上司が使えない、無能と感じたら?傾向と対策

上司が使えない、無能と感じたら?傾向と対策の画像

上司は自分で選ぶことができません。会社に勤めていると、残念ながら仕事ができない上司のもとに配属されることもあるでしょう。ここでは、「使えない」「無能」と感じる上司のタイプと、その対応策についてご説明します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「使えない」上司、「無能」な上司はこんなタイプ

上司が使えない、無能だと感じるのはどんなときでしょうか。

発言や仕事の指示が行き当たりばったりで一貫性がないというタイプの上司もいるでしょう。
日によって言うことが違ったり、指示の内容がバラバラだったりと、業務がやりづらく感じるのではないでしょうか。
指示の内容に納得感がない場合もあるかもしれません。例えば、ある作業を指示されたときに、明らかに効率が悪いやり方だったり、他の人がすでにやっている内容だったりすると、上司の能力を疑問に感じてしまうでしょう。
また、業務を丸投げしてくるということも考えられます。
指導のつもりなのかもしれませんが、業務のやり方を相談しても「自分で考えて」と言われてしまうと、まるで上司の仕事をそのままやらされているように感じてしまいます。
コミュニケーションが取れない人もいます。
「メールの返信がない」「いつも席にいない」など超多忙な上司や、「相談乗ってもらえる時間を取ってもらえない」「話しても欲しい返答が得られない」などさまざまなタイプが考えられます。

上司への対応の仕方を工夫してみよう

それでは、そのような使えない上司にはどのような対応をするべきでしょうか。

指示に一貫性がない上司には、「前回はこうでしたが、この場合はこれでいいですか」のように具体的に質問をして、上司の指示の意図を理解するようにしましょう。ケースバイケースで指示の内容が異なることも考えられるので、納得できるまで質問してみてはどうでしょうか。

業務を丸投げされた場合には、「自分が成長する機会だと思ってやってみる」という方法もあります。ただし、不安に感じたときは上司に質問をし、軌道修正をしながら進めるといいでしょう。
コミュニケーションが取りにくい上司はどうしたらいいでしょうか。忙しい上司は、いるときを見計らってまとめて質問ができるように大事なことだけ箇条書きにしてまとめて聞けるように用意しておきましょう。
メールで質問を投げておいて、上司が時間を取れるときに回答してもらうという手もありますが、メール自体忘れられることもあるので、放置しないで「メールした件ですが」と確認する必要があります。

また、話す機会はあっても、相談の結果思うような返答が得られないというときは、質問を細分化して、「はい」「いいえ」で答えられるような具体的な聞き方をしてみてはどうでしょうか。
どうしてもコミュニケーションが取れないと感じたら、先輩や他の上司に相談してみるのもいいかもしれません。

強いストレスを感じるなら転職もあり

対策を取り続けても、状況が変わらないようであれば、思い切って転職を視野にいれるのも選択肢のひとつです。
上司が使えない場合は、ほとんどの場合仕事が滞り、自分に大きな負荷がかかります。その結果がんばっても、上司が無能であれば正当な評価をされないことも考えられます。
若いうちに尊敬できる上司のもとで仕事を覚えることは、キャリアを形成するうえで大きな財産になりますが、反対に仕事ができない上司と仕事をすることは大きなストレスになるでしょう。

転職を検討する際には、20代に特化した転職エージェント・ハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは、利用者の9割以上が20代で、未経験歓迎の求人も多く、若手の採用を積極的に行っている企業の求人を数多く扱っています。
経験豊富なプロの就活アドバイザーが親身になって相談に乗っていますので、ぜひ1度カウンセリングを受けてみてください。

関連タグ