仕事を辞めるタイミングとそれに付随する問題点

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めるタイミングとそれに付随する問題点

2017/02/10

仕事を辞めると決意した時、次に考えなければならないのは辞めるタイミングです。これを間違えると思わぬトラブルを起こしかねません。 できるだけスムーズに退職をし、将来に向かってよりよい一歩を踏み出すために、気をつけなければならないポイントについて説明をしていきます。

◆仕事を辞める決意と退職のタイミングの妥当性

仕事を辞めるタイミングを考える際、重要なのは退職理由です。理由によっては辞めるべきタイミングが変わってくるからです。

仕事を辞めることを決意する主な理由としてまず挙げられるのが、仕事が過酷で心身に異常を感じた場合です。このようなケースではすぐに長期休暇を申請するか、それが無理なら早めに退職を考えた方がよいでしょう。
辞めるタイミングを図る云々以前に、健康を優先しないと取り返しのつかないことになる可能性があるからです。一方、「会社の将来に不安を感じた」「今の職場では実現不可能な目標が見つかった」などといった理由で退職を決意した場合は、辞めるタイミングを熟慮する必要があります。
前者のケースでは、働きながら転職活動を行い、良い転職先を見つけた時点で仕事を辞めるのがよいでしょう。すぐに会社が倒産するという事態でもなければ慌てて辞める必要はないと考えられます。まずはじっくりと、転職活動のための情報収集を行いましょう。
また、新たな目標の実現を目指して仕事を辞める場合は、いきなり生活が行き詰まらないよう、退職前にある程度の貯金を貯めておくことも大切です。

◆会社に迷惑をかけないのが大原則!退職を切り出すタイミング

仕事を辞める決意を固め、退職後の準備も整ったならば、次は仕事を辞める事実を会社に伝えるタイミングが問題です。

まず、辞めるどのぐらい前に退職の意思を伝えるかですが、特別な事情がなければ就業規則に従うのが無難でしょう。
退職の意思は直属の上司に伝えるのがマナーです。例えば、直接社長に退職を伝えた場合、上司がその事実を把握していなければ上司の管理能力の評価をさげてしまいかねません。
伝達不十分で、上司との関係がこじれ、スムーズな退職の妨げとなる可能性があります。また、繁忙期や大きなプロジェクトの途中で退職すると周囲に迷惑をかけてしまうので避けた方が賢明です。
さらに、有給休暇が残っており、退職前にそれを消化したいのなら引き継ぎの時間を考慮した上で、早めに退職の意思を示しておいた方がよいでしょう。退職を切り出すタイミングは、辞めた後に会社へいかに迷惑をかけないかがポイントとなります。

◆円満退職のために必要な気配り

円満退職のためには気をつけるべき点はいくつかあります。

ひとつは退職理由を聞かれても決して会社の不満やグチを口にしないことです。
もちろん、辞めた後も良好な関係を保つためですが、それ以外にも、「来年から不満点を改善するから」などと言われてスムーズに辞められなくなるといった事態を避ける意味合いもあります。
退職理由を尋ねられた時のために個人的な理由を用意しておくのが無難です。また、退職の前にはお世話になったという感謝の気持ちをこめて上司や同僚にはしっかりとあいさつをしておきましょう。
会社を去る日に菓子折りを配るとより好印象を与える可能性が高くなります。あとは、自分の仕事を継いだ同僚が困らないように、引き継ぎをしっかり行う必要があります。
口頭で説明するだけでは漏れがあるかもしれないので、ノートに細かい点までまとめ、その上で、一定期間一緒に仕事を行うのがよいでしょう。もし、それ以外にも退職について悩んでいるという方はハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは20代を中心とした就活支援サービスですが、単に求人を紹介するだけではありません。経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、転職にまつわる問題全般をサポートしています。
サービスはすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ