会社に行けないのは甘え?休職や退職もあり?出勤が怖い朝の連絡方法も解説

会社に行けないのは甘え?休職や退職もあり?出勤が怖い朝の連絡方法も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・会社に行けないのは、心身ともに大きな負担がかかった状態
  • ・会社に行けない状態になる原因には仕事量ややりがいのなさ、人間関係の悩みなどがある
  • ・会社に行けないときの朝の連絡は、電話が基本だがメールでもOK
  • ・会社に行けない原因を取り除くには、上司への相談や部署移動を考えるなどが効果的
  • ・今の仕事に適性がないと判断したら、転職を考えてみよう

朝起きても会社にどうしても行けず、苦しい思いをしている方もいるでしょう。会社に行きたくないのは、大きなストレスを抱えているサインです。自分の気持ちを無視して無理やり出社を続けると、もっと深刻な状態になってしまうことも。まずは、休養を取ってリフレッシュを図りましょう。それでも会社に行きたくないのなら、問題を解決するべくすぐに動くべきです。対応策を試しても解決できないなら、転職という道もあります。

会社に行けないのは甘え?

結論からいうと、会社に行けないのは決して甘えではありません。大きなストレスを抱え、心身ともに大きな負担がかかっているので、すぐに対策を取ったほうが良いでしょう。 突然会社に行けなくなる理由には、主に次のようなものが挙げられます。

人間関係が良くない

会社に行けない原因が、職場の人間関係であることは多くあります。
自分だけ立場が違うために浮いてしまったり、なかなか仕事ができるようにならず周囲から厄介者扱いされたりするなど、普段から孤独を感じるような状況であることも。また、特定の人と気まずくなったために、その人や周囲から冷たい態度を取られて傷ついているという場合もあるでしょう。
会社は一日のほとんどの時間を過ごす場所なので、居心地が悪いのは大変辛いものです。我慢していても、精神的にずっと負荷がかかった状態になり、ある日突然どうしても会社に行けなくなるということがあります。

疲れがたまっている

疲れやストレスが蓄積すると、少し休んだくらいでは取れません。肉体的にも精神的にも疲労がたまると、会社に行けないという状態になります。繁忙期で、ほとんど休みが取れないというときにはなおさらです。元気なときには問題なく会社に行けても、疲労がたまった状態では体が思うように動かず、出社が難しいと感じるようになるでしょう。

仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられないと、会社に行けないという状態になることもあります。「仕事内容に興味がない」「自分には簡単すぎる、あるいは難しすぎる」などが原因で、仕事をすること自体が苦痛になるでしょう。
また、今の仕事が自分に向いているかというのは大事なポイントです。人とコミュニケーションを取るのが好きな人は、じっと机に向かう事務作業は向かない可能性が高いですし、逆に人と話すのが苦手な人は、受付など初対面の人と話すことが多い仕事は難しいでしょう。

仕事量が多すぎて疲弊している

仕事自体は苦でなくても、抱えている仕事量が多すぎるとやってもやっても終わらないので疲弊してしまい、会社に行けないということになるようです。仕事は少なすぎてもやりがいを見出すのが難しくなりますが、多すぎると疲れて心身ともに大きな負担がかかります。
会社の仕事についていけないとお悩みの方は対処法が解説されている記事「仕事についていけない!辞める前に試すべき対処法を解説!」も参考にしてみてください。

会社に行けないとき…対処法は?

突然会社に行けなくなったときには、落ち着いて次のような対処をすると良いでしょう。
以下、詳しく説明します。

思い切って休む

まずは、会社に行けない状態を認め、思い切って会社を休みましょう。欠勤するのに罪悪感を感じるとリフレッシュにならないため、休む際に会社のことは極力考えないのがポイントです。好きなことをしたり、ゆっくり眠ったりと自分の望むことをすると、心身の回復につながります。

考え方を変える

会社に行けない人は、「今の仕事はお金のため」などと割り切るのも一つの手です。今の仕事が「給料は良いけど職場環境が良くない」など、自分の条件をすべて満たすものではなかったり、「自分は職場に貢献できていないのでは…」と悩んだりすることもあるでしょう。そんなときに、「お金のためにやっているのだから、とりあえず他のことは置いておこう」「どうしても嫌ならいつでも辞められる」と開き直ると、心が少し軽くなります。

退社後の予定を立てて仕事のモチベーションを上げる

友人と食事に行く、買い物をするなど、退社後の過ごし方を1日のはじめに考えるのも一つの方法です。退社時刻をあらかじめ決めることで、仕事の優先順位や時間を意識して作業を進められるようになり、意欲がわいたり残業削減につながったりする可能性があります。

体調を整える

まず、体の不調を覚えている人は回復に努めましょう。忙しかったり、人間関係でストレスを抱えていたりすると、つい生活が不規則になることが多くあります。1度、自分の生活リズムを見直してみましょう。しっかり食事をとり、十分な睡眠をとったうえで決まった時間に起きるなど規則正しい生活を送ると、気持ちが落ち込みにくくなります。落ち込んだ状態ですぐには難しいかもしれませんが、なにか一つでも変えようと心がけるだけでも、徐々に変化が現れるでしょう。

行きたくない原因を振り返る

会社に行けない原因を、冷静に振り返ってみましょう。
心身ともに疲労が溜まっている状態では、なにが原因なのか自分でも見えにくくなっているもの。時間を取り、なぜ行きたくなくなってしまったのかをノートなどに書き出してみてください。
「面倒」「恥ずかしい」と感じるかもしれませんが、書き出すことで頭の中が整理され、辛い状態を抜け出すにはどうしたら良いか、具体的な対策を取れるようになります。精神的に辛いままだと、うつ状態になってしまったり、突発的に自分を傷つけるような行動をとってしまったりすることも。もっと深刻な状況になるのを避けるためにも、ぜひ一度振り返ってみてください。これについては、のちに詳しく説明します。

休職を検討する

会社に行く時間になると吐き気や頭痛、呼吸困難などの症状が起きる場合は「出勤困難症」である可能性も。病院で診察を受け、「うつ」「適応障害」といった診断を受けたら、診断書を提出して休職する方法もあります。その際には、会社と傷病手当金や復職の相談などをしておくのが大事です。必要以上に罪悪感を感じることなく、労働者の権利としてきちんと会社に確認しましょう。

どうしても会社に行けないと感じている方に向けて「どうしても仕事に行きたくない時はどうする?休みたい理由や対処法を解説」でも対処法を詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

会社に行けない!朝の連絡はどうする?

朝の会社への連絡は、覚悟を決めてなるべく早く行いましょう。「会社に行けない」と感じたとき、朝の連絡を非常に憂鬱と感じる人は少なくありません。しかし、いつまでも決心がつかないと時間だけが過ぎていくうえ、いつまでも辛い気持ちのままでいることになります。「今日はどうしても無理」と感じたら、すぐに会社に連絡してください。以下、会社への連絡方法についてご紹介します。

会社への連絡方法

会社への連絡を当日に行う場合には、電話が基本です。電話は直属の上司にかけてください。言いにくいからといって、同僚づてに連絡するのは避けましょう。
または、メールで連絡してもOKです。メールの場合は関係者に一斉送信で送ります。もし、会社の規定があるならそれに従いましょう。最近は、社内チャットなどでの連絡で良いとする会社もあるようです。

どんな理由が使える?

欠勤する際にはなんらかの理由が必要ですが、正直に言ってしまうと相手に誤解されたり、良くない印象を与えてしまったりする可能性があります。よって、1日の突発的な休みであれば無難な理由を伝えるのも一つの手です。以下、欠勤連絡で使いやすい理由についてまとめました。ただし、嘘を伝えるのは禁物です。自分の置かれている状況に近しいものを選んで伝えましょう。

自身の体調不良

自身の体調不良が一番よく使われる理由でしょう。しかし、「体調不良」とするとどのような症状か分からず、会社側から追及されることも。「風邪のような症状があって会社に行けない」「○度の熱があって会社に行けない」など、具体的な状況が分かりやすい説明を心がけましょう。また、腹痛や頭痛といった症状も使いやすい理由です。相手に「すぐ治りそうなのか」と聞かれる場合もあるので、「病院に行けば大丈夫だと思います」「薬を飲んで1日安静にしていたら大丈夫です」など、回復のめども一緒に伝えると納得してもらいやすいでしょう。

家族の体調不良

家族の体調不良もよく使われる理由です。家族が同居している場合には比較的使いやすいでしょう。しかし、「看病が必要なので会社に行けない」ことを相手に納得してもらうことが必要。成人なら、1人で対処できることが多いからです。よって、高齢の祖父母や小さな子どもなど、自分ひとりでは対処が難しい人を選ぶのがポイントになるでしょう。ただし、相手が自分の同居家族を少しでも把握している場合は要注意。普段の話との整合性が取れず、うそがばれてしまいやすいといえます。

朝の欠勤連絡に使える理由は「仕事に行きたくない人は必見!休む理由と行きたくなくなる原因を紹介」のコラムでも解説していますので、ぜひご参照ください。

会社に行けないと感じるときにやってはいけないこと

無断欠勤や即日退職など、会社に迷惑をかけることは避けてください。会社に行けないという気持ちがあるときには、精神的に追い詰められている場合が多いので、極端な行動を取ってしまう危険性が。あくまで冷静になり、大ごとにならないように対処しましょう。以下、会社に行けないと感じるときでもやってはいけないことについてご紹介します。

無断欠勤する

辛くて会社に行けないという状況でも、無断欠勤は避けてください。会社に大きな心配や迷惑をかけるうえ、自分の勤務評価にも深刻な影響を与えるからです。会社に連絡したくないという気持ちが大きくても、落ち着いて連絡をしたほうが、のちのち事が大きくならずに済みます。辛くても勇気を出して、必ず会社に連絡を入れましょう。

勢いで即日退職する

心身ともに限界になると極端な行動を取ってしまうことがありますが、即日退職など会社に大きな迷惑をかけることは避けましょう。退職を希望しているのになかなかさせてもらえないというような場合は、内容証明郵便で退職届を送るなど、しかるべき対応をしてください。

自分の気持ちを無視する

「どうしても会社に行けない」という自分の気持ちを押し殺して会社に行くのは避けたほうが良いでしょう。もっと精神的に追い詰められ、辛い状態が悪化してしまう可能性があるからです。心身ともに病気になり、働くことすらできなくなってしまうことも。そうなると、短い期間では回復が難しくなるので、悪化するまえに休むのを重視してください。

会社に行けないけど休めない…本当にそう?

結論からいうと、皆が「どうしても休めない」という状態にあるとは限りません。代わりのきかない仕事をしている人もいるかもしれませんが、心身ともに疲れ切った状態でも「絶対に休めない」というのは酷な話です。「自分が1日くらいいなくてもなんとかなる」と少しでも前向きに捉えるのをおすすめします。

自分が休むと人に迷惑がかかる

実際に、自分が休んだぶんの仕事を誰かが肩代わりしてくれることもあるでしょう。しかし、会社というチームで仕事をしている以上、お互い様であるともいえます。出社したときに「ありがとうございました」と誠実にお礼を述べ、自分も何かあったらサポートするという気持ちでいれば良いでしょう。

自分が責任者で代わりがいない

現場の責任者であれば、代わりがいなくて困るという場合もあります。しかし、1日責任者がいなくて困ったとしても、長い期間で見れば業務にそれほど大きな影響がないということも。また、普段責任者がやっていることを、できる範囲で周囲がカバーしながら働くという姿勢もあるため、結果的に周囲のサポート力が育つ可能性もあります。

自分が休むと業務が回らない

先述のように、会社はチームで仕事をしています。よって、1人が会社に行けないとしても周囲がそのぶんをカバーし、うまく回していくものです。比較的責任の重い人でも、抜けたときだれかに穴埋めをしてもらったり、逆に穴埋めをするということもあるので、必要以上に心配しなくても良いでしょう。

会社に行けないときに休んだ日の過ごし方

会社に行けない状態で仕事を休んだ日はできるだけ仕事のことを考えず、好きなことをして過ごすのが大事です。

できるだけ仕事のことを考えない

休みをとれた日は、できる限り仕事から離れましょう。仕事のことを考えていてはリフレッシュしにくいからです。ぼーっとしたり、寝たりするのも良いでしょう。

好きなことをする

「会社に行けない…」と休みをとったときは、自分がそのときやりたいことをしてみてください。映画を観たり、散歩をしたりと活動するのも良いですし、家でゆっくりくつろいだり、本を読んだりするのもおすすめです。活動する場合には、会社の人に絶対見られないような場所を選ぶのを忘れないようにしましょう。

親しい人と話す

親しい友人や家族など、親しい人に自分の状況を聞いてもらうのもおすすめ。会社に行けないことを誰かに話すと、辛い気持ちが少しでも楽になるはずです。
仕事が忙しいときのリフレッシュ方法としては「仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法」のコラムで詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1日休んで少しでもリフレッシュしたら、改めて会社に行けなくなった原因と向き合ってみてください。原因を客観的にみつめると、おのずと解決策が見えてくるでしょう。
次の項では、会社に行けない原因を取り除くための方法をご紹介します。

会社に行けない原因を取り除くためには?

会社に行けないことに対処しようとするまえに、まずは紙に書き出してみるのをおすすめします。自分の悩みはどこに原因があるのかを正しくとらえるためには、紙に書くのが効果的だからです。

まずは自分の原因を書き出してみよう

会社のなにが嫌なのか、どこを苦痛と感じているのかについて書き出してみましょう。具体的に苦手な人がいれば、どうしてその人を苦手と感じるのかについても書きます。原因は一つでなく、複数ある場合も多いので、ごちゃごちゃにならないようにするためです。まずは原因をはっきりさせることで、上司に相談したり、異動を試みたりするなどはっきりした対策が取れるようになるでしょう。

会社に行けない原因のチェックポイント

会社に行けないときにチェックすべきポイントとしては、以下のようなものがあります。

妥当な給料か

給料が自分の希望よりも大幅に少ないと、仕事に対してやる気が出なくなります。今の状況が続いたとして、この先、現在の待遇で働きつづけていられるか、改めて考慮する必要があるでしょう。

職場環境は良いか

人間関係や給料が良くても、職場が長時間残業しなければいけない雰囲気であるなど、職場環境で負担に思っていることはないか確認してみてください。また、ノルマがきつく達成するまで帰りづらかったり、しょっちゅう叱責が飛び交っていたりする環境も、大きなストレスのもとです。このように、自分自身になにかなくても、知らずしらずのうちに負担に感じていることもあるので、1度見直してみると良いでしょう。

人間関係に問題はないか

人間関係に苦痛を感じていることで会社に行けない場合は、誰のどんなところが嫌なのか、その人と離れられる可能性はあるかというのを考えてみましょう。

仕事内容は興味のあるものか

仕事内容に興味がなければ、続けるのは難しいものです。今の仕事のどこに不満があるのか、一度振り返ってみましょう。自分のやりたい仕事があるのに、違う仕事をしているのか、やりたいことはないがただ興味がないのかによっても違います。

自分の適性と合っているか

体を動かして働くのが好きなのに事務職をしていたり、人とコミュニケーションを取るのが苦手なのに営業職をしていたりするなど、自分の適性と合っていない仕事をしている人も多いようです。自分はどんな仕事なら続けられそうか、1度考えてみると良いでしょう。

会社に行けない原因を取り除く方法

会社に行けない原因を取り除くには、以下のような方法があります。

上司に相談する

まずは直属の上司に相談してみてください。人間関係で悩んでいるなら仲裁を頼んだり、業務量が多すぎて困っているなら、減らしてもらうように頼んだりするなど、相談にのってもらうとしかるべき対応をしてくれるでしょう。

違う部署への移動を試みる

今の部署が合わなければ、違う部署への異動願いを出してみるのも一つの手です。原因が人間関係だったり、今の仕事に興味を持てなかったりすることであれば有効でしょう。

自分の適性に合った仕事を考える

会社に行けないと悩んでいる方は1度、今の仕事が自分の適性に合っているか考えてみてください。たとえば、本当は体を動かして働くのが好きなのに座りっぱなしの事務職をしているなど、適性に合っていない仕事をしている人は多いものです。また、普段気づいていなくても今の仕事で自分に合わない要素があり、それで苦しい思いをしている場合も。自分はどういう人間で、どんな要素を活かして働きたいのかを自己分析で明らかにしましょう。業務経験を積んで、新卒のときとはまた違った結果が出てくる可能性もあります。

どうしても今の仕事が適性に合っていないなら転職を

転職を検討する際には、以下の就職支援サービスがおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは、公共の就職支援機関です。無料の就職セミナーや選考対策も受けられるうえ、登録を済ませるといつでもインターネットで求人票が見られます。また、管轄地域の求人を多数持っているため、地元で就職したい人に向いているのが特徴です。

就職エージェント

就職エージェントは、民間の就職支援サービスです。運営企業によって、対象となる人や扱う業界が違うのが特徴。よって、自分に合ったサービスを選べば、よりマッチした求人を紹介してもらえる可能性が高まるでしょう。

ご登録、ご利用はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

会社に行けないことに関するQ&A

会社に行けないというお悩みに関して、よくある疑問と回答についてまとめました。

朝、会社に行けなくて辛いです…

まずは、落ち着いてすぐに会社に連絡を入れましょう。会社に行けないのは、重大なストレスが溜まった状態です。欠勤の連絡をし、1日ゆっくり休んでください。もし、休んでもリフレッシュが難しいなら、仕事のやり方や自身の適性、人間関係など解決すべき問題がある可能性が高いです。1度冷静に振り返ってみることをおすすめします。どうしても今の仕事が合わないようなら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

会社に行けないけれど、休むと迷惑をかけてしまいます

会社は、皆で支え合いながら仕事をしています。1人いなくても、一時的にフォローしてもらうのは可能でしょう。また、どうしても休めないという責任ある立場の方でも、いなければ周囲が考えてなんとか仕事をまわそうとするものです。会社に行けないくらいのストレスを抱えたまま出勤し続けると、心身に重大な影響を及ぼす可能性が。まずは、自身の心と体を大切に、休養を取ることをおすすめします。

会社に行けないので休みましたが、罪悪感があります

休むときには、思い切って仕事のことは考えないのがポイントです。罪悪感を抱えているとリフレッシュにならないので、いったん仕事のことは置いておき、ゆったりと過ごしましょう。おすすめのリフレッシュ方法については「仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法」で詳しくご紹介しています。

会社に行けないけれど…朝の連絡が憂鬱です

連絡をしないで休むと無断欠勤となり、会社に大きな心配と迷惑をかけます。どんなに辛くても、無断欠勤は避けましょう。一時的なものなら、病気などの理由を使うと良いですが、何度も続くと不審に思われるもの。どうしても会社に行けない日が続くのであれば、原因を振り返り、すぐに対策をとってください。無断欠勤をした際の対策方法は「会社に欠勤連絡できない理由と無断欠勤をしてしまった場合の対処法」を参考にしてください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION