仕事が苦痛、嫌だ…そんなとき、あなたはどうする?

仕事が苦痛、嫌だ…そんなとき、あなたはどうする?の画像

社会人として働く人の中には、希望して入ったはずの会社なのに、仕事が楽しくない…そんな悩みを抱える人もいるでしょう。会社にいくのが苦痛で、毎日起きるのさえおっくうになってしまっている人もいるかもしれません。そんなつらい思いに対して、どんな方法で立ち向かっていけばいいのかを確認してみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が苦痛なのは誰にでもありえること?

仕事が苦痛、嫌だ…こういった気持ちは誰でも持つ可能性のあることだといえるでしょう。
やりたいことがあって入社しても希望の部署に配属されるとは限りませんし、若手のうちは雑務を任されて思うように仕事ができないこともあります。「こんなはずじゃなかった」とストレスが蓄積していけば、だんだん仕事が嫌だと思うようになってしまうこともあるでしょう。
あるいは仕事内容に不満がなくても、周囲との人間関係に悩まされている人もいるかもしれません。
会社にはいろいろな立場の人がおり、それぞれ性別や年齢、そして考え方が違います。その中でスムーズに業務をこなしていくためには、あちこちに気を使ったり、時には自分の考えに合わないことをしなければならなかったり、ストレスを感じる場面もあるでしょう。

このようにストレスの原因になることは人によっていろいろありますから、仕事を苦痛に感じてしまうことは誰にでも起こりうることではないでしょうか。
しかしそうとはいっても、その思いを抱えながら仕事を続けるのは大変でしょう。

つらい思いを和らげるために、どんなことができるのでしょうか。

仕事が嫌?!ストレスの原因を考えてみよう

まず、自分のイライラやつらい思いがなぜ生まれてしまうのかを分析してみましょう。
原因がわからないままだと対策を打つことができませんし、そうなると漠然とした不安がどんどん膨らんでいってしまうかもしれません。
原因を分析してみて、自分にできることから改善策を考えることで現状を変える一歩が踏み出せるのではないでしょうか。
また、つらい中にも楽しいことがないか考えみるのも重要です。
仕事をしている中で、どんなことをきっかけに自分のモチベーションが上がるのか、何をやりがいに感じているのか、などを改めて意識し直すことで、仕事に対する取り組み方も変わることもあるでしょう。

そしてもう1つ重要なことは、会社を「辞められない」とは思わないことです。

他にいき場所がないと自分自身を追い詰めてしまうと、気持ちに余裕がなくなりどんどんストレスがたまりかねません。実際にするわけではなくても、転職などの選択肢を自分の頭の中に入れておくことで心に余裕が生まれることもあるでしょう。


それでも解決しないときには

いろいろと改善策を打つことはできますが、それでもやはり仕事が嫌だと思うのなら思い切って転職を検討するのも1つの手段です。
職場や業務内容をガラっと変えてみることで、前向きな気持ちを取り戻すこともできるかもしれません。
その際には、自分がどんな環境なら働きやすいのか?と働く上での条件を考えることが重要です。すべての希望を叶えるのはなかなか難しいかもしれませんが、ストレスの原因を事前にできるだけなくしておくことでつらい思いをする機会も少なくなるのではないでしょうか。

しかし自分の希望に合う会社があるのか、そもそも自分はどんな働き方をしたいと思っているのか、と悩む人もいるでしょう。そんな人は1度ハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが利用者1人1人に合った仕事探しができるよう、さまざまなサポートをしていきます。内定率は80%と高い数値を誇っており、さまざまな業種や職種への就職実績がありますので、納得のいく就活をしてみたい方はぜひ一緒にチャレンジしてみましょう。

この記事に関連するタグ