1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒と第二新卒、何が違う?仕事探しのポイントとは

既卒と第二新卒、何が違う?仕事探しのポイントとは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・既卒とは、学校を卒業してから一度も正社員として働いたことがない人

    ・第二新卒とは、新卒で入社した会社をおよそ3年以内に辞めた人

    ・既卒が就職するには過去の失敗を素直に認め、反省を活かす姿勢をアピールしよう

    ・第二新卒が転職を成功させるには、就活の失敗を振り返り現職の不満を整理しよう

20代の方が就職・転職を考え始めると目に入りやすい言葉といえば、「既卒」と「第二新卒」というワード。

今回のコラムではこの「既卒」と「第二新卒」の意味や違いについて解説します。

この2つに該当する方は、既卒と第二新卒が就活・転職活動をする際のポイントについても考えていきましょう。

既卒ってどんな人?

既卒、第二新卒はその意味を混同されがちですが、実は両者の定義はまったく異なります。

まず既卒についてですが、既卒とは高校や大学、専門学校を卒業後、正規社員として1度も就職したことがない人のことで、 簡単に言えば「学校卒業後、正社員経験がない人」です。学校卒業後、アルバイトなどでどれだけ経験を積んでいても、正社員として働いていないのであれば人材市場では「既卒」として扱われます。 

既卒の場合は新卒枠ではなく、中途採用の枠で入社試験を受けなければいけないことがほとんどです。新卒は「のびしろ」や「ポテンシャル」を期待されて採用されることが多いですが、既卒は中途採用の基準に照らし合わせるので、能力や経験を元に合否を判断されることが新卒との大きな違いです。 

ただ、2010年に厚生労働省が「大学卒業後3年以内の既卒は新卒として扱うこと」と通達を出したことにより、最近は既卒者を新卒者と同様に扱う企業が増えています。

第二新卒の定義とは

それに対し、第二新卒は学校を卒業して1度正社員として就職したものの、短期間で退職した人のことを言います。

一般的には卒業から3年以内がその目安で、“社会人経験がある”ことが既卒との大きな違いです。

企業からすると、たとえ数年でも勤務経験があればビジネスマナーなどの初期教育は終了しているはずなので、新卒より教育コストがかからず、一方で前職の年数が浅いので自社になじみやすいといったメリットがあります。

第二新卒を積極的に採用している企業は多くあり、「新卒よりは採用基準が厳しくなるが、正社員経験のない既卒よりは有利」というのが第二新卒に対する一般的な見方です。 

転職サイトをのぞいてみると「第二新卒歓迎」といった広告をよく見かけることからも、第二新卒の需要が少なくないことがわかるでしょう。キャリアの浅い第二新卒は、スキルや経験よりも本人のやる気や入社への意欲など、採用基準が「人柄」を重視される傾向にあります。 

既卒が就職を成功させるコツ!

 企業は既卒者に対して、「なぜ在学中に就職活動が成功しなかったのか」「努力できない人なのでは」といった疑問や不安を抱いています。

既卒として就職活動をする人はこのような企業側の視点を理解し、新卒で就職しなかったことに対する説明をしなければなりません。

夢を追っていた、就職活動の軸が定まらず失敗したなど、就職しなかった事情はさまざまでしょう。面接において大切なのは、就職しなかった理由や原因を振り返り、反省している姿勢を見せることです。

「自分の能力を理解できる企業がなかった」など、就職できなかった理由を相手に押し付けるような発言は絶対にNG。

当時の自分に足りなかった点を素直に認め、反省を今後に活かす意思を示せるかが面接突破の鍵となるでしょう。

ほかに既卒の就活のポイントは、一刻も早く仕事探しを始めることです。卒業後長い期間が経つと新卒枠での採用が難しくなり、経験やスキルが豊富な中途の人たちと争うことになります。

少しでも有利な条件で就職活動をするには、今すぐ行動を起こしましょう!

第二新卒は社会人扱い。新卒の気持ちで面接に行ってはダメ

 第二新卒は若く柔軟性のある人材と評価されますが、新卒と同じ気持ちで転職活動をすると成功は遠のいてしまいます。

たとえ短い期間であっても、第二新卒は社会人経験がある大人として評価されるため、基本的なビジネスマナーが守れているかは面接通過の絶対条件です。

また、第二新卒の転職活動で大切なのは新卒時の失敗を活かすこと。

新卒入社した会社が合わなかった理由を分析すると、入社前の企業研究不足、適性を図るための自己分析不足といった原因が浮かび上がってくるのではないでしょうか?

今の仕事が嫌だからと闇雲に転職活動をしても、理想の職場に巡り合うことはできません。第二新卒の方は現職の不満を整理し、次の職場に自分が何を求めるのか、その条件を明確にしていきましょう。

 

自分に合った仕事探しを

就活市場においては「既卒」と「第二新卒」は扱いも異なりますので、新卒と同じような意識で就活をしてしまうとうまくいかないかもしれません。

新卒のときには自分の夢ややりたいことからまず業種を絞る人が多いでしょうが、既卒・第二新卒の場合には職種から考えるのも1つの手段です。 

初めに業種を限定してしまうと、そこでうまくいかなかったときに次の一手に困ってしまうこともあります。営業、一般事務、販売…と職種にはいろいろありますが、経験があるもの、あるいは自分に合っていそうなものを考え、そこを入り口にすることで選択肢も広がりやすくなるのではないでしょうか。 

また職歴にブランクがあることに対してネガティブなイメージを持たれることがある可能性は考慮に入れるべきでしょう。なぜ短期間で辞めたのか、あるいはなぜ卒業後就職しなかったのか、自分なりにその原因を追究し、その上で自分のアピールポイントを伝えることが重要です。 

既卒、第二新卒にもチャンスはあるとはいえ、年齢が上がれば上がるほど就職・転職は不利になります。一歩踏み出す勇気が持てずに手をこまねいていると状況は悪くなるばかりですから、早めの対処が必要でしょう。もし就活に不安があるなら、若者の就活支援サービスを提供しているハタラクティブにぜひ相談してみてください。 

ハタラクティブではプロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたの就活をサポートします。未経験者の就活支援の実績も豊富なので、既卒の方も安心してご相談ください!

 

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる