1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒の自己PRのコツ

第二新卒の自己PRのコツ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

第二新卒の就活は学校を卒業した後に正社員として就職して経験を積んだ方の転職とフリーター生活を送っていた方の就職の2パターンに分かれるでしょう。正社員経験の有無で履歴書の自己PR欄の書き方は異なります。社会の第二新卒に対するイメージを踏まえ、第二新卒の就活で多い悩みに答える形で自己PRのポイントとプラスアルファになるPR材料をまとめました。就活を成功させたい第二新卒のアナタは必見です!

第二新卒の自己PRのコツ

第二新卒と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか。

「学校卒業後3年以内の方」という定義ですが大きく分けて卒業後に正社員として就職した方とフリーターになった方の2パターンでしょう。

正社員経験者もフリーターも共通している世間からのイメージは、まだ社会人として未熟ということです。不景気のため在学中の就活がうまくいかなくてフリーターになった方が昔ほどいい加減というイメージを持たれることはなくなりましたが、数年バイト生活をしていた場合は就職意欲を疑われかねません。正社員経験者でも就職してわずか数年で転職するとまたすぐ退職するのではないかと思われることが多いです。

実際に第二新卒で就活して悩むことは何でしょうか。

転職癖を疑われること以外は正社員経験者とフリーターで悩みが異なります。

正社員経験者の場合はキャリアが浅いことです。企業の1人前の社員として成長するには何年も経験を積む必要があります。3年程度の経験では社会人としての基本的なマナーは出来上がっているでしょうが就活で他の求職者と差をつけられるPR材料となるような大きな実績を出した方はごく少数でしょう。一方でフリーターの場合はバイトの経験がPRできるのかどうかです。正社員のように責任がある立場ではなかったので自分で考えて行動することが難しいと採用担当者に思われるのではないかと悩むケースがあります。

では第二新卒の就活で履歴書の自己PRの書き方はどうすれば良いでしょうか。

正社員経験者は前職で身につけた社会常識に加えて自分の仕事での得意分野を積極的にPRすることがオススメです。

一方でフリーターの場合はやはりフリーター時代の仕事経験でしょう。もしあればバイトリーダーの経験をPRすると就職できる可能性が高まります。どちらにしても志望する企業の仕事内容にできるだけ近い経歴を詳細に書くことをオススメします。

以上のことを踏まえて個々のキャリアに合った自己PRの書き方を心がけると良いでしょう。まず書類で自分の強みと言える経験をPRできら採用担当者に端的には自分の長所を伝えられたということになるので面接で自己PRする方法もイメージがつきやすくなります。さらに説得力を持たせるためには行動で示す必要があります。自分のセールスポイントを強化するために資格の勉強をしたりより大きな数値目標を掲げたりして努力していることを伝えれば就職意欲を示せるでしょう。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる