仕事中に吐き気を感じるのはストレスが原因?対処法や予防策をご紹介!

仕事中に吐き気を感じるのはストレスが原因?対処法や予防策をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事をしていて吐き気を催すのは、ストレスが原因の可能性がある
  • 仕事中に吐き気を感じる人はストレスチェックをして、必要があれば病院を受診しよう
  • 仕事中に吐き気がしたら、刺激物を避けたり横になって休んだりすると良い
  • 仕事中の吐き気を予防するには、睡眠時間の確保やリフレッシュが大切
  • 仕事が原因で吐き気が続くなら、転職を視野に入れるのも一つの方法

「仕事中に吐き気がするけど、何でだろう…」と不安を感じる人もいるのではないでしょうか。仕事で大変なことばかり続くと、だるさを感じたり、吐き気をもよおしたりと体調を崩してしまう場合も。その体調不良はストレスが原因の可能性があります。
このコラムでは、仕事中に吐き気を感じる要因を解説。また、吐き気の対処法や予防策も詳しくご紹介します。快適な毎日を過ごせるよう、自身の状態に必要な対応を取りましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事中に吐き気を感じる要因とは

仕事中の吐き気を生じさせる要因の一つとして、過度なストレスが考えられます。仕事中のストレスが蓄積し吐き気を感じるようになれば、朝の身支度中に「会社へ行こう」と思うだけで体調を崩してしまうこともあるでしょう。
仕事中の吐き気のすべてがストレスによるものではありませんが、心と身体は密接に関係しているといわれています。そのため、自分ではストレスを感じていなくても、体調に異常がある場合には、身体からのSOSサインと受け止めたほうが良いでしょう。
仕事中の吐き気にお悩みの方は、「仕事による吐き気はストレスが原因?受診の目安や対処法を解説」もあわせてチェックしてみてください。

仕事中の吐き気につながりやすい3つのストレス要因

仕事中に吐き気が生じるのには、オーバーワークや過度なストレスなどが要因になっている場合があります。吐き気を生じさせる主なストレス要因を以下でチェックし、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

1.仕事の業務量が多過ぎる

「人に仕事を頼むのが苦手」「過度な業務を任されているが断れない」など、一人で抱え込んでしまう人はオーバーワークに陥りやすく、知らないうちにストレスを溜めて仕事中に吐き気をもよおす場合があります。
身体への無理が続かないよう、上司や職場の人に仕事を減らしてもらうよう申し出るか、手伝ってもらえるよう頼みましょう。

2.不安なことや緊張する場面に出くわす

仕事で不安なことがあったり緊張する場面に出くわしたりすると、仕事中に吐き気が生じるという人もいるようです。誰にでも起こる可能性がありますが、あまりにも吐き気がひどく、その他の症状もみられる場合は病院で検査してもらうことをおすすめします。
不安や緊張を回避するのはなかなか難しい面もありますが、自分なりのリラックス方法を探して試すとともに、心配事について過度に考え過ぎないよう心掛けましょう。

3.職場の人間関係がうまくいっていない

職場での人間関係がうまくいかず、苦手な人のことを考えるだけで仕事中に吐き気を生じる場合もあります。自身の接し方次第で人間関係を改善できれば良いですが、思うように状況が好転しないことも。吐き気で仕事に支障をきたすほど辛いときは、上司や人事に異動を申し出るのがおすすめです。それでも状況が変わらなければ、転職も検討したほうが良いでしょう。

吐き気以外にも注意するべき症状

仕事中に感じる吐き気以外にも注意したほうがよい症状があります。気を付けるべき代表的な症状は、以下のとおりです。

・頭痛
・めまい
・倦怠感
・食欲不振
・不眠

頭痛やめまい、倦怠感などは軽視せず早めに解消できるよう対処したほうが良いでしょう。食欲不振や不眠もさらなる体調不良を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。

仕事中に吐き気があるならストレスチェックしてみよう

仕事中に吐き気があるなら、自身のストレス状態を確認するセルフチェックをしてみるのも一つの手です。
厚生労働省では、メンタルヘルスについて相談できる窓口を公開しています。電話やメールで気軽に相談できるのでおすすめです。
また、厚生労働省の委託事業であるメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」では、仕事の悩み相談以外にも、ストレスチェックテストを公開提供しています。選択式の簡単な質問に答えていくだけで、自分の仕事中のストレス具合や、原因について細かく分析してもらえるので試してみるのも良いでしょう。
ただし、「仕事中に吐き気を感じて業務に集中できない」「自分でもストレスを自覚するようになっている」など状況が深刻な場合には、専門の医療機関を受診することも重要です。専門家に診てもらえば、自分の状況がより正確に把握できるでしょう。

参照元
厚生労働省
メンタルヘルスや健康
こころの耳

仕事中に吐き気が生じた際の対処法9選

ここでは、仕事中に吐き気を感じたときの主な対処法をご紹介します。仕事中に吐き気を催し、どうすれば良いのか困ってしまうこともあるでしょう。そのようなときは、以下の行動を試してみてください。

1.一度に食べる量を減らす

仕事中に吐き気があるときは、一度に摂取する食事の量を減らしてみましょう。一度に食べる量が多いと、消化に時間が掛かり身体に負担を掛けてしまう可能性があります。一度に無理して食べようとせず、小分けにして食べたり、量をいつもより減らして食べたりするなど工夫しましょう。

2.消化に悪いものは摂取しない

仕事中に吐き気があるときは、できる限り消化に良いとされる食べ物を選ぶようにしましょう。揚げ物をはじめとする脂っこい食べ物は、消化に悪く身体に負担を掛けてしまいがち。また、食べ物が消化されやすいよう、よく噛んで食べましょう。

3.辛い食べ物や炭酸などの刺激物は控える

辛い食べ物や炭酸飲料など刺激の多い食べ物も、身体への負担につながりやすいようです。仕事中の吐き気がある際、どうしても刺激物が食べたくなった場合は、食べ過ぎないよう量を調節するといった工夫をすると良いでしょう。

4.カフェインを過剰摂取しない

カフェインを含むコーヒーや紅茶は、空腹時に飲むと胃を刺激して、吐き気を引き起こしてしまうこともあるようです。仕事中に飲みたいときは、空腹時を避け、飲み過ぎないよう注意しましょう。

5.お酒は控える

仕事中に吐き気が生じるのであれば、お酒を飲むのは避けたほうが良いでしょう。アルコールは胃だけではなく、食道や腸の消化器官に影響を与えるリスクもあります。

6.匂いが気にならないものを食べる

ニンニクや匂いの強い食べ物は、吐き気につながる可能性があります。仕事中に吐き気が生じている場合は、普段から食べ慣れているものや匂いの少ないものを食べるのが安心です。

7.タバコを控える

タバコが胃腸の働きを悪くして、胃もたれや吐き気を生じさせてしまう可能性もあるようです。ストレス発散にタバコを吸う人もいるかもしれませんが、仕事中に吐き気がある場合は控えておいたほうが良いでしょう。

8.規則正しい食生活を送る

規則正しい食生活を心掛けましょう。朝ご飯をスキップする、晩御飯の時間が極端に遅いなど、仕事が忙しいと生活習慣が乱れてしまいがちです。食生活が安定しなければ身体の調子が整わず、仕事中に吐き気が生じる場合もあります。無理のない範囲で朝ご飯を食べたり、大体決まった時間に晩御飯を食べたりするなど工夫してみましょう。

9.横になって休む

仕事中の吐き気が強い場合は、横になって休むことも大切です。無理に仕事をすると悪化させてしまう恐れもあるため気を付けましょう。また、身体が緊張すると吐き気をもよおす場合があります。そんなときは、一度仕事から離れて横になり、心身ともに落ち着ける時間を持つのがおすすめです。

仕事中に吐き気を感じる前に意識すべき予防策6選

仕事中に吐き気を感じてしまう前にできる予防策を紹介します。ストレスによる体調不良を起こさないためには、日ごろからリフレッシュすることが重要です。

1.十分な睡眠時間をとる

身体に疲労が溜まっているとストレスを感じやすくなり、仕事中の吐き気を引き起こしてしまう可能性があります。ストレスが溜まっている自覚がある人は、積極的に睡眠をとるよう心掛けましょう。十分な睡眠は、身体の疲労回復や脳の休息につながります。ストレスが溜まっていることで不眠になることもあるので、眠りやすい環境を整えることも重要です。たとえば、体を温めたり、体に合った寝具を使用したりするのがおすすめ。柔らか過ぎる布団や高過ぎる枕は避けたほうが安眠につながるでしょう。

2.笑う機会を増やす

たくさん笑うこともリフレッシュにつながります。仕事中に吐き気やストレスを感じる人は思いつめてしまうことが多く、無意識に厳しい表情をしていることも。親しい友人と会ったり、好きな映画や本を楽しんだりして、笑顔でいられる時間を増やすのがおすすめです。険しい表情をしていると身体に力が入り、緊張状態が続いてしまうので、一度笑って肩の力を抜くようにすると良いでしょう。

3.自分の趣味に打ち込む

仕事中の吐き気を予防する方法として、自分の好きなことや趣味に打ち込んで、ストレスを発散させるのも効果的です。映画鑑賞やスポーツ、ゲーム、ショッピングといった趣味に没頭すれば、思考の切り替えにつながります。仕事を一旦忘れることで、気持ちをリフレッシュさせましょう。

4.日光をたくさん浴びる

主に日光浴によって分泌が促進されるセロトニンという神経伝達物質には、脳を活性化させる働きがあるといわれています。セロトニンが不足すると、ストレスを感じやすくなったり意欲低下を招いたりする可能性もあるようです。仕事中の吐き気で悩んでいる人はもちろん、内勤勤務が多い人は休憩時間を活用して外出し、日光を浴びる工夫をしてみるのも良いでしょう。

5.深呼吸や運動をしてみる

仕事中に緊張し、ストレスを感じて吐き気をもよおしやすいなら、意識的に深呼吸するのがおすすめです。深呼吸をして呼吸を整えることで、緊張感がほぐれてリラックスできることもあります。また、デスクワークがメインの人はこまめに身体を動かすのもおすすめ。トイレに行ったり、飲み物を買いに行ったりすれば、気分転換になります。

6.上司に異動の相談をしてみる

「仕事は好きだが、人間関係が辛い」「今の仕事が自分にどうしても合わない」といった理由が原因で、仕事中に吐き気が生じるなら、上司や人事部に異動を掛け合ってみるのも一つの方法です。部署が変われば心機一転、仕事に打ち込めてストレスが減る可能性もあります。上司や人事部に相談したにも関わらず現状の改善が見込めない場合は、転職を検討してみるのも良いでしょう。

緊張やストレスから仕事中に吐き気を感じてしまうなら、「仕事で緊張する!心を解きほぐす対処法と予防法をご紹介」もぜひ参考にしてみてください。

仕事中に吐き気を感じたら休むことも大切

仕事にいく前や仕事中に吐き気を感じたら、状況次第では思い切って仕事を休むことも必要です。体調が悪いまま無理をすると悪化してしまう恐れがあるため、注意しましょう。
早退したり休んだりする際には、まず上司に体調が悪い旨を伝えてください。自分の業務で引き継ぎやアポイントがある場合は、上司と相談したうえで代役を立てるといった対処に努めましょう。周りの人の業務に差し支えることがないよう、最大限配慮することが大切です。
吐き気で仕事を休むときの対応方法については、「体調不良で仕事を休む判断基準は?会社への連絡方法や注意点もご紹介」もぜひご覧ください。

吐き気がおさまらない場合は病院へ行く

吐き気がおさまらなかったり強過ぎたりする場合は、なるべく早めに病院へ行くことをおすすめします。先述したように、我慢して働き続けると状態を悪くしてしまうリスクがあるため、仕事中であっても無理をしないことが肝心です。また、吐き気を引き起こしている原因を知るだけでも、精神的に落ち着く可能性があります。長い間症状に悩まされている方は、一度心療内科や消化器内科などの受診を検討してみましょう。

仕事中の吐き気が続くなら転職も視野に入れよう

自分に出来得る限りの対策を講じてみたにも関わらず、「仕事中だと何度も吐き気がしてしまう」「仕事のことを考えると吐き気がおさまらない」など、明らかに仕事による体調不良が続いている場合には、転職を視野に入れるのも一つの選択肢です。吐き気の原因となっている仕事から離れることが、症状の改善につながる可能性もあるでしょう。

「自分に合った転職先を見つけられるか不安」「転職活動の進め方が分からない」とお悩みの方は、ハタラクティブを活用してみてはいかがでしょうか。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、若年層に特化した就活支援サービスを展開しています。プロの就活アドバイザーがマンツーマンで相談に乗り、あなたの就職活動を全力でサポート。企業との日程調整ややり取りなども代行いたしますので、働きながら次の仕事を探したいと考えている方も安心です。ほかにも、書類選考対策や面接対策などのアドバイスも実施しています。
すべてのサービスは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ