欠勤する際の理由はどうしたら良い?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 欠勤する際の理由はどうしたら良い?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・欠勤の理由は自身や家族の体調不良、家庭事情や冠婚葬祭など

    ・大事な取引は基本的には欠勤NG、他人に迷惑のかかる感染症のときは欠勤を選択しよう

    ・欠勤の際は早めの連絡や業務の引継ぎなどのマナーを守ろう

    ・毎日会社に行きたくない人は要注意。今の職場がストレス過多なら転職を検討しませんか?

会社を欠勤してもいいのか悩んだことはありませんか?

「体調を崩してしまったが、この日はどうしても外せない取引や会議が入っている」

「家族が急に病気になってしまい、面倒を見られるのが自分しかいないが、忙しい職場で休みづらい…」

など、欠勤する理由や状況はさまざまです。

今回は、会社を欠勤する際に悩まなくて済むように、押さえておくべきポイントについてお話していきます。

 

◆欠勤の理由いろいろ

自身の体調不良、家族の病気やお子さんの学校行事といった家庭の事情、冠婚葬祭など、欠勤の理由はその人が置かれている環境によってさまざまです。

中には仮病を使ってずる休みをする人も少なからいますが、これは社会人としてはマナー違反。万一ずる休みがばれた場合、職場での信頼を失いかねません。

もしも何らかの理由があって欠勤したいときは、事前に有給申請や相談をし、当日の急な休みは避けるようにしましょう。

◆欠勤するかしないか迷ったら

「こういった場合は欠勤すべきだろうか?」

そんな風に思うときもあるのではないでしょうか?

例えば微熱があったり、なんだか体調が優れない…といった、寝込むほどではないものの万全とは言えない状態のときは、欠勤するかしないか迷ってしまうこともあるかもしれません。

欠勤の許容範囲は、会社の雰囲気や業務状況によって異なります。そのときどきの様子を見ながら判断するのがいいでしょう。

 

【大事な取引や会議があるとき】

多少の体調不良であれば、社会人としてその時間だけでも出社するのが望ましいでしょう。特に顧客との約束がある場合、欠席すると「自分との約束は大事ではないのか」と誤解される恐れがあります。

具合が悪くどうしても約束をキャンセルする場合は丁寧に謝罪し、真摯な態度で理解を得られるように努力します。

 

【インフルエンザにかかったとき】

インフルエンザなどの周囲に迷惑をかけてしまう恐れがある感染症にかかってしまった場合は、会社にきちんと連絡を入れてから欠勤するのがベストと言えるでしょう。

周囲に迷惑をかける可能性があるときは、出社したくてもお休みするのが正しい選択です。

◆守りたい、欠勤時のマナーについて

会社を欠勤すること自体は、決して悪いことではありません。上記でも述べたように、欠勤の理由は人それぞれ。体調不良で仕事が進まないなら、休みをとって体調を整えた方が良いでしょう。

大切なのは、欠勤する時のマナーを守ることです。具体的なマナーをご紹介するので、いざというときにそなえてチェックしておきましょう。

 

・欠勤を決めた時点で早めに連絡するようにする。体調不良など不測の場合をのぞいて、前日や当日の急な連絡は避ける

・欠勤の連絡はメールではなく、電話で行う

・「休みます」ではなく、「休んでもよろしいでしょうか?」と丁寧に伺いを立てる形で連絡をする

・欠勤の理由はきちんと筋立てて具体的に説明する

・引継ぎ業務がある場合は、メールにまとめて送るなどの対応を忘れないようにする

・出社したときに迷惑をかけたお詫び、業務を代わってくれた方へのお礼は欠かさないようにする

 

このようにマナーをきちんと守り、普段から真面目な勤務態度などで会社との信頼関係を築いていれば、1度や2度の欠勤で印象が悪くなることはないでしょう。

旅行でお休みするときは、社内の人にお土産を買ってくるといった気遣いも好印象。事前に欠勤の日程がわかっているときは、仕事に支障がでないようきちんと段取りする必要があります。

 

また、体調不良は仕方のない面もありますが、社会人なら日頃の体調管理をしっかりと。食事

や睡眠に気をつけ、急な欠勤がないよう心がけましょう。

◆会社を欠勤したい気持ちが続く人は要注意

「会社に行きたくない…」「今日一日くらいは休んでしまいたい…」

このように感じてしまうことは、誰しも一度くらいはあるでしょう。しかし、それが一時的なものではなく、毎日続いているようなら注意が必要です。

今の仕事や職場が原因で、ストレス過多の状態になっている恐れがあります。

今の職場環境が自分に合っているのか一度冷静に見直し、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ハタラクティブではあなたの転職に関するお悩みや不安に寄り添い、新しいスタートを切るお手伝いをします。

担当のアドバイザーが、あなたにとってよりよいワーキングライフをご提案していきます!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ