会社に行けない・行きたくないときの4つの理由と対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社に行けない・行きたくないときの4つの理由と対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・会社に行けない理由は職場の人間関係が悪い、仕事にプレッシャーを感じているなど
    ・会社に行けない、行きたくないときは思い切って休んだり悩みを相談したりしよう
    ・会社に行けない状況が続く場合、休職や転職を検討しよう

会社に行けない・行きたくない理由には、人間関係や残業、仕事のプレッシャーなどが例として挙げられます。つらい気持ちを我慢し続けると心身に支障をきたす恐れがあるため、早めに対策を講じることが大切です。

このコラムでは、会社に行けないときの対処法を4つご紹介します。つらい状況を改善できるよう、コラムを読んで自分がとるべき行動を考えましょう。

 

◆会社に行けない・行きたくない4つの理由

「行かなきゃいけないとは思うけれど、体が思うように動かず会社に行けない」となる原因の例として、以下の4つが挙げられます。

【1.職場の人間関係が悪い】

人間関係の悩みには、「上司がいつもイライラしていて話しかけづらい」「同僚が仕事のトラブルを人のせいにする」などがあります。元々は仕事へのモチベーションが高かったとしても、1日の大半を過ごす職場の人間関係が悪いと、やる気がなくなったり会社に行くのが憂鬱になったりするでしょう。

【2.仕事にプレッシャーを感じている】

仕事でプレッシャーを感じる原因として、「プロジェクトリーダーになったけれど、トラブルが続いていて責任を感じている」「タイトなスケジュールでタスクが期日までに終わるか不安」などが挙げられます。「完璧にやりたい」と思う一方でプレッシャーから体が思うように動かないと、ミスが続いて悪循環に陥ってしまうでしょう。

【3.残業が多く疲れが溜まっている】

業務量の多さから残業や休日出勤が続くと、睡眠不足に陥り、疲れがなかなかとれないことも。体を休める時間が十分にないと、体調を崩したり、集中力を保てず仕事が進まなかったりして業務がさらに立て込む恐れがあります。

【4.自分に合わない仕事をしている】

「初対面の人と打ち解けるのは苦手なのに、飛び込み営業をやっている」「接客にやりがいを感じていたのに、異動で書類作成の仕事がメインになってつらい…」と人それぞれに仕事の向き不向きがあります。自分に合わない仕事をすると、成果を出せず悔しい思いをしたり、集中力が続かず失敗が重なったりするでしょう。

◆会社に行けない・行きたくないときの対処法は?

会社に行けない・行きたくないときは、以下の4つを実践してみてください。

【1.思い切って休み、気分転換を図る】

欠勤することに罪悪感を覚える人は多いと考えられますが、調子が悪いときは休むのが無難。無理をして会社に行ったとしても、ミスをして迷惑をかけたり、具合がさらに悪くなったりする恐れがあるからです。

会社を休んだときは、仕事のことを一切考えないのがポイント。会社のことを思い出すと、気が休まらず精神的に疲れる可能性があるからです。仕事のことが頭に思い浮かぶときは、本を読む、ゆっくりお風呂に入るなどしてリラックスすることを心がけましょう。

【2.会社に行けない原因を考えて対策を講じる】

会社に行きたくない理由が曖昧な人は、まず原因を考えることから始めましょう。原因がはっきりしないままだと対処法を考えられず、つらい状況を変えられないからです。

「人間関係が悪いから」「仕事で大きなミスをして、自信をなくしたから」などと原因が分かったら、対策を考えて行動に移し、状況の改善を図りましょう。

【3.退社後の予定を立てて仕事のモチベーションを上げる】

友人と食事に行く、買い物をするなど、退社後の過ごし方を1日のはじめに考えるのも1つの方法です。退社時刻をあらかじめ決めることで、仕事の優先順位や時間を意識して作業を進められるようになり、意欲がわいたり残業削減につながったりする可能性があります。

【4.家族や友人に仕事の悩みを相談する】

信頼できる人に相談すれば、自分では思いつかなかった対処法や改善策が見つかる可能性があります。また、会社への不満を打ち明けるだけでも、ストレスを発散できたり気持ちが楽になったりするでしょう。

◆状況が改善しないときは

対処法を実践しても状況が変わらないときは、休職や転職をするという選択肢もあります。

【休職する】

休職制度は、病気や怪我などで勤務するのが難しい場合に利用できる制度です。休職制度の導入は法律では義務付けられておらず、制度の有無や利用条件、休職期間、賃金の有無などは会社によって異なります。

休職を検討する際は、まず会社の就業規則を確認しましょう。休職するか悩む場合は、上司や人事部に相談するのも1つの方法です。

【転職する】

「休職だと経済的な不安が大きい」「今の職場で仕事を続けるのはつらい」という人は、転職を検討してはいかがでしょうか。

転職を成功させるには、在職中の会社への不満やキャリアプランを具体的に考え、目的を明確にしたうえで行動をとることが大切。一時的な感情から後先を考えずに会社を辞めてしまうと、転職先でも同じような不満を抱いたり、前職の会社の方がよく思えてきた…と後悔したりする恐れがあるからです。

「会社に行けない・行きたくない日が続いているので転職を考えている」「転職したいけれど、希望に合う企業が見つかるか不安」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒などを対象にマンツーマンで転職サポートを行っています。

当サービスでは、カウンセリングで経験や希望を伺い、あなたに合う求人をご紹介。ハタラクティブは実際に取材した企業をご紹介するので、具体的な仕事内容や社風を事前に知れて入社後のミスマッチを防げます。

そのほか、ハタラクティブでは履歴書・職務経歴書の添削や面接対策といったサポートを実施。転職活動が初めてなので不安…という方も、自信を持って選考に臨めます。

当サービスのご利用は、全て無料。自分に合う企業に転職できるよう、ぜひご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ