。

例えばMOS(Microsoft Office Specialist)などは汎用性がかなり高い資格です。
マイクロソフト・オフィスのワード、エクセル、パワーポイントなどはありとあらゆる仕事で使用されているからです。

これらの知識に詳しければ仕事の能率UPが望めます。

業界を問わず需要があり、金銭の流れを理解できる日商簿記検定もオールマイティな資格と言えます。

ビジネスマナーやコミュニケーション能力が備わっている印象を与えることができる秘書検定もおすすめです。

また、学生の間に取得する人も多い非常にメジャーな資格である普通自動車運転免許はぜひ押さえておきたい資格の一つ。

日常生活で車を運転する機会が少ないので必要ない、と思う人もいるかもしれませんが、普通自動車運転免許は営業職では必須の業界も多いということを認識しておきましょう。


ハタラクティブは、20代を中心とした若者向けの就職支援サービスを無料で行っています。

就活する上で資格を取りたいと思った時、おすすめの情報を提案することも可能です。有益な資格を取得して就活成功の一歩を踏み出しましょう。

経験豊富な就活アドバイザーがそろっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ