仕事を辞める理由はどう伝えるのが正解?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞める理由はどう伝えるのが正解?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・人間関係や労働条件への不満が理由で仕事を辞めたいと思う人は多い
    ・会社に退職を伝えるとき、前項のような理由を正直に述べるのはNG。愚痴や悪口にならない理由を伝えよう
    ・転職時の伝え方にも注意。前向きな転職であることをアピールするのが大切
    ・一人で転職するのが不安ならプロのエージェントを活用しよう

会社を辞めたい…そう思っても、いざ会社の人に伝えるとなると、退職理由をそのまま伝えていいものかと悩むこともあるでしょう。ありのままに話せば角が立ったり、引き留められたりと自分の望まない事態が起こることもありえますから、悩む人が多いのも不思議ではありません。みなさん、どのように仕事を辞める理由を伝えているのでしょうか。

 

◆会社を辞めたいと思うのは

仕事を辞める理由は人によってさまざまですが、現状への不平不満から退職を考え始める人は少なくないでしょう。
休みが取りにくい、残業が多い、休日出勤がある…など、快適に働いていくために「働き方」を見つめ直したとき、「今のままではダメだ」とより良い環境を求めようとするのは不自然なことではありません。

あるいは仕事内容に不満があるケースもあるかもしれません。希望の部署に入ることができなかったり、雑務に追われてやりたいことができなかったりと、そんな状況が続けば「もっと自分の力が活かせる場所を」と考え始める人もいると考えられます。
また仕事や労働環境に納得していても、周囲の人間との関係に悩んで退職を考えるケースもあります。

このように現状への不満から、退職へと気持ちが傾いていくことは珍しいことではないといえるでしょう。
一方で、次のステップへ向けて会社を去る人もいます。
キャリアアップのための転職先が決まったり、資格取得のための勉強時間確保のために仕事を辞めたりとその方向性はさまざまでしょうが、退職の理由は後ろ向きのものばかりではないといえるでしょう。


◆会社にはどのように伝えるのがベスト?

転職や結婚、妊娠・出産など、退職が次の生活へ向けての過程である場合には、ありのままを伝えるのも抵抗はないかもしれません。
しかし実際には、上記で挙げたように周囲との不和や待遇への不満から会社を辞めることを考えることも少なくないでしょう。
その際には、ありのままを話すことはあまりオススメできません。

人間関係を理由に挙げれば周囲に良くない印象を与え、少ない日数とはいえ退職までの間に嫌な思いをすることもあるかもしれませんし、福利厚生などの待遇面を理由にすれば、新たな条件を提示されて引き留められる可能性があるからです。
スムーズな退職を目指すなら、会社や周囲への不満はしまっておいて、会社側が受け入れざるをえない理由を伝えた方が無難かもしれません。

・個人の都合を理由とする

引き止めに合うことが考えられる場合、「引っ越し」や「本人・家族の体調の問題」「子育て」など、周囲が引き止めづらい理由を持ち出せば引き止められづらくなるでしょう。
たとえば「遠方に引っ越しが決まった」、「体調を崩している」、「家族の介護のため」などです。

ただし、詐病は診断書を求められるなどのリスクもあるためオススメはできません。
あまり詳しくは説明せず、「家庭の事情で退職したいが、個人的な事情なので…」とぼかすなどの手も。
なるべく嘘はつかず、「退職せざるを得ない」という印象を与えることがポイントといえます。

・転職先が決まったことを理由とする

転職先を決めた上で退職を伝えるのも1つの手段です。
次が決まっているとわかれば退職の意志が既に固まっていることが伝わり、無理な引き留めを避けやすくなると考えられるからです。退職後にすぐに働けるのであれば職歴にブランクが生まれませんし、経済的な不安も払拭されやすくなるというメリットもあります。
「仕事を辞めたい」と思うならまずは転職先を探すことがポイントになるかもしれません。



◆転職先の企業への伝え方

会社を辞めた理由や転職する理由は、再就職時の面接でも必ず尋ねられるもの。
この場合は、マイナスな印象や「これから働けるの?」と疑問を抱かせるようなものはNGとなります。

例えば、前職に不満があって退職した場合。それをそのまま伝えては、「この人は不満に思ったらまたすぐに辞めてしまうかも」と思われてしまうことも。
「前職で培った○○のスキルを活かして△△の分野に活かしたいと思いました」というように、前向きさを感じさせる理由にすると良いでしょう。

もし前職がブラック企業だった、パワハラやセクハラを受けていた…というような場合であっても、面接時にそれを正直に伝えるとマイナスポイントになってしまうことも。
前の会社の悪口と捉えられる発言をすると、面接官に「仕事に対する考え方が甘い」「コンプライアンス意識が低い」と捉えられる可能性もあるため、出来る限りポジティブな発言を心がけましょう。

その他にも、病気や介護などが原因で離職した場合やブランクがあるときには、現在は問題なく働ける状態であるということを説明しておくと悪い印象を与えづらくなります。


◆転職活動はハタラクティブに相談を!

会社を辞める!と決めたものの、働きながらの転職活動に不安を覚えるという人もいるのではないでしょうか。
「仕事に追われていて履歴書をしっかり書く時間がない」「面接日を調整するのが難しい」「そもそも情報収集の時間すら作れない」という人もいるかもしれません。そんな人には、ハタラクティブのような転職エージェントの利用がオススメです。

若年層の就職支援に特化したハタラクティブでは、在職中の転職活動も積極的に支援しています。
プロの就活アドバイザーが、あなたの経験や能力、意向にあった就職先の提案を行い、内定獲得に向けたサポートをしていきます。厚生労働省の認可も受けている安心のサービスですので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ