自分に自信をつける方法とは?前向きに生きるコツ!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分に自信をつける方法とは?前向きに生きるコツ!

公開日:

最終更新日:

自分に自信がない人は、人に認められたい欲求が強いために、人の目を気にし、常に他人と比べてばかりいる傾向があります。自分に自信をつけることで、ムダなストレスから解放され、人生を前向きに考えることができるようになるでしょう。ここでは自分に自信をつける方法についてご説明します。

◆自信がない人にありがちなこととは?

自分に自信をつける方法とはどのようなものがあるでしょうか。自信がない人は、自己肯定感が低いという傾向があります。自己肯定感が低いと、人にほめられても素直に喜べず、怒られると必要以上に落ち込むか、逆上することもあります。
「自分はいつもできない」と思っているので、常に人の目を気にして行動します。中には自分や身内の自慢話ばかりしたり、他人の批判ばかりする人もいます。
自分に自信がないために、「人に認められたい」という欲求が大きいと言えます。高価なブランドのものを身につけることで安心するタイプの人もいるかもしれません。
また、完璧主義で、理想が高すぎる傾向もあるでしょう。少しでもできないことがあると落ち込んでしまい、完璧にしようと必死になってしまいます。
いつも他人と比べてしまい、他人より自分が劣っている部分を気にしすぎるのも自信がない人にありがちです。

◆自分に自信をつけるためのコツ

自分に自信をつけるには、小さなことでもいいので成功体験を積むことが大切です。

何かを達成したり経験することで自信がつき、緊張することも少なくなるでしょう。

例えば、毎日筋トレをするなど、決めたことを続けるということだけでも違います。
また、自分以外の誰かのためになることをする、ということも効果的です。人のために尽くすこと、誰かの役に立つということは、生きるうえでの大きな活力となり自分の自信へとつながる可能性があります。
それによって人に感謝されたり、頼られたりすることもまた自信をつけるきっかけになるでしょう。仕事においても、怒られるよりも期待されたほうが力を発揮できるのではないでしょうか。
そして、他人と比べないことが大事です。他人と自分は違う、と割り切って自分のいい面を伸ばすようにしましょう。
自分に自信がない人はそれを隠すために虚勢を張っている人も多いですが、自分の欠点はきちんと受け止めたうえで、長所も認めてあげることも効果があるでしょう。

◆自分に自信がある人ばかりではない

自信がないことはネガティブに捉えられますが、何もかもに自信がある人はなかなかいません。

「自分に自信がある」と言える人のほうが少ないのではないでしょうか。

そもそも自信がないことは悪いことだけではありません。自信過剰は慢心を招き、自分を過信しすぎてミスが増えたり、努力を怠ったりすることも考えられます。
一方で自信がない人は、自分に足りない部分を補おうとして努力し、結果的に成長することもあるでしょう。
就職活動をしている人の中には、内定をなかなかもらえずに自分に自信が持てなくなっている人もいるかもしれません。自分に自信がもてないと、面接でもうまくアピールすることができずに、相手に暗い印象を与えてしまいます。
自分に自信を持つためにも、面接対策をしっかりと行い、成功体験を積み重ねていきましょう。
ハタラクティブは20代の若手を中心に職業紹介を行っている転職エージェントです。就活が初めての方や、正社員経験がない方にも、履歴書の書き方や面接の練習など丁寧にアドバイスしていますので、ぜひ1度ご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ