1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒の就職後の扱い

第二新卒の就職後の扱い

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

学校卒業後3年以内の第二新卒者が初めて正社員として就職するときは、採用する企業は新卒と同等の扱いで1から教育してくれる企業と中途として即戦力が期待される企業の2通りに分かれます。ただ正社員未経験でも歓迎されるという条件だけでなく、仕事内容も吟味してどの求人に応募するか考える必要があります。アナタの就活を成功させるための『就職後のポジション』に重点を置いた情報をチェックしましょう。

第二新卒の就職後の扱い

景気の低迷による若者の雇用問題に応じて近年できた枠で『第二新卒』というものがあります。学校卒業後3年以内の若者のことです。

募集条件に『第二新卒OK』と記載されている求人は増えていますが、実際の既卒者の就職率は上がっているのでしょうか。2015年に既卒者も含めて募集をかけた企業は60%を超えましたが、内定者の中に既卒者がいる企業はたったの10%台という結果でした。

就活に関して第二新卒と新卒では具体的にどのような点が違うのでしょうか。

主な違いは経歴と就活時期でしょう。

正社員経験がない第二新卒の場合は就職浪人中はフリーターをしていたり無職だったりして学校卒業後の経歴が空白になってしまいます。新卒者以外で職歴がない求職者はその空白期間が長いほど就労意欲を疑われてしまうことがあるのです。また就活する時期は新卒とは違って冬から春だとは限りません。むしろ新卒優先で採用を行っていた企業が既卒者の採用を考え始める夏頃は第二新卒にとって就職しやすい時期と言えるでしょう。

さて、第二新卒は就活・就職した後、企業から見てどのようなポジションにいるのでしょうか。

新卒扱いされるか中途扱いされるか、採用する企業ごとに対応が分かれます。

新卒扱いされる企業は主に大手企業でしょう。大手企業の場合、中小企業より多くの顧客に対応するため研修体制が整っています。新卒に限らず社員1人1人を教育する余裕があるので第二新卒で採用を目指す方は多いのではないでしょうか。また中途扱いされる企業は中小企業が多いでしょう。『第二新卒OK』の求人でも就活の段階から新卒と同等に見られることは少ないのが現状です。


「第二新卒だって話してOKだったのに即戦力扱いされた」という苦悩を後で抱えないために、自分がどのように就活するかプランを練っておくことをオススメします。比較的採用されやすい、就職した後もしっかり教育してくれる企業は『第二新卒OK』『正社員未経験OK』の求人が比較的採用されやすいですが、自分が新卒同然だということは面接の段階で採用担当者に念押しするべきでしょう。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    就活では第二新卒や既卒も新卒扱いされる?

  • image

    新卒とはいつまで?年齢に決まりはある?第二新卒や既卒との違いを解説

  • image

    既卒と第二新卒の違いを解説!卒業後に就職できる可能性は?

  • image

    既卒って誰のこと?何年目まで新卒扱いしてもらえる?

  • image

    大学院卒の転職!第二新卒扱いになる?

  • image

    第二新卒とは?新卒・既卒との違いや分かりにくい定義を徹底解説!

  • image

    第二新卒とは?定義や年齢は?狙い目といわれる理由や転職活動のポイントも

  • image

    第二新卒と既卒ってどれぐらい違うの?

  • image

    既卒枠と第二新卒枠。就職に有利なのはどっち?

  • image

    既卒と第二新卒、何が違う?仕事探しのポイントとは

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?