第二新卒の職務経歴書の書き方

2015/03/31

第二新卒で転職を考え、実際に就活する場合、職務経歴書の書き方は多くの方がぶち当たる壁の1つなのではないでしょうか。求人の募集要項に『第二新卒OK』と記載されていても、第二新卒はまだ積んできたキャリアが豊富とは言えないため企業に向かって「戦力になれます」と示せるだけの仕事の実績が乏しいと悩む方は多いでしょう。今回は第二新卒ならではの職務経歴書の書き方をまとめました。

第二新卒の職務経歴書の書き方

新卒で就職した企業から転職したいと考えて求人を探し始めている第二新卒のアナタ、就活でネックになってしまうことが多いのはどのようなことでしょう。

これはフリーターの方の就活でも似通っていますが、求人の探し方や面接などだけでなく、職務経歴書の書き方もその1つなのではないでしょうか。

第二新卒は正社員経験があっても長くて3年程度なので、社会人としてスタートラインに立ったばかりで、転職したら戦力になると企業側に示せるような実績を出せるほどの経験値はないのではないでしょうか。

第二新卒の転職希望者が職務経歴書の作成で悩みがちなポイントはどこでしょうか。一言で言うとキャリアなのですが、企業側に良く思われればOKと一概には言えないのです。
書類に書けるだけの大きな数字の実績がないということは確かに他の中途求職者と競っても敵わないところがあります。しかし新卒で正社員として就職した企業で仕事をした数年で大きな実績があったとしても「若いのにこれだけ大きな仕事ができるならもっと大きな仕事を自社で任せたい」と過大評価されてしまうことがあります。これでは採用はされるでしょうがミスマッチが起こってしまうでしょう。

では職務経歴書を書くときの注意点は何でしょうか。

ベテランのように過去の実績で勝負しようと思わないことです。
仕事の成果を大きな数値で表すことができなくても良いのです。アナタが第二新卒という時点で企業はキャリアを求めません。
大きな数値を誇張してしまうと第二新卒として見られなくなり、自分の首を絞めてしまう結果になりかねないのです。職務経歴書により詳細に書くべきことは、志望する企業の仕事内容にできるだけ見合った経験です。「この分野をこれだけ理解しています」と事実を詳しく記載すれば企業も転職後のアナタの仕事ぶりをイメージしやすくなります。

以上のことから、職務経歴書を書くときは数字よりも仕事への姿勢のPRが重要なのだということがわかります。前職で正社員としてのノウハウをどれだけ学んで自分のものにしているかが問われるでしょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ