転職のタイミングはいつが良い?見極める方法を年代別に解説!

転職のタイミングはいつが良い?見極める方法を年代別に解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職に適したタイミングは、自身のスキルや将来達成したいことなどによって変化する
  • 1年の中で最も転職しやすいタイミングは、4月入社の求人が増える2~3月
  • 給与額や勤務時間に対して不満を感じたタイミングは転職を考えるきっかけになりやすい
  • 自分なりのタイミングを見つけるためには、転職の目的を明確にすることが大切

転職の適切なタイミングが分からず、行動を起こせないという人は多いでしょう。転職に適したタイミングは、希望するキャリアや身につけたいスキルなどによって異なります。このコラムでは、転職に適したタイミングを年代別に解説。転職を考えるきっかけになる7つのタイミングや、自分に合った時期を判断するためのコツなども紹介しています。転職成功に向けて踏み出すための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

【年代別】転職に適したタイミングとは?

転職に適したタイミングは、希望する業界やキャリアによって変わります。以下では、転職のタイミングと求められるスキルを年代別に解説しているので、参考にしてみてください。

20代の場合

20代は、未経験の業界や職種へ転職しやすいタイミングです。年齢が若く、前職の働き方や慣習にとらわれずに新しい知識を吸収できるとして、未経験分野での成長を期待されます。現職とは違う仕事に興味がある人は、20代のうちに転職を検討すると良いでしょう。
一方、専門的な知識や技術が必要な職種においては、20代の経験値ではスキル不足と判断されてしまう場合があります。転職するか現職で経験を積むか、よく考えてから判断することが大切です。

社会人3年目までは第二新卒採用の可能性がある

社会人3年目までは、第二新卒として採用される可能性があります。第二新卒は、業務スキルよりも熱意や人柄を重視されやすく、新卒と年齢が近い人材として採用ニーズが高いのが特徴です。第二新卒が転職するのに適したタイミングは「新卒1年目の時期に転職するのは厳しい?成功しやすいタイミングはある?」で紹介しているので、ぜひご一読ください。

30代の場合

30代は、身につけたスキルを活かして転職でのキャリアアップを図れるタイミングです。選考では、即戦力となるスキルを求められることが増え、20代と比べてポテンシャル採用の機会は少なくなります。経験や知識などが評価されれば、より良い収入や役職を条件に採用される可能性もあるでしょう。
また、30代になったからといって、未経験の仕事へ転職できなくなるわけではありません。身につけたスキルを活かせる仕事であれば、未経験職種への転職も十分可能です。自分の能力をしっかりと把握したうえで、強みを最大限に活かせる転職先を見つけましょう。

40代の場合

40代は、管理職として転職できる可能性が高まるタイミングです。そのため、選考では高い専門性だけでなく、部下を指導したりチームをまとめたりするのに必要なマネジメントスキルも重要視されます。また、40代になると、20代や30代のときよりも求人数が限られるのが特徴です。転職の成功率を高めるためにも、志望する企業とのマッチ度をよく確かめたうえで応募するようにしましょう。

転職するタイミングに迷っている人は、「転職する時期は社会人何年目がベスト?判断するポイントを解説」のコラムも参考にしてみてください。

転職しやすいタイミングは何月?

1年の中で最も転職しやすいといわれているタイミングは、2~3月です。新年度が始まる4月入社の採用が活発になる時期で、求人数も増加します。また、4月に入社すれば新卒と一緒に研修を受けられる可能性があるので、2~3月は社会人経験が浅い第二新卒におすすめの転職時期です。
2~3月の次に転職しやすいのが、8~9月。下半期がスタートする10月に向けて、企業の採用活動が再び活発化します。8~9月は、2~3月に比べて、入社後すぐに即戦力として働ける人材を探す企業が多い傾向があるため、身につけたスキルや経験を活かして転職したい人に向いている時期といえるでしょう。「転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説」では、転職するのに良い月を詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

転職するのにタイミングが悪い時期もある?

入社してすぐや繁忙期にあたるタイミングでの転職は避けたほうが良いでしょう。強く引き止められて転職するタイミングを見失ってしまったり、上司や同僚に不信感を抱かせてしまい円満退職の妨げになったりする恐れがあるからです。「転職するのに悪いタイミングとは?最適な時期を見極めて成功につなげよう」では、転職に向かない6つのタイミングを紹介しているので、参考にしてみてください。

転職を考えるきっかけになる7つのタイミング

この項では、転職を考えるきっかけになる7つのタイミングを解説しています。転職するかどうか迷っている方は、自分の状況と照らし合わせて、ベストなタイミングを判断するのに役立ててみてください。

1.社風とのミスマッチを感じたとき

社風とのミスマッチを感じたタイミングで転職を考える人は多いようです。特に、労働環境や職場の雰囲気が悪かったり、業務内容が想像とは違ったりした場合などは早期退職につながりやすい傾向があります。自分が望む働き方ができずにストレスを抱えている場合は、転職を検討したほうが良いでしょう。
ただし、入社後すぐに転職すると会社に迷惑が掛かるだけでなく、その後の採用活動で早期退職のリスクを懸念されやすくなるというデメリットも。入社後のミスマッチを回避するため、事前の企業研究は徹底して行う必要があります。

2.同職種でのキャリアアップを志したとき

同職種でのキャリアアップを志したタイミングで転職を検討する人も多いでしょう。専門的なスキルや高度な技術を身につけていれば、同職種への転職によって、より高い収入や役職を目指せる可能性があります。前職で取得した資格を活かして、同職種の中でもより専門的な仕事へ転職する方法も、キャリアアップの方法としては有効です。

3.異業種へのキャリアチェンジを決意したとき

異業種へのキャリアチェンジを決意して転職に踏み切る人もいます。今の仕事は自分には向いていないと感じたり、ほかの業界に興味が湧いたタイミングでキャリアチェンジを考えたりする人が多いようです。異業種であっても、前職で培った知識や経験が活かせる仕事であれば、転職の成功率は高まるでしょう。また、第二新卒はスキルよりもポテンシャルを重視されるため、未経験分野への転職に挑戦しやすい傾向があります。

4.結婚や出産が決まったとき

結婚や出産が決まったときも、転職を考えるきっかけになるタイミングです。生活環境が大きく変化するタイミングのため、勤務条件や仕事内容の見直しが必要になります。
家庭と仕事を両立させるため、フレックス制度を導入している職場や残業が少ない仕事への転職を希望する人が多いようです。結婚や出産を視野に入れている人が転職するのに適したタイミングは、「女性が転職する時期として最適なのはいつ?年代や状況別のおすすめを紹介」で詳しく解説しているので、ご一読ください。

5.勤務時間の長さに不満があるとき

勤務時間の長さに不満を感じたタイミングも、転職を考えるきっかけになります。残業時間が長過ぎたり休日出勤を強いられたりする状況が続くと、心身のバランスを崩してしまう恐れも。労働環境が改善されない場合は、長時間勤務を抑制する取り組みをしている職場への転職を検討したほうが良いでしょう。

6.業務内容と給与額が見合っていないと感じたとき

業務内容と給与額が見合っていないと感じたタイミングで、転職を考える人もいます。成果を出しても評価されなかったり、長く勤めても昇給が見込めなかったりすると、モチベーションの維持が次第に困難になるでしょう。明確な評価制度を設けている会社に転職することで、給与額アップとやる気の向上が期待できます。

7.勤務先の業績が悪化したとき

勤務先の業績が悪化したタイミングで転職を考える人も多いようです。会社の業績不振が続くと、従業員に対して減給や退職勧奨などの措置がとられる場合があります。業績が回復する兆しがないときには、転職に踏み切ったほうが良いでしょう。ただし、業界全体が不況に陥っている場合、同職種への転職活動は難航する恐れがあるため、違う分野の仕事に目を向けてみる必要があります。

転職のタイミングを決める前に確認すべき3つのこと

転職のタイミングを決める前に、「ボーナスが支給される月」「住宅ローンの手続き」「税金や保険料の手続き」について確認しておきましょう。上記3点の内容によっては、転職するタイミングが変動する可能性があります。

1.ボーナスが支給される月

転職を検討している人は、現在勤務している会社でボーナスが支給される月を把握しておきましょう。転職するタイミングによっては、ボーナスをもらえないまま退職することになってしまいます。また、ボーナスの受給資格に関しては、「支給月の末日まで在籍していること」というように就業規則に明記されている場合もあるので、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

2.住宅ローンの手続き

住宅購入を考えている人は、ローンの手続きについてもチェックしておく必要があります。金融機関によっては、一定年数以上の勤続経験をローン申し込みの要件としている場合があり、転職直後のタイミングだとローンを組めない可能性があるので注意しましょう。事前に金融機関に相談し、ローンを組むことが可能か確かめておくことをおすすめします。

3.税金や保険料の手続き

転職のタイミングを決める前に、税金や保険料の手続きについても調べておきましょう。退職から転職まで日にちが空く場合は、健康保険や年金の切り替え手続き、失業保険の申請などを自分で行う必要があります。特に、国民健康保険と国民年金に切り替える場合は、退職後14日以内に手続きをしなければいけません。
退職日が近づいたタイミングで焦らないように、必要な手続きを事前に把握しておきましょう。「退職手続きのチェックリスト!やるべきことを確認してミスを防ごう」では、退職の際に必要な手続きをチェックリスト形式でまとめているので、参考にしてみてください。

転職活動を始めるタイミングの決め方

転職活動を始めるタイミングは、退職希望日から逆算したり、引き継ぎに掛かる時間を考慮したりすると決めやすくなります。以下で解説しているので、転職活動を始めるタイミングで迷っている方は、ぜひご覧ください。

退職希望日から逆算する

転職活動を始めるタイミングは、退職希望日から逆算して考えてみましょう。退職希望日をはっきり決めておくことで、「○月までには内定を獲得する」といった具体的な目標を立てやすくなります。また、面接では「いつから入社できますか」と質問されることも多いため、転職活動を始める前に退職時期について考えておくとスムーズに回答できるでしょう。
ただし、退職日は内定獲得後に上司との相談を行ったうえで確定します。必ずしも自分の希望が通るわけではないことを理解しておきましょう。転職を上司に相談するタイミングは「転職を上司に相談するのに適したタイミングはいつ?伝え方や注意点を解説」で解説しているので、参考にしてみてください。

引き継ぎに掛かる時間を考慮する

転職活動を始めるタイミングは、業務の引き継ぎにかかる時間も考慮して決めましょう。担当業務の内容を後任者が分かりやすいようにまとめたり、取引先への挨拶回りをしたりする時間を考えると、最低でも1ヶ月は必要です。担当している業務量の多さや後任者のスキルによっては、より長い期間を掛けて引き継ぎを行ったほうが良い場合もあります。
引き継ぎに掛ける時間をしっかり確保するためにも、転職活動は退職日の3~4ヶ月前には始めておくのがベターです。余裕のある計画をあらかじめ立てておけば、想定していなかったトラブルにも臨機応変に対応できます。

自分なりの転職のタイミングを見つける3つのコツ

自分なりの転職のタイミングを見つけるコツは、「転職の目的を明らかにする」ことと「私生活を考慮した将来設計をする」こと、「他社に適用するスキルや経験があるか確かめる」ことです。

1.転職の目的を明らかにする

適切なタイミングを見極めるために、転職の目的を明確にしましょう。転職によって叶えたいことが明らかになれば、行動するべきタイミングが分かりやすくなります。
たとえば、未経験の仕事に挑戦してみたい人は、20代のうちに転職に踏み切るのがおすすめ。キャリアアップが目的の人は、現職で目標のポジションに就いたり、資格を取得したりしたタイミングで転職する判断ができるでしょう。転職活動の軸を決めるためにも、最初に目的をはっきりさせることが大切です。

2.私生活を考慮した将来設計をする

結婚や出産、マイホームの購入などのライフイベントとの兼ね合いを考えて転職するタイミングを決めるのも一つの手です。転職後は一時的に収入が減少することもあるため、大きな出費を伴うライフイベントを予定している場合は、時期をずらして行動するといった工夫が必要といえます。

3.他社に通用するスキルや経験があるか確かめる

転職のタイミングを考える際は、他社で通用するスキルや経験が自分にはあるのかを確かめましょう。採用選考において企業は、応募者が自社で活かせるスキルを備えているかを重視します。そのため、自身の能力がまだ十分ではないと感じる場合は、現職でのスキルアップを目指すのが得策です。スキルが高まったタイミングで転職に踏み切ることで、選考の通過率も高まりやすくなるでしょう。

転職エージェントを活用するのもおすすめ

自分なりのタイミングを見極めて転職を成功させたいと考えている人は、転職エージェントを活用するのもおすすめです。転職エージェントとは、専任のアドバイザーが転職活動全般をサポートしてくれるサービスのこと。さまざまな転職者に対応してきたアドバイザーに悩みや不安を相談できます。転職のタイミングについて第三者からのアドバイスが欲しい人は、利用を検討してみると良いでしょう。

「転職に良いタイミングを知りたい」「自分にとってベストな時期が分からない」とお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒などの若年層に特化した転職エージェントです。専任のアドバイザーがマンツーマンで疑問や不安をヒアリングし、希望に沿ったキャリアプランの構築をお手伝い。業界ごとの転職タイミングの違いや、仕事と並行して転職活動を行う際のコツなどについてもアドバイスいたします。応募書類の添削や模擬面接なども実施しているので、転職を検討している方はお気軽にご利用ください。

転職のタイミングに関するQ&A

ここでは、転職のタイミングに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。適切なタイミングが分からず行動を起こせない人はぜひ参考にしてみてください。

転職に適したタイミングはいつ?

転職に適したタイミングは、年齢や求めるキャリアによって変化します。たとえば、未経験の仕事に挑戦したい場合は20代のうちに行動するのがおすすめ。より高い年収や役職を目指したい人は、現職でキャリアを積んだ後、30代や40代で転職すると良いでしょう。年齢ごとの転職に適したタイミングについて詳しく知りたい方は、このコラムの「【年代別】転職に適したタイミングとは?」をご覧ください。

給与が低いと感じたときは転職しても良い?

給与の低さに不満を感じたタイミングで転職を考える人は多いようです。成果やスキルが正当に給与額に反映されれば、仕事のモチベーションやクオリティアップにもつながるでしょう。「給料が安いから仕事を辞めるはあり?収入アップの方法もご紹介」では、給与額に不満がある場合の転職の判断基準を紹介しているので、ご一読ください。

転職のための資格取得に適したタイミングはある?

転職のために資格を取る場合、仕事と並行しての取得がおすすめです。就業時間外や休日など勉強できる時間は限られるものの、収入がなくなったり空白期間ができたりする心配をせずに取り組めます。資格を取ったうえで転職すれば、収入や役職アップも期待できるでしょう。資格を活かして収入アップを狙いやすい業界は「資格手当の相場はどのくらい?収入アップにつながる?資格別にご紹介」で解説しているので、参考にしてみてください。

転職にベストなタイミングが分からないときは?

転職にベストなタイミングが分からないときは、第三者に相談してみるのも一つの手です。転職エージェントを利用すれば、専任のアドバイザーからの客観的なアドバイスを受けながら転職活動を進められます。ハタラクティブではアドバイザーに気軽に相談できる環境が整っているので、転職のタイミングで迷っている方はぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ