文系就職に有利な資格は?独学や短期間で目指せるおすすめのスキルも紹介

文系就職に有利な資格は?独学や短期間で目指せるおすすめのスキルも紹介の画像

この記事のまとめ

  • 文系が就職に向けて資格を取得することで、専門性を高められる
  • 文系の就職で有利になる資格は、汎用性の高い資格
  • 文系がどの資格を取得するか悩んだら、業務に関連するものを選ぼう

文系は理系に比べて汎用性が高いといわれており、資格の有無が就職に影響することは少ないとされています。とはいえ、資格があればスキルのアピールになることも。このコラムでは、文系出身者におすすめの資格について紹介しています。「文系はなにがアピールできるのだろう」と考えているなら、汎用的なビジネススキルをアピールできる資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

文系の就職で資格が有利になる理由

文系出身者が資格を取得することで、専門性を高めることにつながります。また、業務に関する資格だけでなく、資格を取得する経緯が評価されることも。資格の勉強をするなかで業務に興味が持てるか、適性があるかを判断する材料にもなるでしょう。

資格を取得する過程で専門知識を身につけられる

資格取得に向けて勉強するなかで、専門知識が身につきます。文系出身者のなかには専門性に欠けることが悩み、という方もいるようですが、資格があれば専門性がある証明になるでしょう。

選考で有利になる場合がある

資格を持っていることで選考で有利になる可能性もあります。独占業務資格や名称独占資格が必要な仕事はもちろんですが、簿記やTOEICといった汎用性の高い資格も、充分アピール材料になるでしょう。
文系の場合は専門性よりも人柄や汎用性、ポテンシャルを重視される傾向があります。資格を持っていることで専門知識はもちろん、「資格を取得した努力」「取得に向けて取り組む姿勢」「計画性」などを見られることも。仕事への取り組み方の指針になるため、評価される可能性があります。

資格の勉強過程で仕事に適性があるか判断できる

就きたい仕事や興味のある分野に関する資格を取得することで、仕事そのものに適性があるか判断もできます。取得に向けて勉強するなかで興味が薄れたり、なかなか勉強が進まなかったりすれば、適性がないという判断に繋がると考えられることも。取得に向けた勉強が苦にならない、より深い知識を身に着けたいと思えるなら、資格に関連する仕事に適性があるといえるでしょう。

文系の就職に有利になる資格の選び方

文系の方が就職に向けて資格を取得しようと考えたとき、どんな資格を取得するか悩んだら「業務に関連する資格」「汎用性の高い資格」などを選ぶのがポイントです。

応募先の業務と関連性の高い資格

取得する資格は、応募先の業務と関連性の高い資格を選びましょう。応募先の仕事に関係のある資格を取得していれば、志望度の強さをアピールできます。たとえば、経理職を希望している人が簿記やファイナンシャル・プランニング技能検定を持っていれば、「仕事に興味がある」「仕事に活かせる知識を持っている」と評価される可能性が高いです。

汎用性の高い資格

どの資格を取得するか悩んだら、汎用性の高いものを選ぶのもひとつの方法です。たとえば秘書検定や簿記、TOEICなどはどんな仕事でも活用できる基本的なビジネススキルや社会人としての知識を身につけられます。志望する仕事に関連する資格がない、という場合もおすすめです。

価値の高い資格

国家資格など、取得難易度が高く保有していること自体に価値がある資格を取得するのもいいでしょう。取得難易度が高いということは、取得まで相当な努力をした証明になります。

最初から難易度の高い資格は選ばない

すでに関連する資格を持っていたり、知識があったりするなら国家資格などに挑戦してもいいですが、いきなり難易度の高い資格に挑戦するのは危険です。
述べたように、難易度が高いということは取得までの時間がかかりやすくなるということ。就職のために資格を取得するはずが、資格取得が目的になってしまうと年令を重ねてしまい、就職が遠のく可能性もあります。

文系の就職におすすめの資格一覧

この項目では、文系の就職を目指す場合に有利になる資格を紹介していきます。自分が進みたい道で活かすことができる資格であるのかを判断しながら考えてみてください。

情報処理技術者

情報処理技術者は、システムエンジニアやプログラマーなどIT職に役立つ資格です。国家資格なので知識が充分にあることのアピールにもなるでしょう。

TOEIC

TOEICはビジネス英会話のスキルを証明するもの。990点満点のうち取得したスコアでスキルが判断され、一般的な就活では600点以上、750点以上あるとアピールになるとされています。TOEICをアピールする方法については、「TOEICは就職に有利?取得しておきたい点数やアピール方法を解説」で解説しています。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストは、通称「MOS」と呼ばれており、マイクロソフト社が提供しているパソコンソフトを使えるスキルがあることを示します。多くの仕事ではワード・エクセルを使用するため、基礎的なパソコンスキルの証明になるでしょう。

簿記

簿記は経理に関する知識を証明する資格です。ビジネスにおけるお金の流れが理解できるため、経理職はもちろん、営業などの仕事でも役立つのが特徴。ただし「簿記は就職で役に立たない?資格の活かし方や就活で有利になる理由を紹介」でも説明しているように取得者が多いため、プラスのアピールが求められます。

秘書検定

秘書を志望しなくても持っておきたい基本の資格といえるでしょう。秘書検定では基本的なビジネスマナーを学べます。特に文系出身者は営業職など社内外の人とやり取りする機会が多いため、取得することで自信を持って業務に取り組めるようになることも。初めてビジネスに関する資格を取得しようと考えているなら、秘書検定からスタートするのがおすすめです。

宅建

宅建(宅地建物取引士)は、不動産関連で欠かせない資格のひとつです。不動産業界の仕事のなかには宅建士を取得している人にしかできない仕事があり、かつ「宅地建物取引業」を行う場合は宅建の有資格者を規定の人数配置する義務も。このため不動産業界や、不動産の取引を行う仕事では必要不可欠な資格といえます。詳しくは「宅建は就職に有利になる?向いている人や就活でアピールするコツ」のコラムをご覧ください。

文系の就職に役立つ資格はどうやって勉強する?

文系の就職に役立つ資格の取り方を3つ紹介します。

参考書や過去問を活用して独学する

1つ目は、独学で資格取得に励むことです、試験日程などはインターネットで簡単に手に入れることができるので、勉強面をクリアすることができれば、十分合格をすることができる方法です。

スクールに通う

2つ目は、資格取得のためにスクールに通うことです。資格取得をするために、試験合格に向けての専門知識を持った教員からの指導は、お金はかかりますが、確実に合格に向けて大きな前進になるでしょう。また、スクールなどで学んだという経験が受験条件になっている資格もあります。

通信講座を活用する

3つ目は、通信講座です。通信講座は、独学のように自宅や好きな場所で学ぶことができますが、提出期限などが設けられたり、合格に向けての専門テキストがあったりするなど受験生としてのスケジューリングができるため、マイペースで取り組むことが苦手という人におすすめです。

資格取得が必須でない場合は無理をしないことも大切

応募に際して資格取得が必須ではない場合は無理をしないようにしましょう。資格を持っていないと就職できない企業や業界もありますが、持っていなくても就職できる場合が多いです。入社してから社内で資格取得への応援制度がある企業もあります。資格取得が目的になり、就職そのものが遅くならないよう注意しましょう。

「資格がなくても就職できる企業を知りたい」「資格がない場合のアピールポイントは?」など、文系で就職に悩んだらハタラクティブにご相談ください!
ハタラクティブは、若年層向けの就職エージェント。扱う求人の多くは「未経験歓迎」「経歴不問」なので、資格がなくても挑戦できる求人をご紹介します。
専任の担当者がマンツーマンで就職支援を行うので、カウンセリングを通して自分のアピールポイントや志望動機を確認してまとめるお手伝いもOK。第三者の目線から、強みやて適性を判断いたします。就職でお悩みならぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ